電音の工場ブログ

当ブログは…

自作エフェクターシンセサイザ製作のネタや開発覚え書きなど、筆者の電音活動を記録しています。お探しの記事が見つからない方は、検索カテゴリ一覧をご利用ください。

スパマーが来訪すると、ときどきコメントをはてなユーザのみに絞ったり開放したりすることがあります。

2007-11-01

月初

|  月初 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  月初 - 電音の工場ブログ  月初 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

いよいよサミット月。サミットの案内のURLを貼ろうと思ったけど、今回は定員がありそうで、出遅れてあぶれたらイヤなので、もうちょっと経ってからにする。

で、泣いても笑ってもあと3週間とちょっと。いや、それほどのことではないけれど。

  1. パッチケーブルの作成
  2. Chaotic LFO(PWM版)のモジュール化
  3. ミキサ、リングのテスト
  4. 山下シンセVCFのチューニング
  5. MIDI2CVのデバッグ
  6. タッチパネルのクイック仕上げ
  7. Mr.MIDI2 の箱入れ
トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20071101

2007-10-05

月初

|  月初 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  月初 - 電音の工場ブログ  月初 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

サミットに向けて仕上げるものを現実的に挙げた。なんとなくプライオリティ順。

  1. 大型ジャンクションボックスとパッチケーブルの作成
  2. tiny LFOのモジュール化
  3. 簡易オーディオミキサのモジュール化
  4. Chaotic LFO(PWM版)のモジュール化
  5. リングモジュレータのモジュール化
  6. 山下シンセVCFのチューニング
  7. MIDI2CVのデバッグ
  8. Mr.MIDI2 の箱入れ

1は部品を買ってこないといけない。いつ部品屋さんにいけるだろうか。部品がそろってからの話だけれど、パッチケーブル作りは結構な作業だなぁ。朝晩早起きして内職かな。

2、3は基板は完成している。4、5は万能基板に組み立てるところから。部品は全部あるはず。

1、2、3、4、5についてはパネルの穴あけまで終わっているので気が楽になっている。塗装とレタリングが待っているわけだが…

6は粛々とやるべし。

7は現在のところ手薄。11月に送るかも。

8は微妙にあきらめ気味。

analoganalog2007/10/05 09:44今MIDI2CVの調査中です。基本的にはイイ感じですが、軽妙な不具合(環境に依る)がありましたので追ってレポします。

SwSw2007/10/05 12:49はじめまして。Swといいます。
今ふと見たら、1000000PVを踏んでいました(記念にPrintScreenしました)。
あまりに驚いたんで報告します(笑

ChuckChuck2007/10/05 15:55ややや、Swさん、こんにちは。1000000PVどうもありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。もうちょっとになるかと甘く考えて記事やイベントを仕込むのが間に合いませんでした…

ChuckChuck2007/10/05 15:56analogさん、どうもです。なかなかまとまって弄る時間がとれず、バグを出すほどに苛めることができません。サミットまでにバグが取れるといいなぁと考えています。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20071005

2007-09-04

月初

|  月初 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  月初 - 電音の工場ブログ  月初 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

現在やることを選別しているが、先週末来 金曜日、月曜日に休みを入れてみて悟った。

今のこの生活パターンでは(昼間の)時間の捻出は難しい。

サミットに向けては目標を絞って作業を進めなくてはならぬ。横道に逸れている暇は無いのである。あれ、なんだ、このクロック発生器キットは? おや?パルスジェネレータ基板がこんなところに。

こんなプライオリティでどうだろう

  1. 電源改修
  2. Gate/CVの内部バス化 と バスアクセスパネルの作成 → 大型ジャンクションボックスとパッチケーブルの作成
  3. tiny LFOのモジュール化
  4. Chaotic LFO(PWM版)のモジュール化
  5. Mr.MIDI2 の箱入れ
  6. MIDI2CVのデバッグ

----------

  1. FM的VCOのモジュール化
  2. 山下シンセVCOの発振器部分の入れ替え
  3. 山下シンセVCFのノイズ取り

この順番の通りに作るというわけではない。なお、横棒は挫折ライン。

追記

ミキサとリングとS&Hも気になる今日この頃。

2007-08-29

やること選別

|  やること選別 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  やること選別 - 電音の工場ブログ  やること選別 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

昨日の考えのもとに、やる事を絞り始めるの図。

このフェーズにくると飛んだ開発よりは、これまでサボってきた収束モードのものも含まれてくる。

ざっと挙げると、

  • 電源改修
  • Gate/CVの内部バス化 と バスアクセスパネルの作成
  • MIDI2CVのデバッグ
  • Mr.MIDI2 の箱入れ
  • 山下シンセVCOの発振器部分の入れ替え
  • 山下シンセVCFのノイズ取り
  • tiny LFOのモジュール化
  • Chaotic LFO(PWM版)のモジュール化
  • FM的VCOのモジュール化

こんなところだが、こんなにできないのでさらに絞る。4つぐらいがいいところかな。

あっさりと現段階で諦めたのは、

  • リバーブの仕上げ
  • MIDI2CV2(ADuC7026版)
  • MIDI2CV3(MIDI-CV変換機)
  • オルガン音源
  • プレステコントローラ利用UIモジュール
  • シーケンサモジュール
  • 加速度UI

といったアイテム。こりゃ無理だ。時間がない。しむー。

それにしても、ブレッドボードやちょっとした基板で実験している分にはいいんだけど、形にしようとすると機構部品が足りない足りない。やること絞って、買うものリストアップして秋葉原に行かなくては。

ありまありま2007/09/02 23:27がんばれー!個人的にはカオティックLFOがわくわく。
私はと言えば今になってスプリングリバーブ駆動実験をしました。
んで、シグナルトレーサ(と言う名のアンプ:30W)が飛びました(涙)。
電源は要注意すね。

ChuckChuck2007/09/03 15:58そうですね、エフェクタにも適用できるので、がんばってみましょうかねぃ。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20070829

2007-08-28

残された時間は余り無い

|  残された時間は余り無い - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  残された時間は余り無い - 電音の工場ブログ  残された時間は余り無い - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

毎年11月頃にアナログシンセを作る人・興味ある人が集まる「アナログシンセ・ビルダーズ・サミット」が開催される。きっと今年もあるだろうという前提のもと、それまでに何を仕上げるかそろそろ考え始めるタイミングに来ている。

ほぼその都度思いついたことをそのときできる程度に突っついて、しばらくしたら放っておくということを繰り返すというのが筆者の開発スタイルなのだけれど(エバれない)、そのままではいつまでたっても完成しないので、形にしようとしたときには別のスタイルにシフトする必要がある。

しかしながら現在の状況は壊滅的である。諸般の事情により作業する時間の捻出が極めて難しいのである。

とはいえ、まぁ、腐っても仕方がない。この状況を打破するべく、ここのところは3時起きして少しずつ8月度のテーマであるところの開発環境の構築を粛粛と行っている。徐々にタスクのプライオリティを見直して、9月以降の開発計画を固めていこうと考えている。

ChuckChuck2007/08/28 07:38絵に描いたような起承転結で書いてみました。

analoganalog2007/08/28 09:383時起きですか…最近はその頃に寝てる事が多い。何をやっているんだ?そりゃ〜秘密ですよ。

takedatakeda2007/08/28 23:58>残された時間は余り無い

どきり。わしってば,マジ,目が見えないー。虫眼鏡がないと部品に書いてある文字が見えない,ハンダ付けの時,手元を見るときはメガネをはずし,パソコンのモニターに映した図面を見るのにメガネをして,ふと気がつくとメガネが見つけられない。ちぇ,っとかいいながらモニターにキスするように図面を確認して...近眼と老眼と乱視で目のヘレンケラー状態。(あ,三重苦ね)

確かに「坂道」だよ,これって。転げ落ちてるよ。マジに焦るね。最近,知り合いが,視力の回復のための外科的な手術をやったんだそうで,ちょっと気になる。

痛いのは死んでもいや。麻酔ナシで体を刻まれることを思うだけで痛くて安心して死ねないからという理由で臓器提供同意書とかの書類は決して書かない男が目の手術か?!無理があるなあ。

ちょっと早めにスパート掛けたので,今年サミットもしできれば(ぜひやりたいけど)持っていくネタに困る事はなさそう。今年はともかく,来年も参加するつもりでなんか作るつもりなら,目の事考えなきゃいけないかも。
死んだ後はイヤだけど,生きている間なら我慢できるかもしれない。骨髄バンクドナーに登録するかどうか決心できたら目のあれもOKかもしれない。
(analog さんのヒミツがきになって,きしょーてんけつしそこなった!)

ChuckChuck2007/08/29 10:02きになりますな!>analogさん

目に限らず、感覚器は大事にしないといけないですね。PCなんか目にすっごく悪そうです。ヘッドホンステレオは耳に悪そうです。コカコーラは…

suikansuikan2007/08/29 12:42すっごく歯に。
エントリ読んで、早寝をやめて作業に打ち込もうかなどと考えはじめています。でも、早寝のシアワセも覚えちゃったしな。

ChuckChuck2007/08/30 07:05ここまでで3回当たりました。コカコーラの本数は推して知るべし… そろそろ卒業しようと思います。
最近は21時就寝、3時半起床です。涼しくなってきたので作業のウェイトを高めねば!

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20070828

2007-08-01

月初

|  月初 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  月初 - 電音の工場ブログ  月初 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

タスクのページの「Chuckの××」と云うところを見ればわかるように、止まっている工作はたくさんある。が、現時点の重要課題は「工作できるようにする」という一段階メタなところに来ている。

喫緊では部屋の整理であるが、同時に先日の秋葉原行の記事でも書いたように、買ってきたPCパーツを組み上げて稼動に持っていかなくてはならない。そしてソフトウェアもインストールしなくてはならない。

いや能力のある人だったらさくっと1日2日で終わってしまうことなのだと思うのだけれど、ここ最近の筆者のリソースを棚卸ししてみるとものすんごく時間がかかりそうな気がしてきたので、8月の宿題*1 と称して下手すると1ヶ月の時間をかけてやってみることにする。

葉月の製作

  1. 開発環境の構築 (task:9:121)

*1:夏休みの宿題ではない。ていうか休みが取れて時間を投入できればもっと素早かろうと…

suikansuikan2007/08/02 04:29ちょ、喫緊って(笑

suikansuikan2007/08/02 04:30それはともかく、仕事を休めても家では休めないと見た。

ChuckChuck2007/08/02 06:51なかなか本線の工作に戻れません。PCの組み立てに留まらず関連の工作も必要になるかもしれません。が、ご推察の通りで、最近は寝不足です。

2007-06-04

月初

|  月初 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  月初 - 電音の工場ブログ  月初 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

今月はバタバタして工作に割ける時間が限定的になりそうな予感。こういうときはソフト仕事をするのが良さそうである。あまり欲張らず、ソフト仕事をひとつ、ケース加工仕事をひとつセレクト。

水無月の製作

  1. MIDI2CV2 (ADuC7026版)の検討 task:7:45
    • MIDIモニタ機能を詰める
  2. パルスジェネレータ冶具の設計と製作 task:9:28
    • 箱入れ作業を少しずつ

gangan2007/06/07 23:40祝・ばたばた。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20070604

2007-05-02

月初

|  月初 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  月初 - 電音の工場ブログ  月初 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

先月から連休前半までは部屋の片づけをしていた。ようやくハンダ付けできる環境を取り戻しつつある。それを受けて、今月はこのようなあたりを詰められたらいいなぁ。無理は申しませぬ。

しかし製作能力以上に部品を買い込んでしまうという性質をどのようにしたらよいのであろうか*1

皐月の製作

  1. パルスジェネレータ冶具の設計と製作 task:9:28
    • 箱入れ作業を少しずつ
  2. MIDI2CV2 (ADuC7026版)の検討 task:7:45
    • いじれるように環境を常設すること
  3. 8pin AVR LFO
    • いじれるように環境を常設すること
  4. MCV-2313-A頒布用チェック基板の製作と検討 task:9:107
    • これはペンディングか

「環境を常設する」などと志が下がっている今日この頃。

*1:といいつつ、今日は秋葉原に行くの罠。

おーつかおーつか2007/05/02 16:40同病です。唯一の解決策は、お金を持たないで秋葉原に行くことでしょう。最近は五千円札1枚、と決めております。(使ってないパーツが段ボールに3個)

ChuckChuck2007/05/05 17:31はい、同じく当日は5千円の枠で買いにでましたが、ちょっとオーバーしてしまいました…
それはそれとして、おーつかせんせ、どうにも時間の都合がつかずでご連絡ままなりませんで、すみません。5月中には都合をつけたいと思います。

おーつかおーつか2007/05/07 17:18いつでもいいですよ。あまり気にしないでくださいね。秋葉原と競輪・競馬は自制心との戦いです。肝心なモノを買い逃すのはいっしょ。

2007-03-01

月初

|  月初 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  月初 - 電音の工場ブログ  月初 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

今月はこのようなあたりを詰められたらいいなぁ。

弥生の製作

全般、ハンダゴテから遠い分野かな↓

  1. MCV-2313-A頒布用チェック基板の製作と検討 task:9:107
    • PORTAMENTO A回路を完了させたい
    • 出来ればチェック冶具としての完成とマイコン頒布の筋道をつける
  2. パルスジェネレータ冶具の設計と製作 task:9:28
    • 他の冶具との同梱は措いておいて、箱入れを検討する
  3. MIDI2CV2 (ADuC7026版)の検討 task:7:45
    • 今月こそ進めるぞー、MIDIモニタとして動くところまで
      • MIDIのハードウェアを増設
      • timer割込み
      • UART割込み
  4. 思考実験ネタ
    • あとで追記して記す予定*1

*1:リダンダント表記のテスト。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20070301

2007-02-02

月初

|  月初 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  月初 - 電音の工場ブログ  月初 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

今月はこのようなあたりを詰められたらいいなぁ。

如月の製作

  1. パルスジェネレータ冶具の設計と製作 task:9:28
    • ご新規さん
    • 基板バラックで動くところまで
    • いやー、リズム音源検討用に前から欲しいと思っていたんですよ
    • でも(78kHz)のPWMの検討が出来るほどではないので、こっちはまた別冶具*1
    • poor man's DDS もしっかりしたUIで作り直したいなぁ
  2. MCV-2313-A頒布用チェック基板の製作と検討 task:9:107
    • PORTAMENTO A回路を懲りずに追求
      • 諦めようかとも思ったけど、LPF―ログアンプ―電流ドライブ をやってみてから
  3. YAMAHA→Roland CV変換モジュールの完成 task:9:50task:10:50
    • パネルをやっつけて仕上げっちゃうよ
  4. MIDI2CV2 (ADuC7026版)の検討 task:7:45
    • timer割込みを書いて、
    • DIN 5Pのジャックを買ってくる→MIDIのハードウェアを増設
    • UART割込みを書く
  5. MIDI2CV3 (ATmega64版)の物理的配置検討
  6. スプリングリバーブの物理的配置検討

いいのか? 2月は短いぞ。

*1:プロジェクトをさらに増やす気らしい。

analoganalog2007/02/02 17:44パルスジェネレータ!チョイ期待です。テストで作ったリズム音源の裸PCB(要実装)送ります?

gangan2007/02/02 19:57パルスジェネレータ私も追試したいです。リズム音源やりたいやりたい。本筋のシンセ作りもままなってないのではありますが。

r0r0r0r02007/02/02 23:11パルスジェネレータやりたい人~
ハイ、ハイハイー。
どうやらいっぱいいるようですよww

ChuckChuck2007/02/02 23:34なんと。たくさんいらっしゃいますね。張り合いがあります! それでは追試性が高い方向へ軌道修正しましょう。
現在考えていることを task:9:28 に著したのでご参照ください。ちょっちやり過ぎ仕様かもしれません。
リズム音源の生基板、興味ありありです!>analogさん

analoganalog2007/02/04 11:43了解です。ドキュメントを探すのに手間取るかもしれませんが、近いうちに発射予定です。

ChuckChuck2007/02/04 20:05ありがとうございます。鋭意製作しますー>パルジェネ

2007-01-09

もうひとつIEC60297-3?

|  もうひとつIEC60297-3? - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  もうひとつIEC60297-3? - 電音の工場ブログ  もうひとつIEC60297-3? - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

休みのうちに進捗記事を書いてしまったので書くことが無い…

なぜなんだか Steinerフィルタを組みたい熱が高まってきたのだけれど、月初の予定(id:Chuck:20070105:p1)に挙げたものをまずはこなすことにして、ぐっと我慢。それにしてもMIDI-CVを検討しているときに「手元VCO」が欲しくなる。いちいちシンセの店を開く(id:Chuck:20060810:p1)のが面倒なときがあるのだ。ganさんの治具スクを組むというのも手なのだけれど、いずれEGVCAも冶具として欲しくなったりするんじゃないかと考えると、3U(Chuckの3Uモジュラ・シンセ)からモジュールを一時的に持ってきて手元検討ベンチとするというのはどうだろうか。

フルサイズ(84HP)は不要なのでハーフサイズ(42HP)で、高さは3Uも良し パッチベイ設けて4Uも良し、奥行き250mmぐらいとして後ろには実験用電源も載せて、机にちょこん(語弊あり)と置いてという感じでどうでしょう?>id:r0r0さん*1

モジュールエフェクタ(id:Chuck:20000119)もIEC60297-3化したくなってくる今日この頃。

*1:なぜ振る。

gangan2007/01/09 21:17机上ラック便利だと思いますー。確かに EG など必要な場面多いですねー。あとLFOなども良く欲しくなります。私のはポータブルなので、そういう場面ではパネルむき出しで動かしてますがいい感じです(机に載せるための足アタッチメントもあります)。
CV 発生器も欲しいんですがフリスクケースに収める設計がうまくできていないというくだらない理由でまだ作っていません。キーボードでがまんしていますがでかいし鍵盤を話すと微妙に CV が変わるので不便です。

r0r0r0r02007/01/09 23:01いいですねぇ(とすぐに食いつく)
実は、押入れの半分を実験スペースにいただけたので(といっても今表に出ているものをしまうと・・・・)中に棚を設置しようと思っております。で、その棚に直接ラック用の枠を取り付けてしまえば・・・などと思っております。

ChuckChuck2007/01/10 06:55フリスクCV発生器、楽しみです :)
シンセのモジュールをはじめとして楽器≒測定器 と考えると、ラックが常設できていればなにも悩むことがない━せいぜいケーブルの長さぐらい━のですが、なかなかそうはいかない部屋の狭さよ… EIAラック二本{12U + (12+8)U} も取っているのに収納になっていて、開発生活の中では死に筋です。配置を変えて活用も考えんと遺憾。
押入れ半分というのはかなりリッチなスペースですね >r0r0さん。スペースが確保できたらぜひともモジュールシンセ作りを~

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20070109

2007-01-05

月初

|  月初 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  月初 - 電音の工場ブログ  月初 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

一年の計(id:Chuck:20070103:p1)は それはそれとして(オイ)、月の頭に今月はこんなん作れたらいいなー、というのを書き留めておこうと考えた。

睦月の製作

  1. MCV-2313-A頒布用チェック基板の製作と検討 task:9:107
    • PORTAMENTO A回路のチェックを兼ねて
  2. YAMAHA→Roland CV変換モジュールの完成 task:9:50task:10:50
    • ログアンプ(Hz/V→Oct/V)だけじゃなく、ゲート反転も
    • ボトルネックはパネルの配置
  3. MIDI-CV(ADuC7026版)の検討 task:7:45
    • ピン配置を決めて、まずは LCDを繋いで hello world を出すぐらいまで
出来なかったら

出来なかったら如月に繰越しということで。

2006-12-19

週末の進捗

|  週末の進捗 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  週末の進捗 - 電音の工場ブログ  週末の進捗 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

先日の秋葉原買い出し(id:Chuck:20061218:p1)で足りなかった部品を補充して、作業が止まっていた(id:Chuck:20061205:p1) 電源バス完成!

電源ユニットとバスまでの接続線を作り*1、電源バスとシンセモジュールのあいだの電線も作った*2。5U版(Chuckの5Uモジュラ・シンセ)の電線が長いのを少し切り詰めたりして、箱に収めてすっきり完成。年末年始の製作リスト(ん?)の消化がひとつ進んだ。

ついでにパッチケーブルも5本ほど作った(φ3.5のジャックが10個あったから)。これまでは青いケーブルだったが、今回は黄色いケーブル。いずれ本数が揃ってきたら音声用と制御用とで色を分けるつもり。


ちょっくらMIDIキーボードを出してきて、MIDI2CVも使ってパッチングしてみると、まだまだケーブルが足りない感じ。まだLFOが無い状態でこれだもの。分岐用のモジュールももっと欲しい。3U版(Chuckの3Uモジュラ・シンセ)では5U版と違ってモジュールが小分けになっている分、裏で便利な結線(トリガをパラッておくとか、CVの配線を済ませておくとか)ができないのでよりいっそうケーブルが欲しくなる。パネル面積も小さいので難しいけれど、できるだけ出力を複数出しておこうと思った。あるいは CV/GATEバスを考えるべきなのかも*3。Doepfer はよく考えてあって偉大だ。

ところでいろいろ音出しをしていて、山下シンセVCFが結構ノイズを出していることに今ごろ気が付いた。無音状態でノイズがサーっと。VCAを通して聞いていたから気づかなかったのだろうか。うーん、どこかに製作間違いがあるのか、電源周りで浮きがあったりするのかなぁ…

*1:サトーパーツのCN-70の4Pを利用している。

*2:ヒロセの型番失念コネクタを利用。

*3:そんなこともあろうかと電源バスの基盤基板は大きめにとってあるのだ。

ChuckChuck2006/12/19 07:12あ、あとMIDI2CVにパッチケーブルをたくさん挿すとポルタメントの可変抵抗器にアクセスできない。ということでMIDI制御のモチが一段階あがりました。(仕様と実装の問題を履き違えてみるテスト)

takedatakeda2006/12/19 14:33CV+GATEバスは便利よ。導入をお薦め。僕のなんちゃって3U(130mm)のミニタンス
http://www.aleph.co.jp/~takeda/radio/pdf/panel-sizes.pdf
は、マジ小さくて、パッチすると、ツマミが触れなくなっちゃう。可能な限りパッチの本数を少なくできるように、パッチしなきゃデフォルトの接続で普通に音出るようにして有ります。ローランドの100Mのコネクタ互換のDIN8ピンケーブルで、複数タンス間を接続できます。もちろん、100Mのモジュラもそのままこのバスに接続で接続できてパッチも出来ます。
このバスに別箱の電源をぶら下げますから、2つ有るミニタンス、どちらかだけでも動かせます。さらに、このバスに、MIDI-CVや、ジョイスティックが接続できます。電源はラック側から貰っったプラスアルファのアイテムの追加がラクです。マジお薦め。(自分の採用した規格を後悔しないように、流行らせるテスト、あ、ちなみに、Shinさんは、5ピンのDINを使われてるらしい)

ChuckChuck2006/12/19 21:07CVとGATEは裏を配線させても良さそうですね。EG1とLFO1も配線したくなってしまいます。とりあえずはDoepferのようにバスアクセスのI/Oモジュールを用意しようと思います。その上でラック間配線を考えようかと。電源はCN-70で統一していますが… 実際ジョイスティックのような電源付きガジェットの結線もどうしようかと思っていました。コネクタは、5P DINはMIDIと間違うので却下、7P/8P DINもちょっと大きくてガジェットの取り回しで苦労しそうなので、Mini DINあたりでどうでしょう。

takedatakeda2006/12/19 22:06Mini DIN 8ピン、ちいさすぎて半田付けでキン!

ChuckChuck2006/12/20 07:25小さいですか~ ちょっと仕様を練ってみてじっくり考えます。出来れば既存の電線が使える奴がいいなあ。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20061219

2006-08-07

新フォームファクタ導入

|  新フォームファクタ導入 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  新フォームファクタ導入 - 電音の工場ブログ  新フォームファクタ導入 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

6月の終わりから、

こんなようなエントリをあげて次への展開を考えていた。

タカチFSの3U版をベース(IEC60297-3的)にFPパネルを積極的に利用する案を採用した。

大型物件

その上で大型物件を購入(id:Chuck:20060802#p1)。これは何かと云うと GATOR のポップアップ式ミキサーケースである。山下シンセを作り始める前に逡巡(id:Chuck:20040702#p1)していたアレを、新フォームファクタのために購入してみた。

ところが購入に際して、良くわからない。メーカー資料では深さ 6.5インチが"rackable"と言っているにもかかわらず、国内の販売店の情報はWEBで検索する限りでは軒並み「123mm」と言いやがるのだ。実際にメールで問い合わせても、「中はフラットで凸凹はない。深さは123mm。」と云う。123mmならFSベースの新フォームファクタは収められるし、まあいいか、ということで買ってみた。

届いた。

開けてみた。

測ってみた。

中は凸凹じゃないか。考えてみりゃ、そうだ。引っ張り出しハンドルがあるのだから。

奥行きも160mm以上あるじゃんかよ。6.5inch×25.4mm/inch = 165.1mm である。

やはりメーカーは正しかった。販売店は嘘つきだった。ていうか、どこかで聞いた情報を転がしているだけで、中身を確認していないのだろう。ま、いいほうに転んだけど。

これで去年のサミット(id:Chuck:20051128#p1)のように SKB 8Uラックを転がしていくことも避けられるかと… それでもまぁ、深さがないとはいえ12Uなので でかいけど。

材料が揃わないけど、ちょっと作業

結果、深さが165mm だったので、5UのUTに収めていた山下シンセ(id:Chuck:20060627#p1 , 奥行き140mmぐらい)も問題なく入るということがわかったのである。

そうとわかれば、移植の準備。UTケースのネジ止めバーUTBは活かして、サイドをM-222で固め、あ、ちょっと幅が足りないのね、それでは大きめのナットをカラーがわりに入れて、おー、入った入った。

FSは、タカチで出しているキットをそのまま買ってくると寸法が合わないので、機構部品をバラで買ってきた。それが先日(id:Chuck:20060806#p1)の記事である。

こんなバラ部品を在庫しているお店は見当たらないので注文をして入荷を待って受け取ってきた。いやー、タカチの夏休み*1前に買えてよかった。足りない部材は東急ハンズへ行って調達予定。

とりあえず仮組みをして、MIDI2CVのパネルにあたるものの穴あけをして、仮組みしたFSもどきにマウントしてみる。うん、いい感じ。

粛粛とパネルを作っていけばいいのね。とりあえずはバラックで止まっているさまざまな基板をパネル化していかなくては。

電源も移植しなくては…

いじりまくっていたら写真撮り忘れた

いじるので精一杯で写真撮り忘れました。どうもすみません。FSもどきが本組みになったぐらいできちんと写真を撮ろう。

やっぱりCLIFFを考えよう

アルプスの基板型の可変抵抗器を買ってきて、あーでもないこーでもない、と。こうやればパネルに基板固定ネジを出さなくてすむな、とかなんとかやっていた。

可変抵抗器のある奴はいいけど、そうでないタイプのモジュールはジャックで基板を支えることになるのか。

やはりCLIFFのCL1834 CL1384というジャックを考える必要がありそうだ。100個で£23+送料+VATか…

*1:「夏休みは8/12(土)~8/17(木)となります。」

ChuckChuck2006/08/07 15:28ぽ、ぽちっとな。

r0r0r0r02006/08/07 22:00「ぽちっとな」とな?
何を注文しましたか?

geniegenie2006/08/07 23:56CL1834!

ChuckChuck2006/08/08 04:35そりゃもう、Genieさんご指摘のとおりの、秋葉原の正規代理店が引いてくれないCLIFF CL1834(と思われるもの) をぽちっとな、です。
届いてみていい感じだったら共同購入でも募りましょうかね。

suikansuikan2006/08/08 08:40世の中にはこんなケースがあるんだ…。アタッシュケース爆弾なんてどうってことない気分になってきました。

ChuckChuck2006/08/08 08:47はい、これだけ容量があればそうとうな破壊力かと。

ChuckChuck2006/09/28 15:01訂正:CL1834 -> CL1384

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20060807

2006-07-07

新パネル考察

|  新パネル考察 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  新パネル考察 - 電音の工場ブログ  新パネル考察 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

id:Chuck:20060706#p1 で書いた タカチのアルミ板 とは http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20060628#p1 で書いた FP型アルマイトフロントパネル のことである。4-HPのものと8-HPのものが手元に届いたので観察してみた。

まず、厚みが2.5mmある。ぐいぐいと押してみた感じ意外としならない。2ヶ所ネジマウントのHPサイズのものでは、ネジマウントの線上にφ3.5のジャックを配置すれば問題なさそう。さすが Doepfer。

付属しているパネル取り付けビスとスリーブは M2.5 のものである。これは規格からくる物であると思うのだけれど、それなりの専門店に行かないと M2.5 のネジは買えないのではないかと思う。ISO M2.6ははまらないのでご注意*1

今回 PCB-D1型ダイキャストPCボードホルダー というのも買ってみたけれど、これも M2.5ネジ。うみゅみゅ。パネル側も基板側も。

ボードホルダーを使って基板を固定するときは付属のネジを使って、L字のアングルで基板を止めるときは M3ネジでどうだろうか。

パネルのマウントには、バーナットにM3対応のものを利用することにして、付属のビスとスリーブの使用を諦めれば、ネジの選択はガーデンバラエティかと。タンパープルーフネジもOK(外したいときに工具がなくて自縄自縛、とか)。


で、FP型パネルと同サイズのモノを自分で用意しようとするとどうなるか、考えてみた。

まず東急ハンズで調べたところ、2.5mm厚のアルミ板は1種類しかない。100x300のものが720円。これを切り出してもらうとして、1カット(シャーリング) 300円。翻ってタカチのは2-HPが370円~16-HP で580円。おまけにネジアナもあいている*2。こりゃ買ったほうがいいなぁ。

ちなみに東急ハンズにはM2.5ネジはなかったです。聞いた店員さんも存在を知らなかったようです、はい。


まずは何かパネルにマウントしてみるかなぁ。以前作ったMS型フィルタとかノイズジェネレータとか手動トリガボタンとかログアンプとか…

*1:M2.6のビスを買ってきて試してみた。

*2:M2.5ならネジとスリーブもついている。

geniegenie2006/07/08 11:32このFP型パネルっていうのは新製品だったんですねー、改めてpdfをダウンロードしてみました。カットする手間を考えると価格は確かにリーズナブルな感じです。私も14HPあたりを試しに買ってみようかな。ちなみにDoepferのウェブサイトにパネルの厚さは2mmだと書かれてました。後は3.5mmジャック・・・数十個ずつのまとめ買いなんてどうでしょうか?

ChuckChuck2006/07/09 12:09タカチのは りーずなぼーな価格ですよね。3.5mmジャックはまだ悩んでいます。基板をパネルに金具で固定するならジャックは何でも良いので… しかし先のお店はこれまたりーずなぼーなお値段です。買うなら100個か!? とはいえ今月はお小遣いが尽きてしまい… orz

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20060707

2006-06-29

山下シンセ ― ケース問題再び(続)

|  山下シンセ ― ケース問題再び(続) - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  山下シンセ ― ケース問題再び(続) - 電音の工場ブログ  山下シンセ ― ケース問題再び(続) - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

前回の記事(id:Chuck:20060628#p1) に有用なコメントをいただきました。どうもありがとうございます。

r0r0さん:

家にあるラック機材はパネル前面はALPSのこんなhttp://www3.alps.co.jp/WebObjects/catalog.woa/PDF/J/Potentiometer/MetalShaft/RK097/RK097.PDF

ボリュームで固定して、背面はcliffの基板マウントのジャックで固定しているようです。

可変抵抗器やジャック(φ6.3でしょうか)の首で基板を支えているんですね。ラック機材ということはそれなりに寸法もあるのでしょうか、季節温度変化でケースと基板とで伸縮率が違うと思うのですが、両端固定してしまって力点のハンダにクラックを生じたりしないんでしょうか…

問題は、アナログシンセで使っている可変抵抗器は種類が多いので、メーカで値が用意されていないことが多いというところでしょうか。あと数買わないと高いっすね。安いの探そうっと。


genieさん:

Doepferのポットの写真は下記にあります。(メーカー不詳。中国製かも・・・。)

http://www.doepfer.de/DIY/a100_diy.htm

Cliff 製と思われるジャックの写真も掲載されていますが、PCBを支持するための構造部材として利用するのは難しいでしょうねー。以下、TBの代わりです。

http://miracleworks.com/genie/electro_instruments/2006/06/post_11.shtml

Switchcraft の 142A は非常に高いですね。$2は出せません… 日本製部品を大事にしよう派の私としてはマル信 MJ-355 です*1。しかし基板を抱かせるとなると弱い感じです。首で共締めしようとしても首の長さがじゅうぶんでないです。

Genieさんのコメントとトラックバック記事からDoepferやMOTMで使われているコネクタは CLIFF の CL1834 CL1384 だろうとほぼ確信しました。

さらに、

PLAN B Model 15 Complex VCO - パネル表面と裏側の写真

から、基板固定の実際もよくわかりました。ジャック固定、可変抵抗器固定をうまく使い分けています。CLIFFジャックだけで奥行きの長い基板を固定しようとすると部品重みのモーメントも気になりますね。

CLIFFジャックに拘るわけではないですが、首にネジが切ってあってなおかつ基板マウント というφ3.5モノジャックというのが他になかなか見つかりません。あってもステレオとか。

ということで、CLIFFジャックを探してみましたが、行きつけの通販では扱っておらず、100個で£25 というお店をひとつ見つけました。shipしてくれるのかわからないけど。

秋葉原に代理店契約したお店があるようなので聞いてみてもいいかもしれません。

それから、

それから、最終的にSKBみたいなケースに収納するとしたら、3Uのラックは左右の耳と前縁の上下2本のチャンネルだけで構成できてしまうんじゃないのかな。

へい、タカチのFSケースは部材供給もしているので、そのようなミニマム構成もできそうで、視野に入れています。


追記

ちょっと首が短いですが、テイシンに 首にネジが切ってあってなおかつ基板マウント の φ3.5モノジャック を見つけました。

http://www.teishin-bel.co.jp/pj/I-3.html

geniegenie2006/06/29 06:56Doepferライクなポットの入手先についてMLに問い合わせを出してみました。
>100個で£25 というお店
どこでしょうか? Rapid UKでは100個£34です。

ChuckChuck2006/06/29 10:31http://www.electronelec.co.uk/Catalogue/CON4.pdf 検索していたらこちらの資料に行き当たりました。

geniegenie2006/06/29 12:03あ、本当ですねー。どうもありがとうございました。

2006-06-28

山下シンセ ― ケース問題再び

|  山下シンセ ― ケース問題再び - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  山下シンセ ― ケース問題再び - 電音の工場ブログ  山下シンセ ― ケース問題再び - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

id:Chuck:20060627#p1

しかし今回5UのUTラック*1が全部埋まったところで、「次」に対する悩みが出てきているのである(続く)。

  • VCFが完成して、5UのUTが全部埋まって 一段落
    → 今後のモジュールどうしよう
    → 1モジュール-1パネルがいいのかも
    → そうすると 3Uかな
    → UTも3Uあるけど融通がきかない*2よね
    → ケース問題再燃
  • MIDI-CVの仕様を練っていて
    → KENTON とか Doepfer に行きついて
    → Doepfer のモジュールのラインナップいいなぁ
    → ケース問題に油を注ぐ

ふたつの思考経路がミートした先が Doepfer A-100シリーズのフォームファクタ (Construction Details A-100) だった。モジュールが一望できる日本語資料はこちら(PDF)

で、Doepfer の構成をちょっと勉強してみた。ソースは Genieさんのところ。3ヶ月前の話題をようやくキャッチアップしたということか>自分。

んー、Doepfer のラックは IEC60297-3 ということかな。基板ガイドレールとかパネルのロック機構をつけると IEEE1101.10 ていうか CompactPCI ということになるのかな? うわー、ジャンクで拾ったVMEのラック捨てなければ良かったー。しかし基板外形を合わせてガイドレールを使えるようにするとか、リアでマザボと合体とかまでは考えていないので、フロントマウントだけちゃんとしてればいいんですけど…

ということで、タカチ FSシリーズというのがそれにあたるようで、これは一式キットで1万円ちょっとのケース(さまざまなサイズあり。自分の用途には高さ3U, 幅19インチ, 奥行 180mm でよさげ)。

パネルは規格に従って切ってあるもの(パネル厚 2.5mm)が取り揃えられていて、↓な感じの値段。Doepfer印のブランクパネルを代理店経由で買うより安い。

型番HP値段
FP133-102\370
FP133-153\380
FP133-204\380
FP133-255\390
FP133-306\400
FP133-408\440
FP133-5110\510
FP133-6112\520
FP133-7114\550
FP133-8116\580
FP133-21342\970
FP133-32063\1,280
FP133-42784\1,630

(http://www.takachi-el.co.jp/data/pdf/01-61.pdf)

もちろん自分でパネルを切り出すのでもOK。しかし5U-UT版では工作精度(マウント孔の位置ずれ)で苦労したのも事実。現物あわせでヤスリ修正を入れていたのは内緒だ。たった3枚しかパネルがないにもかかわらず!

問題はどうやって基板をマウントするか。山下シンセ(5U-UT版)でやっているような基板マウント用のL型マウントパネルを取り付けるのに10mmほど死にスペースがとられるような構成は、3Uのように小さいパネルではその面積がもったいない。

MOTMやBananalogueは基板マウントの可変抵抗器の首をパネルに取り付けて基板を持ちこたえているように見える。

MOTMの奴

Bananalogueのもの

Doepfer はどうだろう。モジュールをひととおり見る限りでは、左側に揃えられている φ3.5 のジャックが基板にマウントされた上でフロントパネルにネジ止め固定されているのではないかと思う*3のだけれど。どなたか Doepferを持っている方がいらっしゃったら教えてください。

ところで Doepfer も Bananalogue も似たような φ3.5 のジャックを使っているようだけれど、これはどこのだろう。このジャックがうまく基板マウントできるためのポイントかもしれない。Digikey のカタログをひっくり返したけれどそれらしいものは見つからなかった。ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

あるいは、パネル厚 2.5mm であるから、ちょっとした金具で多用している秋月の基板のマウントもじゅうぶん可能かもしれないな。


もっとも Doepfer と同じフォームファクタにしたとしても自作シンセの仕様とは、電源電圧も信号仕様も違うので安直に接続できないのだけれど。

*1タカチのUTラック(資料(PDF))。

*2:30mm間隔のネジ切りになっているため。

*3:横長モジュールはともかく、短冊形のものは A-190を除いてマウントネジがフロントパネルに出ていない。

r0r0r0r02006/06/28 08:46家にあるラック機材はパネル前面はALPSのこんなhttp://www3.alps.co.jp/WebObjects/catalog.woa/PDF/J/Potentiometer/MetalShaft/RK097/RK097.PDF
ボリュームで固定して、背面はcliffの基板マウントのジャックで固定しているようです。

geniegenie2006/06/28 09:34Doepferのポットの写真は下記にあります。(メーカー不詳。中国製かも・・・。)
http://www.doepfer.de/DIY/a100_diy.htm
Cliff製と思われるジャックの写真も掲載されていますが、PCBを支持するための構造部材として利用するのは難しいでしょうねー。それから、最終的にSKBみたいなケースに収納するとしたら、3Uのラックは左右の耳と前縁の上下2本のチャンネルだけで構成できてしまうんじゃないのかな。以下、TBの代わりです。
http://miracleworks.com/genie/electro_instruments/2006/06/post_11.shtml

suzu..suzu..2006/10/14 18:49ご無沙汰してます。凶エフェ第2回以来になります。
クリフのPart number: CL1384
S6/BB PC Mono Switched 3.5mm Jack Socket. PC Mountだと思います。色々つくられているようで、すばらしい。

ChuckChuck2006/10/16 10:33やや、どうもご無沙汰です。どうもありがとうございます。その後 CL1384を入手して工作にはずみがついております。
また凶エフェセミナーでご一緒できるといいですね。

2006-04-06

シンセ電源

|  シンセ電源 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  シンセ電源 - 電音の工場ブログ  シンセ電源 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

今のシンセ用の電源(id:Chuck:20000113)は改造を重ねているうちに外装が汚くなってきた。そこで新しく作り直そうかと思い始めている。

多少は電流を引けるようにしたくて、723+電流ブースタで、それを2個重ねて正負電源にしようと考えているけれど、良くある 723+2N3055の構成を採るとすると2N3055 がTO-3パッケージで、放熱器に取り付けるときに絶縁が邪魔くさい。フルモールドの石にしたいなぁ… などと考えていたら、GreenThumbさんから「秋月で売っているMOSFETは?」とのアドバイスをいただいた。オススメいただいたのは H7N0308CF でそれはちょっと耐圧が低いが、それ以外にもバリエーションがいくつかあるようだ。ふとそういえば電源キットがあったよなぁと調べてみた。今は秋月の電源キットも 723+2N3055(マニュアル) のほかに 723+2SK2847(マニュアル) なのがあるようだ。2SK2847も良いかもしれない。

当初その電源は、山下シンセのオーディオ・ミキサ(スプリングリバーブ付き)を合わせて 2Uのケースに組もう*1かと考えていたが、できるまでに時間がかかってしまうし、ノイズの問題も心配だったので電源だけ別ユニットにする方向にシフトすることにした。

タカチで放熱を考えたかっこいいケースを見つけた(HIT型, HEN型)のだけれどちょっと小さいかな…

と考えていたらえらく時間がかかりそうな気がしてきた。まずい。まずは手元にあるスイッチング電源モジュール(どうもありがとうございます(謎))を箱に収めるところからやろうかな。

追記
秋月の電源キットに対するコメント
 http://www.car-e.net/~dai/emv/s_hatuden.htm

*1:現在 5Uのパネルで作成中で、モジュールが増えたら10Uにする。それを12UのSKBラックに収める予定。その残った2Uというわけ。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20060406

2005-05-05

山下シンセ ― 製作進路

|  山下シンセ ― 製作進路 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  山下シンセ ― 製作進路 - 電音の工場ブログ  山下シンセ ― 製作進路 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

1970年代に初歩のラジオに連載された山下春生氏による「ミュージック・シンセサイザーの回路から製作,徹底ガイド」をなぞる形で製作している。VCOを作り、鍵盤の製作はスキップしたが、EG基板を作り、この連休中にはVCAを2枚組んでしまいたいところだ。

連載によれば次はいよいよVCFなのであるが、その前にやはり MIDI-CV を作っておこうかなぁと思い始めた*1。で、MIDIモノをいじるならついでにMIDI同期LFOも同一パネルに組み込んでしまおう、と。LFOならヒカリモノ(id:Chuck:20050430#p1)も活かせるし。

先日のMaestro Filter S&Hと組み合わせるにはもうひとてま必要になるけれど([MFSH])。id:r0r0さんの背中を無理やり押そうというものではありませぬ (http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20050423#c)。

2年前にRoger Linnの AdrenaLinn に感化されて、勢いで実験したけれどその後放置してあるMIDI-LFOの資料がコレ(zipped)。以前Genieさんの求めでパッキングしてWEBサイトに置いたのがそのままになっていたので、URI再掲。

5,6月は仕事が忙しいはずだが、現時点では考えないことにしよう。

ところで梅雨に入るとパネル塗装に厳しい季節になるわけで、パネルを優先させるのが吉と知りつつも、動く基板がないとパネル作りに萌えないので、段取りはこの際無視で。

*1:デバイスには落合さんのところで買った ATmega88を使おうと思う。

r0r0r0r02005/05/06 11:51すいません、お手数ですがLFOPACKの中のビースケ用ライブラリAT90S2313とDIN-5Pが入っているものも揚げて頂けませんでせうか??
回路がわかったところで、「??」なことには変わりないのですけどw

ChuckChuck2005/05/06 12:12ライブラリは http://www.apony.com/elec/ こちらの AVR用だったような記憶です。DIN-5P は私のほうでも PC入れ替え時にどこいったかわからなくなってしまいました。これはただのコネクタですので、深く考えないでください (^^;
(BSch3V に移行中…)

r0r0r0r02005/05/07 01:32ありがとうございます。見ることができました。

ChuckChuck2005/05/09 07:52MFSH の MIDI同期化にどのAVRを使うか、現在悩み中です。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20050505

2004-11-14

パネル問題

|  パネル問題 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  パネル問題 - 電音の工場ブログ  パネル問題 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

先日(g:emusic:id:Chuck:20041110#p1)のパネル問題の考察を経て、これまで検討してきたタカチ CHケースによる短冊モジュールを断念することにした。

短冊モジュール断念

ちなみに、写真に写っているモジュールは、左から、"External Signal Processor(ESP)", EG, VCF である。新パネルに移植することになろう*1

元のタカチCHケースはリズム音源でも作った際に利用することにしようと思う。エアキャップでくるんで温存。


ちなみにこれまでは、次の写真のオシロの右側の光るケースのような形で存在していた。

*1ESPは作り直したいかも。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20041114

2004-11-10

シンセのパネル ― パネル問題

|  シンセのパネル ― パネル問題 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  シンセのパネル ― パネル問題 - 電音の工場ブログ  シンセのパネル ― パネル問題 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

頓挫しているほうの製作はパネル問題で引っかかっている。

当初タカチのCHケース(http://www.takachi-el.co.jp/data/pdf/02_05.pdf)で短冊モジュールとボックスをフュージョンしたソリューションを目指そうとしたが、短冊が揺れて使い物にならないとわかった。

タカチCDケース(http://www.takachi-el.co.jp/data/pdf/02_17.pdf)に takedaさんの OneBoard Firm を載せてみたりといったことを経由して、最終的には タカチ UT端子盤ユニット(http://www.takachi-el.co.jp/data/pdf/11_39.pdf)をラックでいくことにして、現在 3Uのサイズでモジュールエフェクタ(g:emusic:id:Chuck:20000119)の実証実験(またの名を浮気)中(g:emusic:id:Chuck:20040804#p1)。しかしこれは組み合わせマウントの曲げとフロントパネルとの合わせが面倒くさい。

一方でFX SWの工作で、3mm厚のアルミ板を

  • ジグソーで切る、穴を広げる
  • ネジ穴を皿にもむ
  • ルータで2mmほど掘って、可変抵抗器の回り止めを形成*1

という加工をしてみて、それなりにすんなりと加工できた(g:emusic:id:Chuck:20041107)ので、「これはシンセのパネルとしてもいけるかもしれない」という感想を持った。すなわち、

  • フロントパネルはモジュールごと短冊に切った3mm厚
  • 基板マウント用にL型のアルミ板(1mm厚)を皿ネジでフロントパネルに固定

とするのである。3mm厚あればたわむ事もあるまい。ベロ部の少ないL型をネジ止めすれば、組み合わせマウントの曲げ工程が不要または少なくなる。目下の懸念事項は、φ3.5のジャックの穴の形状がドリル一発で開かないため、プラスアルファの加工を要する点であるが、これにしても現在実験中のフロント+マウントで同じ問題は生じているわけだし、そもそも組み加工による穴位置合わせの必要がない3mm厚板を用いた方法は、トータルで楽なのではないかと、現段階で考えている。


まずはUTの5Uケースと何枚か3mm厚アルミ板を用意してみるか。今年中にはシンセパネルの問題を片付けて、本製作に着手したいものである。


追記

φ3.5ジャックの穴はルータで掘ればいいかなぁ…

追記2
ジグソー活用講座
http://www.d-sta.net/tole/online/jigsaw/jigsaw.htm

*1:3mm厚に対して、回り止めは2mm長なので、パネル表面にあたまを出さずに回り止めの形成が可能。

takedatakeda2004/11/12 03:59VRの回転止めのぽっち、横着していつも落としちゃうんです。で、回らないように思いっきり絞めるんですが、先日、まるつの1M、Aカーブ力任せに絞めたら、首が千切れて変型しちゃった。軸まわすと当ってごりごり言う状態です。回転止めはツカわにゃダメな事を知りました。とほほ。

ChuckChuck2004/11/12 08:42菊座金を使うという手もありますよ。

geniegenie2004/11/13 14:49> 3mm厚のアルミ板を * ジグソーで切る、<略>それなりにすんなりと加工できた
というFX SWの工作は、下の1Uのパネルのことですか? (勝手に文編集してすみません。)
ジグソーで真直ぐ切る時のコツみたいなものがあればお聞かせください。

ChuckChuck2004/11/14 10:53そうです。
ワークベンチに加工対象とジグソーガイドをしっかりと固定して、ジグソーはフリーハンドではなく、ガイドに押し付けるようにして動かすことによって直線を出しました。

ChuckChuck2004/11/14 10:54ジグソーガイドといっても、木の角棒です。クランプでワークベンチに固定しました。

geniegenie2004/11/15 20:28なるほど、その角棒に鋸刃が接するような形で切るわけですね。ふむ、そういう手がありましたかー。

ChuckChuck2004/11/16 08:01ジグソーの場合はベースプレートがありますので、そのベースプレートをガイドに押し付ける形です。
例えば http://www.d-sta.net/tole/online/jigsaw/jigsaw.htm のようなページがあります。

geniegenie2004/11/16 12:51私の場合は刃の選択の誤りとオービタル機能ONが失敗のもとだったようです。参考になりました。感謝! しかし、私の失敗に比べて信じられないほど綺麗に出来てます。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20041110