電音の工場ブログ

当ブログは…

自作エフェクターシンセサイザ製作のネタや開発覚え書きなど、筆者の電音活動を記録しています。お探しの記事が見つからない方は、検索カテゴリ一覧をご利用ください。

スパマーが来訪すると、ときどきコメントをはてなユーザのみに絞ったり開放したりすることがあります。

2014-01-20

週末の作業その1

| 週末の作業その1 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク - 週末の作業その1 - 電音の工場ブログ 週末の作業その1 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

前項でソフトウェアの新旧PC移設の話を書いた。

  • ZERO PLUS LAP-C ロジアナのコントロールソフト

LAP-Cロジアナのコントロールソフトで発見があった。信号のプロトコル解析のソフトウェア・プラグインが別売りになっているのだけど、今回の移設であらためてインストールしなおしていたら、なんと新しくMIDIのプロトコル解析のプラグインが追加されていた。

プラグインは別売り有料なのだが、キャンペーンでいくつかを無料で追加することができる。購入・インストール当時は30個までインストール可能だったものの使い道を決めきれないところもあったので、3つほど権利を残しておいたのが役立った。

さっそくインストールして試してみたのが以下の写真。

f:id:Chuck:20140120154106p:image (大きい画像)

ひとつのMIDI信号(フォトカプラで受信してロジックレベルにしたもの)をふたつのプローブで拾って、UARTMIDI でプロトコル解析させている。

写真はうまく行ったものだが、ちょっとセンシティブかな。ときどき解析に失敗して、送ったMIDIと違うデコード結果を返してくる時がある。UARTは安定的に拾っているのにMIDIで間違っているとちょっとイラっとくるが、もう少し使って取り込み条件を追い込んでいこうと思う。

デジタルオシロで波形をキャプチャして、「えーと、31.250kbpsだからタイムスロットがこれで、これがスタートビット、こっちがストップビットで、ひーふーみーで 0x91!」などとやるよりは断然効率が良いので。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20140120

2008-12-12

こんな基板エディタ

| こんな基板エディタ - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク - こんな基板エディタ - 電音の工場ブログ こんな基板エディタ - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

某所で教わりました。

no title

基板に部品を並べて配線を引いてというのができるエディタ。配線の引き回しをコンピュータが提案してくれるとかそういうことはしない。

しかし私のように万能基板(蛇の目基板)をよく使うタイプの人にはかなりいいのではないだろうか。

これまでは、基板と部品をぢっと見て、「よっしゃこのあたり」と直感で部品配置を決めていた。先日作ったCMU-800のMIDI化基板もそうで、このときはしばしば直感が外れたりミスったりして数回部品位置を直す羽目になった。ハンダ吸い取り器があってよかった。

それがこのエディタがあれば事前に試行錯誤できる。部品を置いていったら最後の部品が収まらなかったということがなくなる、はず。

で、たいていはワンオフで一点もの作りっぱなしなんだけど、まかり間違ってもう一個作らなきゃいけなくなったようなときに、このエディタの情報からプリント配線基板製作情報に変換することができるらしいのだ。

よし、次の製作で使おう!と現在考え中。

takedatakeda2008/12/12 21:45おや、よさげ。
僕は、蛇の目基板やるまえに、かならず、MACのOsmond PCB 
http://pages.swcp.com/~jchavez/osmond.html
でためしてから、それをPCBに移すようにしてますー、
PCBEにちょっと、役不足を感じてて...。基板のデザインは、まだ、MACを使ってたんだけど、これで、Windowsに完全移行なるか?!

lumlum2008/12/14 22:34蛇の目基板に作る場合でもEAGLEを使ってます。回路図とアートワークが同時にできるのと、ネットリストがあるので部品の配置がとっても楽なのがいいです。
基板サイズに制限があるので、
http://kicad.sourceforge.net/
を使えるように準備中。
(centosと一緒に入れるかも)

所長所長2008/12/14 23:16ランタイムエラー吐いて使えなかったorz

ChuckChuck2008/12/15 07:41蛇の目で試作して、スキャンしてCIRCAD98で引きなおしてP板を起こしていたこともあります。
そうそう、たぶんVB6のランタイムライブラリのDLLが必要ですよ>所長

ゆいゆい2008/12/24 16:46Make Japanでここで紹介したPaaSが紹介されていました。(笑)
作者のページを紹介すればいいのにねぇ

ChuckChuck2008/12/25 04:27おお、ほんとだ>(via 電音の工場ブログ)
自コンテンツじゃない記事でMAKE Japanデビューしてしまった。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20081212

2006-09-20

ゴミ

|  ゴミ - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  ゴミ - 電音の工場ブログ  ゴミ - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

その1

下を向いて歩いていたら(しょぼーん)、ゴミ箱にハンダ吸取り器発見。HAKKOの707。使えるのかな?

その2

今朝、近所のゴミ捨て場にぼろぼろのフラットベッドのスキャナが不法投棄*1してあった。

帰りにまだあったら見立てをして、使えるようだったら拾ってきて、ランプを仕込んでプリント基板やシルクスクリーン原板の感光用基盤にしようと思う。

中古屋で

中古屋でジャンクを買ってきたほうが綺麗で安いのではないか、という声アリ。

結局

帰宅したらまだあったけれど、良く見たら不必要にでかいし外観の汚れも激しかったので、これは見送ることにしました。

*1:粗大ゴミシールがついていなかったの意。

@りま@りま2006/09/21 23:58鰻昇ってますねえPV!!!(←だめ日本語)。
しかし、私みたいにこの記事見てからPV欄を見てるようじゃ踏み逃げですねえ。
すいません。

ChuckChuck2006/09/22 06:36PageView(PV)は回転が速いのでイマイチなのかもしれません。加えて誰もPV値など見ないかも。

hogehoge2006/09/28 14:18あ、スキャナをプリント基板感光用に使うなんて発想もあるんですね。目からうろこでした。

ChuckChuck2006/09/28 14:54しっかりしたものだと、(1)ガラス板のエッジ処理を気にしなくて良い、(2)原稿押さえが利用できる という点で古いフラットベッドスキャナの改造は優位だと思います。

hogehoge2006/09/28 23:16何回くらいスキャンしたら(笑)ちょうどよい感光具合になるんでしょうかね?機種やら何やらに依存してしまうんでしょうかね。

ChuckChuck2006/09/29 06:18あ、ジャンクのスキャナの中身を取っ払って筐体だけ活かして、ケミカルランプを仕込んで感光器にしようという考えです。誤解させてしまったようで、すみません。(動く)スキャニングランプでの感光は、やはり機種ごとに実験してみるしかないのでは、と思います。

ChuckChuck2007/08/02 06:54HAKKOの707は壊れていました。しかもメーカーで修理打ち切り、補修部品なし。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20060920

2006-08-14

ホルソー

|  ホルソー - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  ホルソー - 電音の工場ブログ  ホルソー - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

先日買った(id:Chuck:20060809#p1) ホルソーと開けた孔の写真。

using hole saw

このあとはケガキ線に従って、ニブラでくり貫いた。同様にもう1箇所ニブラでくり貫き。あー、手が痛い。加工相手はタカチのYMケース。

あ、何をやっているかと云うと、壊されたMIDIモニタの移植先のケース加工をしているのである。

15mmホルソーをあと5箇所やらないといけないのだけれど、現物あわせで位置決めしているので、なかなかさくさくっとは進まない。どうやって基板を固定しようか。以前はホットボンドでガチガチに止めていたのだけれど。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20060814

2006-08-09

ホルソー買った

|  ホルソー買った - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  ホルソー買った - 電音の工場ブログ  ホルソー買った - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

東急ハンズへ行ってカット依頼した部材の受け取りと、ついでにホルソーを買ってきた。15mmのもの。これでMIDIのDINコネクタの穴あけが楽になる、はず。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20060809

2006-07-27

音楽制作ソフトウェア

|  音楽制作ソフトウェア - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  音楽制作ソフトウェア - 電音の工場ブログ  音楽制作ソフトウェア - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

MIDI2CVの検討で、MIDIキーボード実機を使うとActive Sensing 0xFE がうっとうしいので、パソコンシーケンサから送ったらどうだろうかと考えた。

筆者は MACに Performer を使っているが、この暑いのに もう一台パソコンを立ち上げるなんていうのは嫌だったので、AVRのデバッガのウラで動いてくれないかなと on Win なソフトを捜索したところ、http://www.frieve.com/http://www.frieve.com/musicstd/index.html なるソフトウェアを知った。Music Studio Producer / Standard / Independence シリーズ。

えっ、これがフリーですか!?

ざっと試したところウィンドウのフォーカスが外れると再生が止まるようになっていて、デバッガのウラで動かすという目的には適わないようだったが、これはいいソフトを知った。Windowsではしばらくこちらのソフトを使ってみようと思う。

まやまや2006/07/27 09:36へー。おもしろそうですね。私もDLしてみよーっと。

r0r0r0r02006/07/27 21:232年ほど前から比べて、ずいぶんGUIがよくなってますけど使いかっては変わっていませんね。

RJBRJB2006/07/27 23:24完成の日も近そうですね。デバッグは早朝の方が効率いいのかなー。でも早起きは超苦手だしなぁ。

ChuckChuck2006/07/28 07:23さかのぼることMSXの頃から脈々と続く開発のようで、頭が下がります。TAKERU(懐かしいな)で売っていたこともあるとか。

ChuckChuck2006/07/28 07:25最終的にどういう仕上げ(箱とか)にするのか決まっていないので、完了の日はまだ見えないです。気力が続けば「機能完」はまもなくかと。
日中は敵が多くてまともなデバッグになりません。いきおい早朝深夜に… (ねむいよ)

まやまや2006/07/28 09:35TAKERU・・・なつかしぃ・・・。ミニゲームの類は結構買いました。

masa921masa9212006/07/29 23:10そのソフト、使っていました。
僕のページに有るバッハのBWV541はこのソフトで編集、録音しました。
現在はオーディオIFに付いて来たSONAR LE使ってます^^;

ChuckChuck2006/07/30 17:02最近のインターネットってパラレルワールドだから、知っている人は知っている、知らないとトコトン知らないままなんですよね。

2006-05-08

ハンド・ドリルのススメ

|  ハンド・ドリルのススメ - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  ハンド・ドリルのススメ - 電音の工場ブログ  ハンド・ドリルのススメ - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

先日の記事のコメント欄 id:Chuck:20060506#c で痛い話がいくつか挙がっている。

やはりトルクのある電動工具は使い方をしくじると怪我に繋がるので慎重に慎重を重ねたい。あるいは必ずしも電動工具でなくても良いではないか、ということでハンド・ドリルをお勧めするのである。筆者が言っても説得力がない*1のだけれども、今回のアルミパネルの製作ではハンド・ドリルを投入した。

筆者製作中のシンセではフロントパネルに3mm厚のアルミ板を使用している。この厚みだと可変抵抗器の回り止め(高さ2mm)の部分を掘っておけば、これが操作面(オモテ面)に出ることがなく良い具合なのであるのだが、その穴が貫通しないよう若干の工夫が必要となる。

いつもならハンディ・リュータをスタンドに取り付けて、送り量を見ながらこれを行うのだけれど、今回は作業を静かに行いたかったのでハンドドリルを使用してみた。

時間は電動に較べると掛かるものの、気楽であると言える。少し掘っては可変抵抗器をあてがって様子をうかがう。ゆったりとそれを繰り返す。ロハス、スローライフ(違)。穴掘り加工ではあまりないが、仮に部材にドリルが噛んだとしても回す手を止めればいいのだから安心だ。もっとも、ハンド・ドリルでも「誰でも本」のようなこと(id:Chuck:20051108#p1)をやっていてはダメだけどね。

ちなみにクロス・シンニングのφ3 新刃はとても良い具合に食いついてくれてポンチ要らず。ただ刃先の角度が無いので回り止め用の2mm(裾の部分)を掘るのに先端部分は2.6mmぐらい進む感じ。やりすぎると貫通やオモテ面の盛り上がりが出てしまう。ここはφ3のエンドミルのハンド・ドリル利用も考えてみようか(刃がかけそうだなぁ)。


あるDIYの掲示板で「木材にφ7のボルト貫通穴を開けたいので良いハンド・ドリルを教えて欲しい」という投稿に対して寄って集って電動工具をオススメしていて、ハンド・ドリルの紹介は一件もなかったというものを見た。

確かに以前に較べれば電動工具は安くなったが、それに伴って周辺(部材押さえとか作業台とか)も強化しないといけないと思う。まずはハンド・ドリルをお勧めしたい。筆者が言っても説得力がない*2のだけれど。

*1:筆者は電動工具をたくさん使っている。

*2:筆者利用電動工具;電動ドリルドライバ、ハンディ・リュータ、電動ディスクグラインダ、ジグソー、ブロア、卓上ボール盤 (購入順)

gangan2006/05/08 12:41私もいまだに穴あけのメインはハンドドリルです。なにより静かなのと準備片付けが楽なのが気に入っています。3mm アルミ板の穴あけはちょっと大変そうですが、できあいのぺらぺらアルミケースの穴あけぐらいならこれで十分です。万力ももちろん持っていて必要に応じて使いますが、多くの場合、部材を足で抑える「おサルモード」でやってます。手動工具のこういうユルさもまた良しですね。

RJBRJB2006/05/09 00:42アクリル板などを加工するときにはハンドドリル時々使います。やっぱ「おサルモード」は基本ですね。

ChuckChuck2006/05/09 06:36コメントありがとうございます。そうそう、アクリル板は3mm厚でも手持ちの電動ドリルではついつい割ってしまいます。ハンドドリルが適切な感じですね。
「おサルモード」は私もよくやりますが、ワークテーブルを導入してからはこれの押さえを利用して、ヒトになって立って作業できるようになりました。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20060508

2005-12-21

アルミ折り曲げ工具

|  アルミ折り曲げ工具 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  アルミ折り曲げ工具 - 電音の工場ブログ  アルミ折り曲げ工具 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

そういえば先日のサミット(id:Chuck:20051128#p1)でtakedaさんと折り曲げ冶具の話になって、以前作ったものを紹介するとお伝えしておきながら、そのままになっていた。

ということで これ d:id:Chuck:20040801#p1 がそれです。参照しているリンクがすでに死んでいるのがイマイチですが。

安価に出来たものの、使っているうちにヤゲン式の刃の部分が鈍ってきて、シャープな曲がりが得られにくくなってきつつある。またグラインダで削ったほうがいいのだろうか。

他に折り曲げ工具を自作している例としては、こちら http://park15.wakwak.com/~ja1cvf/sp/manriki-p.html のものがあった。万力のアゴの寸法に縛られるところがあるのと、あと初期の位置はどうやって決めるのだろう。

なおグーグルでgoogle:板金折り曲げ機で調べると、ほとんどそれしかないのかと思うぐらいにHOZANK-130がヒットする。ページのデモンストレーション動画を見ると簡単に曲げていて羨ましくなってしまう。1万円かぁ。エアコンプレッサも欲しいしなぁ(謎)。

takedatakeda2005/12/21 17:54K-130、ラジオデパートの1階、入り口のところの工具屋で売ってるの。何度買おうと手にしたことか..手にした途端にあまりの重さに「これは秋葉原からもっては帰れない」と、確信させるほどの重さに毎回めげてるです。30mm以上の深さが出せないのが問題なんですよね。ガンコなバイスも欲しいんだけど、設置場所より、もって帰れるかどうかのほうが問題だったりして...
この3センチのために、なにか、特殊な奴を設計して、どこか適当な町の鉄工所で、2万円ぐらいまでで加工してもらえれば、OKなのかな、とかも思います。
Chackメソッドは、ブレード(ヤゲン式の刃の部分)を作れなさそうな予感にさいなまれテルです。グラインダでガリガリ行くのかしら。アルミ板曲げ機のためにグラインダ手に入れるか?って感じ?

ChuckChuck2005/12/22 08:27グラインダは別に鉄板を切りたくて入手していました。3000円~10000円ぐらいであります。でも火花が散ってちょっと怖いです。
K-130は、あのデモビデオの簡単に曲げている様を見て欲しく思いますが、おっしゃる通り、箱を作ろうとすると高さ制限が厄介ですね。コの字まではいいのでしょうけど…

2005-10-08

作業板

|  作業板 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  作業板 - 電音の工場ブログ  作業板 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

工作をするときに作業板があると便利だろうと思い、作ってみた。

こんなの↓(製作中の様子)

A Work Board on work

ダイソーで買った画板に木の棒を貼り付けているだけ、300円。紙製の画板を使用したが、ベニヤ板だともっといいのではないだろうか。この作業板の上にお店を広げて工作を行い、作業を中断する際には、作業板ごとよそへ除けておけばいいだろうという考えである。

ちょっとした空きスペースがあればハンダ作業を展開できる、という使い方も出来るのではないか。こんな感じで↓

a work with the work board

ここまでクリティカルなのは、あまり真似しない方がいいと思うけれども。

@りま@りま2005/10/10 06:24>作業板
良いアイデアですなー。
画板タイプに肩ひもで吊すとモバイルになりますしね。

toruitorui2005/10/11 00:15おー、いいですなー。
いつも食卓でハンダづけしとるんですが、食事の時間になると問答無用で撤退を余儀なくされ、いちいち片づけるのが億劫で夫婦喧嘩の種でした。
折り畳み式のサイドテーブル買おうかと思ってたけど、これで十分ですネ!

ChuckChuck2005/10/11 06:35ご活用いだたければ幸いです!
モバイル活用例の写真つきレポートも募集します~

houshuhoushu2005/10/12 00:47ふたができるとさらに便利ですよ。うちは薄くて広いダンボールに、こて熱放散用にクッキー缶のふたを敷いて使ってます。こてが冷えたら基板なども入れたままふただけ閉めてそのまま片付けです。作業しやすくはないですが(笑)

ChuckChuck2005/10/12 09:25なるほどフタですか! ちょっと考えてみようっと。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20051008

2005-09-15

ラジオペンチ2題

|  ラジオペンチ2題 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  ラジオペンチ2題 - 電音の工場ブログ  ラジオペンチ2題 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

使用している工具について語るシリーズ。第18回は ペンチを2種類 SANKIのものとダイソーの先曲がりペンチ

  • ラジオペンチ SANKI
    f:id:Chuck:20050111094613j:image
  • ダイソーの先曲がりペンチ
    f:id:Chuck:20050111094556j:image

ペンチは部品の足の曲げや咥えて押さえに用いる、電子工作では欠かせない工具だと言える。電子工作必需品であるところのラジオペンチやニッパについては、みなさん各々こだわりの一品があったりするのではないだろうか。

ちなみに英語ではプライヤー。ちゃんとした定義を知らないが、筆者は先の細いものをラジオペンチと呼んでいる。咥える部分が太い奴を電工ペンチと呼んだりしている。

最近抵抗やコンデンサのリード線を折り曲げるときには 折り曲げ器 id:Chuck:20050317#p1 を使っているので、ラジオペンチで折り曲げるのはもっと太い ハンダめっき線 や スズめっき線。UEWも太い奴はラジオペンチを使う。

部品を咥えるのも、力いっぱい挟むと壊れてしまうようなのはピンセットを使うが、逆にガシッとしっかり咥えたいときにはペンチ。

筆者が使っているのは、電子工作を始めたころに揃えた30年選手に近い SANKのラジオペンチ(型番不詳) と 比較的最近買った ダイソーの先曲がりペンチ。

先っぽが曲がっているのはケース内配線をしているときに電線を引っ張り上げるときに便利だったりする。ダイソーの工具はすぐ壊れてしまうものばかりだし、しかもナマモノで一度無くなると次の入荷がなかったりするから信用ならん。それでもときどきちゃんと使えるものが出たりする。先曲がりペンチも板バネで合わせているものはすぐに壊れたが、この写真のものは意外と長持ち(4年ぐらい)している。


工具を語るシリーズの目次はこちら → id:Chuck:20040110

所長所長2005/09/15 08:28先曲がりでないダイソーラジペンを使ってますがバネピンが飛んでぶらぶらです。おまけに先端に力を掛けると曲がるしorz。ニッパーはよくわからないもの、つめきりにもなる。ペンチはVictorの電工用。等等

takedatakeda2005/09/15 23:23ダイソーの青い奴、先の曲がった奴と、平べったい奴、両方使ってる。
平べったい奴は、小さなコネクタの圧着工具の変わりに使ってたんだけど、いい圧着工具(というか、安い奴)てにいれたので、先曲がりしか使わなくなっちゃったけど。

r0r0r0r02005/09/16 08:49皆さんダイソーペンチ使っているのですね。
安心しましたw

ChuckChuck2005/09/19 06:31やっぱり安いですからねー。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20050915

2005-09-09

オプティカル・センターポンチ

|  オプティカル・センターポンチ - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  オプティカル・センターポンチ - 電音の工場ブログ  オプティカル・センターポンチ - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

id:Chuck:20050725#c で cannnabisさんが話題にしてくれた オプティカル・センターポンチ。実は昨年から欲しい欲しいと思っていたが、先日注文して、発送されてid:Chuck:20050801#p2、ようやくきたー!

時間がかかったのは船便だったから。おかげで送料も安かった。費用は 本体 $30弱、送料 $8強 といったところ。

ロボットの人々に遅れること2年、ようやくオプティカル・センターポンチをゲットしましたよ*1

*1:でも MODELA は買わないと思う。

geniegenie2005/09/09 17:54おー、オプティカルポンチが届きましたか。もしVeritasの製品だとしたら要めのアクリル棒は大切に扱ってください。硬い分だけ脆くて木の床に落とした程度で欠けてしまうことがあります。(実はヤリました。実用上差し支えないのですが・・・だからケースが付いているんですね。)

cannabiscannabis2005/09/09 22:18自分のもVeritas製なんですが、ケースのふたが閉まりません、常に生きたアサリ状態です。

RJBRJB2005/09/10 09:36MODELAでプリント基板を加工した人もおられましたね・・・結構大変だったようですけど。ハンズにある表札等をレーザー彫刻する機械を、1000円/時間ぐらいで貸してくれないかな~(笑)。

ChuckChuck2005/09/12 00:03Veritas製です。ついてきた上押さえのスポンジを利用すると私のも蓋が閉まりません。アクリル棒は欠けますか。気をつけます。アドバイスありがとうございます。

ChuckChuck2005/09/12 00:04プリント基板作成時のエッチング廃液処理と削りカスのどちらが大変か、私としてはどっちもどっちですねぇ。確かにレーザー彫刻機を時間貸ししてくれると嬉しいですね>RJBさん

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20050909

2005-09-06

ワイヤストリッパ

|  ワイヤストリッパ - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  ワイヤストリッパ - 電音の工場ブログ  ワイヤストリッパ - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

使用している工具について語るシリーズ。第17回は ワイヤストリッパ HOZAN P-95

f:id:Chuck:20050111094551j:image

もう長いこと使っているワイヤストリッパ。型番を意識していなかったので、この記事を書くために調べてきたら ホーザンのP-95 というものらしい。はじめのうちはニッパで被覆線を剥いていたが、たびたび失敗することがあったので、ワイヤストリッパを買った。それがこれ。

本当は単芯の被覆線を剥くためのもののようだが、なんにでも使ってしまっている。

電線の被服を剥くときに、銅線まで傷をつけてしまうとあとあとトラブルの元になる。そこでワイヤストリッパの出番。線の太さと剥き穴をうまくあわせれば、銅線に傷をつけずに被覆だけ綺麗に剥くことができる。「初心者には贅沢」という意見を目にしたことがあるが、トラブルを少なくする上でもどんどんと使っていただきたいと思う。


工具を語るシリーズの目次はこちら → id:Chuck:20040110

takedatakeda2005/09/06 21:00僕もこれと同じの使ってる、あとで型番見てみよ。
これ僕はもう10年以上使ってる。まだ現役。切る系の道具はそれなりの値段出したほうがいいですね、

GreenthumbGreenthumb2005/09/07 02:31僕のはVESSELの赤いやつ(NO3500E-1)。むかーし(20年以上前)、ジュンフロン線を剥くのに買ったやつがどこかに行ってしまって、今年アンプを作るにあたって久しぶりに買いなおしました。もうこれがないと線は剥けませんな。

所長所長2005/09/07 02:47HozanのP90Aを使用。

ChuckChuck2005/09/07 07:47私のワイヤストリッパは20年選手ぐらいです。最近 VESSEL のが欲しいなと思い始めていたりします。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20050906

2005-08-22

テスタ MY65 MY-64

|  テスタ MY65 MY-64 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  テスタ MY65 MY-64 - 電音の工場ブログ  テスタ MY65 MY-64 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

使用している工具について語るシリーズ。第16回は テスタ MY65 MY64

f:id:Chuck:20050111094400j:image

電子工作でまず必要な測定器はテスタだと思う。

規定の電圧があるのか、電流の大きさはどれぐらいかを測るのが基本だが、最近ではディジタルマルチメータ(DMM)と呼んでいろいろな測定モードを持つものがあり、とても便利だ。

筆者が使っている Mastech社製 MY65 MY-64 という機種は、秋月電子通商の店頭で買った。4000円しなかったと思う。今は秋月で見つけられないのだが、今はもっと多機能なものが安かったりするので、そのうちまた買い換えたいとも思う。

エフェクタ工作の入門したてでまだ持っていない人はぜひなにか一台揃えておきたい。バッテリチェック、抵抗値やコンデンサ容量からトランジスタの hfe の測定モードがあるといい。加えて周波数やインダクタンスや音圧レベルも測定できるというものが 4000円程度で売られているようだ。

追記

型番を間違って覚えていたので修正しました。温度も測れる MY-64タイプを所有していました。

工具を語るシリーズの目次はこちら → id:Chuck:20040110

ca3080ca30802005/08/23 09:51あ、同じテスター使ってる! と思って見てみたら、型番が違うようです。僕のはMY-64。見た目は完全に一緒っぽいですがどこが違うんでしょ。

GreenthumbGreenthumb2005/08/24 01:15同じく、あ、と思ったら僕のはMAS830L。秋月で買って、hFE測定もついてて値段も同じようなものなので型番違いで中身は一緒なのかも。

ChuckChuck2005/08/26 07:05調べてきました (^^;)
http://www.multimetercenter.com/digital/my64.jpg
http://home.earthlink.net/~kaito/digital/my65.jpg
http://justhandhelds.com/Merchant2/graphics/00000001/mas830Llarge.jpg
どうやら私のも MY-64 のようです。温度計測があるタイプでした。どこかで勘違いして思い込んでいたようです。
MAS830Lはシェイプが違いますね。

ChuckChuck2005/08/26 07:09近々に取扱説明書を探し出して、記事を修正しますね。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20050822

2005-08-11

ハンダ吸い取り器 HAKKO DS01

|  ハンダ吸い取り器 HAKKO DS01 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  ハンダ吸い取り器 HAKKO DS01 - 電音の工場ブログ  ハンダ吸い取り器 HAKKO DS01 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

使用している工具について語るシリーズ。第15回(?)は ハンダ吸い取り器 HAKKO DS01

f:id:Chuck:20050111094533j:image

ハンダ付けした部品を取りはずそうとするときに必要となるハンダ吸い取り器。ボタンを押すとエアで「すぽっ」と抜いてくれるのがコレ。網線に毛細管現象で吸い上げるタイプのもの*1と並んで便利な一品。

ハンダ付けに失敗しなければ必要ないという考えもあるかと思うが、修理のときの部品はずしや、最近はエフェクタ改造などということをやる人もいて、あちこちで「ハンダ吸い取り器 必須!」の声を聞く。

筆者がなぜこの機種を選んだかというと深い理由はない。支給されたものなのだけど、もはや業務ではこんな非力な奴は使えん*2とかもはやリワークが手に負えないとか*3、ということで適材適所な工作で余生を送っているというか…

使い方はハンダゴテをあててじゅうぶんに溶けたところで「すぽっ」とやる。ハンダが古い場合は新しいハンダを流したうえでやる場合もある。万能ではないので Solder Wick などと併用しつつ、熱と力を同時に加えると基板のランドが剥がれることも少なくないので、要注意。こまめに掃除することも重要。先日約10年ぶりに掃除したら出てくる出てくる…(おいおい)


工具を語るシリーズの目次はこちら → id:Chuck:20040110

*1:例: Solder Wick

*2:だってリャンメンベタとか多層とか吸えないんだもん。普通電動でしょ…

*3:だってCSPなBGAを扱える環境にないし…

geniegenie2005/08/12 12:07捨てられずに生き延びたSOLDAPULLT IIIを使っています。雰囲気そっくり~

ChuckChuck2005/08/12 15:19http://shop.store.yahoo.com/tmt/destoollowst.html これとかですね。見た目そっくりです。

geniegenie2005/08/13 01:03そうそう!ブランクを経て、ん十年くらい使っているかも。壊れるところがないから。今度ワイヤストリッパーやハンダ鏝と一緒に展示してみようかなー。

所長所長2005/08/18 17:17ソリッドステートマジックアイですか、あれは近藤さんのサイトですね。別の流れで近藤さんとはつながりがありますw。

ChuckChuck2005/08/19 08:50おー、交友範囲が広い>所長。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20050811

2005-08-01

オプティカル・センターポンチ

|  オプティカル・センターポンチ - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  オプティカル・センターポンチ - 電音の工場ブログ  オプティカル・センターポンチ - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

オプティカル・センターポンチを発注。表面郵便にて明日(現地時間)発送とのこと。いつ届くものやら*1

*1:次のモジュールのパネル製作に間に合えばいいかなと。

r0r0r0r02005/08/01 21:55どんどん工具が充実していきますね。
それにしてもハイスカッターが砕けて怪我しませんでしたか?

toruitorui2005/08/01 22:29え~、実家へ帰って「初ラ」の捜索してきましたー
天袋に当時のまま、うず高く積まれておりました!が!!
1977年4月まで、でした。買ってたの。
「山下シンセ」の記事は、アタマの4冊だけでしたね。かなり残念。
ちなみに、TS-820X一式が出てきたぞ。押し入れの奥から。

toruitorui2005/08/01 22:49ところで「ちょっとしたコメント」のチェックボックスってなんだろ?
とりあえずチェック入れて投稿してみますー

ChuckChuck2005/08/02 05:08ハイスカッターは切削中の非貫通孔の中で砕けておりました。怪我が無くてよかったです。

ChuckChuck2005/08/02 05:12おお!>「初歩のラジオ」 山下シンセ記事コンプリートでないのは残念ですが、勝ちある一山かも。TS-820X とはこれまたなつかしい…

ChuckChuck2005/08/02 05:14普段コメントがあるとその更新がシステム経由でアンテナに伝えられるのですが「ちょっとしたコメント」にするとアンテナまで波及しないようにできる、というもののようです。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20050801

2005-07-19

ボール盤

|  ボール盤 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  ボール盤 - 電音の工場ブログ  ボール盤 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

先週のうちに届いていたボール盤(ちなみにレクソンではありません。)を組み立てましたよ。

でかい、重い、部屋が油臭い…

今週中にはセンタドリルも到着するかな。

それにしても、稼働率で考えるとほとんど飾り物状態である。しかし稼動時の楽さ加減*1に対する期待があっての導入である。どうでるか…

そのうち

工具紹介シリーズで、電動工具変*2 でもやりましょうかね…

*1:まだ試していないけれど。

*2エフェクタ工作にそんなに持っていて

@りま@りま2005/07/20 21:37わくわく>電動工具変

ChuckChuck2005/07/21 07:22お楽しみに! まずは写真を撮るところから…

geniegenie2005/07/21 08:59寄しくも逆のことをされている御仁が・・・
http://www.mi-ra-i.com/R/

ChuckChuck2005/07/22 06:58あ、Jin Satoさんのページですね。読んでました。
私は数年前に機材リストラしました。15本ぐらいあったギターをクラギ1、オベーション1まで減らしたなぁ。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20050719

2005-06-29

ハンダゴテ goot PX-238

|  ハンダゴテ goot PX-238 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  ハンダゴテ goot PX-238 - 電音の工場ブログ  ハンダゴテ goot PX-238 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

使用している工具について語るシリーズ。第14回はgoot (グット)の ハンダゴテ PX-238

f:id:Chuck:20050111094427:image

第1回(id:Chuck:20050111#p1)でハンダゴテを紹介したが、これまで趣味の電子工作では1000円以下のハンダゴテばかり使ってきていた。20Wのもので基板周辺の部品を、40Wのものでちょっとしたコネクタ周辺を、60Wのもので大きめのコネクタのハンダ付けをしていて、それぞれ1000円ぐらいのコテ。

そのコテのコテ先が劣化してきたときに、ブログで勧められていたこのコテ、goot の PX-238 を思い出し、買ってみた。普段1000円のコテを使っている身からすると、3600円のコテ+換えのコテ先2本(1000円) という金額は清水の舞台から飛び降りるほどの決意が必要だったが(おおげさ)。

さてこの PX-238 には、高絶縁、温度制御という特徴がある。電灯線ラインからの漏れ電流で部品を壊しちゃったりすると厄介なので高絶縁は嬉しい*1。そして温度制御のほうはこれまた素晴らしい。「『ボタン ON』でターボ!」というような仕組みはないが、常にコテ先が 380℃ となるように制御されている*2。そのため、

  • コンセントにさして30秒で Ready to Fly ハンダ付け
  • 今までのコテでは苦労していた スズめっき線のハンダ付けが容易
  • 同様に今まで苦労していた UEW線の被覆溶かしがあっという間
  • 基板部品と機構部品*3でコテを持ち替えず、大物に熱を取られて復帰待ちということもなく1本のコテでまかなえる

といった点を有利に感じている。

最近はすっかり PX-238 が常用ハンダゴテになってしまっている。

工具を語るシリーズの目次はこちら → id:Chuck:20040110

*1:その真価を実感する事態には遭遇していないが。

*2:コテ先の温度によって3種類ほどバリエーションがあり、対応した型番になっていた。

*3:可変抵抗器、ジャック、(電源)コネクタの類。

2005-05-26

部品棚(続き)

|  部品棚(続き) - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  部品棚(続き) - 電音の工場ブログ  部品棚(続き) - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

写真を撮ってきたので id:Chuck:20050524#p1 の続き。1枚あたり 10KB に圧縮しているので画質が悪くてすみません。

スキマ部品棚の横の本棚の一段に↓な感じで部品引き出し*1。ここにはカーボン抵抗が入っている*2


ひとつの引き出しをクローズアップ。だいたい抵抗の桁ごとに分類しているのだけど、E12系列で揃っているわけでもなく、抵抗値に妙な偏りが…


引き出しひとつを取り出してみると、秋月の袋の単位で入っているのがわかる*3。箱の寸法と袋の寸法がいい具合。


ご参考になりますれば。

*1:ダイソーで買ったもの。2列3行の引き出しがあるが、横の2つが一体。

*2:キンピ抵抗はまた別 ^.^;

*3:ダイソーのチャックつき袋に入れ替えているものもある。

r0r0r0r02005/05/26 11:55すごく探しやすそうですね。
さっそく・・・・いや、「何屋になるつもりだ!」と言う突っ込みも有りそうだし・・・・・・でも、まねしようw

@りま@りま2005/05/26 22:13いいなあ。マネしようかなあ。うちは電子部品とギター部品が同居しててもう、収拾がつきません。・・・・しかし、大塚センセの部品棚も見てみたいですね。まごうことなき「魔窟」なんでしょうね。

ChuckChuck2005/05/27 07:26これ以外にも電源系大型部品やメータ類の箱、廃番品を収納した秘蔵の箱、レールで買ったIC など、巧妙に(謎) 隠して、もとい 仕舞ってあります。
「お前は何屋だ」と問われれば迷わず「電気屋」と答えるでしょう。公私共に(笑)。ソフト屋やメカ屋ではないのでよろしくお願いします(誰に言ってる)。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20050526

2005-05-24

スキマ部品棚

|  スキマ部品棚 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  スキマ部品棚 - 電音の工場ブログ  スキマ部品棚 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

使用している工具について語るシリーズ。第13回はダイソーの組み立て紙箱で実現したスキマ部品棚

f:id:Chuck:20050221074737:image

工具とは言えない部品収納、しかし電子工作では部品をどうストックするかが重要だ。

子供のころから電子工作をしてきて、一度引越しでジャンク一切合財をリセットしたけれども、ここ5, 6年でまた復活してきて、今やそれまで以上に、いつ使うとも知れない部品が積まれている。

まず棚奥のデッドスペースに部品が入ったプラスティック箱が積まれている。これらは使用頻度の低いものやICのストック。

使用頻度の高い常用部品 ―抵抗やコンデンサやトランジスタやオペアンプ― といったものはすぐに手の届く本棚にダイソーで買ったプラスティックの引き出しつき収納に分類して収めている(写真の左側に一部が見える)。

中程度の頻度の部品、例えばツマミや7seg LEDやら使用頻度の低いトランジスタや機能ICなどなのだけれど、そういったものの置き場に はじめのうちは苦慮していた。そこに見いだした本棚と壁とのスキマ。電灯線コンセントがあるためにわずかにスキマを空ける必要があったのだ。そこにぴったりと合う ダイソーの組み立て紙箱(引き出し型) 発見! ということで、いっぱい買い込んできて、せっせと組み立てて詰め込んでいったのがこの写真。目線よりもちょっと上から写真を撮ってみた。

スキマにきゅっきゅと入れていったので、この部屋の奥まで入り込んで覗き込まないとこの紙箱トーテム・ポールにはお目にかかれない。そのためかこれについては家庭内紛争の勃興には至っていない。

今ではこの写真を撮った当時よりももっと高く積まれていて、地震におびえる日々。崩れて怪我をすることを恐れているのではなく、もう一度整理することに恐れおののいているわけですが。


この記事は id:r0r0さんの E-Musicグループ - 歪み歪め歪んでくれ(Fuzz研川崎出張所) - 収納 に触発されて書きました。

r0r0r0r02005/05/24 09:14非常に参考になります(涙)
数回にわたる引越しにも捨てられずに耐えてきたオペアンプとかボリュームなんかも今回買った引き出し1つ分にも満たないのです。
ほんといつ使うんだかさっぱりわからないものばかりですw

RJBRJB2005/05/25 01:44ほんと参考になります!家では、100円ショップで買った50個ぐらいのプラケースに入れているので、抵抗1本探すのに大変面倒な状態で、なんとかせねばと思っていたところです。

ChuckChuck2005/05/25 09:01抵抗は秋月の袋に入れたまま、抵抗値でグループ分けしてダイソープラケースの部品引き出しに入れています。そのうちご紹介します。

2005-04-27

自作ミニアンプ

|  自作ミニアンプ - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  自作ミニアンプ - 電音の工場ブログ  自作ミニアンプ - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

使用している工具について語るシリーズ。第12回はダイソースピーカに入れた自作ミニアンプ

f:id:Chuck:20050221074250:image

ギターでもシンセでもちょっと音を確認するときに便利な自作ミニアンプ。LM386一発の簡単な奴だが、ダイソーで100円で買ったスピーカにボリュームとともになんとか収めてみた。あいにく乾電池までは入らなくて、ランドセルを背負うような形になってしまったうえに、その重さで転ぶものだから、ミシン用のボビンで倒れないようにしているというシロモノ。

最初は練習用アンプとして製作したのだが、いろいろとエフェクタを試すうちに冶具としての地位を確立してカレコレ数年。当 電音の工場*1でもっとも活用頻度の高いものとなっている。

10kΩの可変抵抗器で受けてLM386一発なものだから、実は入力インピーダンスが高いとは言えないのだけれど、そしてそれによって前の回路に影響を及ぼしちゃうことも当然あったりするわけで、じゃあ FETで一発バファリングすればと言われれば全くそのとおりで、筆者も同じことを感じて作ったりしたものの、作った奴を妙に気に入られてしまって、人に持っていかれちゃったりする中で、こいつは数年ずっと手元に残って活躍中である。

回路図はこちらに id:Chuck:20040615#p1

*1:「でんおんのこうば」と読んで欲しい。

takedatakeda2005/04/27 18:34お、でたでた。
お気に入りアイテムなのだ。いつか真似しよっと思ってた奴。真空管のエフェクタが思いがけず、思ったとおり動かない。ちぇって感じ。ヒーターとかキライだ。
連休は、春までに仕上げるはずだった、真空管のパワーアンプ遣ってそうな気がす
る。それまでに、コーラスをかっこつけなければ...

ChuckChuck2005/04/28 15:58ひそかに人気のアイテムです。

2005-04-09

BOSS RC-20 ループステーション

|  BOSS RC-20 ループステーション - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  BOSS RC-20 ループステーション - 電音の工場ブログ  BOSS RC-20 ループステーション - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

使用している工具について語るシリーズ。第11回はBOSS RC-20 ループステーション

f:id:Chuck:20050221074220:image

演奏した音(ギターでもシンセでもボーカルでも)を記憶しておいて呼び出したり、オーバーダブしてサウンド・オン・サウンド したりするためのエフェクタ

なぜこれが工具なのか?

ループステーションを自作したエフェクタや拾ってきたエフェクタに繋ぎ、あらかじめ記録しておいたギター音をループ再生することによって、ギターを持たずエフェクトの操作や調整に集中できる、というわけで立派な工具・冶具といえる。同じ演奏が繰り返されるわけで、タッチの違いも出ないし、演奏再現性という意味では完璧である。

取り回しを考えると、ひとたびギターを抱えるとスムーズにハンダゴテ作業と試奏とをいったりきたりできないが、こいつがあればそういう心配はしなくて良い。というかギターを抱えるときは演奏に集中したい、はず。

そのはずなのだが、このループステーションが活躍すればするほどにギターを取り出す頻度が落ちているような… 本末転倒とはこのことであろうか。

ところで、とても便利に使っているのだけれど、GKモノのエフェクトのチェックをするときは 7ch分をつぎつぎと繋ぎ換えなくてはいけなくてそれはそれで大変で、「それなら」と。GK-2Aをつけたギターを引っ張り出してきてしまう。あるいはもう6個買おうかなぁ(おいおい)。

r0r0r0r02005/04/10 00:08むむむ・・・このような便利グッズが。
さては本末転倒へのお誘いですね?!

@りま@りま2005/04/10 09:47本末転倒・・・素敵ですね。けど、あと6個買うという米国物量作戦的な発想も平和利用なので(家庭内争議には発展するか?)大賛成です。確かにギターとコテは同時に持ちにくいですね。持ってますが(震)。

ChuckChuck2005/04/10 15:28私んとこは今や虎の子のギター1本なので、傷がついたりコテで焦げると泣いてしまいます。ということでループステーション。しかし7ch分をやろうとすると7台並べるよりもMTRの方が収まりがいいでしょうね。

takedatakeda2005/04/11 16:12むー。昨日、マーシャルのなんちゃってコピーヘッドアンプいじってて自慢のレスポールジュニア(の国産コピーモデル)ぶつけた。ラッカ塗装がはげたぞ。どーしよ。多分、ここからポロポロ剥けちゃう。
マーシャルのヘッドホンアンプ、入力の感度、4割増に改造。凶悪に歪むかといえば、なんか、以外に素直な感じ。もっと凶悪にいかねーかなー。
ギータ弾いてて、なんか、こー、もっと、ここが、グーっととか言いながらふた開けちゃってたり、図面引いてたり半田ごて暖めてたりぶつけてたり。なんか寄り道が多くて...
このヘッドアンプは、図面類まだ未公開なんですよね。電源トランスとかも市販のものだからあれかも。
25V35mAという変な電源トランスジャンクで拾ったっす。コンデンサマイクの電源作るのに、倍圧整流しようとかおもってたんだけど、これで、低めのプレート電圧で作ると真空管エフェクタ組めますね。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20050409

2005-03-22

自作 実験用パネル

|  自作 実験用パネル - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  自作 実験用パネル - 電音の工場ブログ  自作 実験用パネル - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

使用している工具について語るシリーズ。第10回は実験用パネル

f:id:Chuck:20050307092404:image

バラックで実験するときに可変抵抗器やジャックをぶら下げておくと、ショートして回って危険だろうと思い、自作。L字に折り曲げたアルミ板をかまぼこ板に貼り付けて、起き上がっているほうには可変抵抗器とジャックを取り付けている。ここからワニ口で電線を引っ張り出して回路と結んで実験している。

かまぼこ板はサイズがほぼ規格化されており、木ネジが効く。100円ショップの木片はネジが効かなかったりするので、かまぼこ板の足元にも及ばないのである。電子工作において かまぼこ板は定番品であると言える。古くから数多くの作例中にあらわれる。かまぼこ板を上手に採取するためには、まずじゅうぶんに注意してかまぼこを切り取ることである。包丁で板に傷をつけてはならぬ。その後亀の子タワシで磨き、天日で乾燥させる。天日乾燥の工程を甘く見ると、後々までほのかな生臭さに悩まされることになる。

なお、紀文の板よりも鈴廣の板の方が高音質である*1。一般に古いものほど良い*2とされるが、年代により若干の変動があり、1956年の作のものはマニア垂涎*3。最近のものであってもときおりアタリがあるので、各自実験のうえ試されたい。まれにワシントン条約批准前のものがあったり*4して、アメリカ国内を車で探し回るバイヤーもいるという*5

電子工作以外ではこんな使い道もあったりするようで、素晴らしい。

*1:冗談ですよー。

*2:冗談ですよー。

*3:冗談ですよー。

*4:冗談ですよー。

*5:冗談ですよー。

toruitorui2005/03/22 23:43ビンテージな板には、プレミアがついたりして。
実家のジャンク箱には60年代の夕月の板があったはず。オールドだ。
関西の雄、カネテツの板はどーでしょ?ブルースに最適かも??

@りま@りま2005/03/23 08:13ボ・ディドリーモデルのギターボディは、昭和20年代にカネテツ(当時は「兼徹練物公司」)がキャンペーン用に製作した大蒲鉾の板を使用しているそうです。

ChuckChuck2005/03/23 08:34おお、意外とこのネタが受けている。
しかし、実物もあったわけですか。さすがカネテツ。ていうか昭和40年代までは多角というかマルチというかどこもかしこも楽器(エレキやシンセ)やったりしてさぞ面白い時代だったでしょうね。

toruitorui2005/03/23 22:44ボ・ディドリーモデルっていうと、あの四角いヤツですか?
言われてみれば、カマボコ板そのまんまですなー(デカイけど)
カネテツというと中島らも氏の顔が浮かんできて、いまだに涙が出る。

ChuckChuck2005/04/05 13:41ブルースブラザーズ2000 のビデオみて、あらためて ボさんのギターをまじまじと見てしまいました(一時停止してね)。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20050322

2005-03-17

リード線折り曲げ器

|  リード線折り曲げ器 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  リード線折り曲げ器 - 電音の工場ブログ  リード線折り曲げ器 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

使用している工具について語るシリーズ。第9回はサンハヤトのリード線折り曲げ器。

f:id:Chuck:20050111094609:image

電子工作をするときに万能基板(蛇の目基板)を使うことは多いと思う。昔々はいろいろなピッチ(ランドとランドの間隔)のものがあったようなおぼろげな記憶があるが、最近はいわゆるICピッチに合わせたものが一般的だ。インチ(約 2.54cm)の単位が基本になっていて、その1/10 (約 2.54mm) の幅でICの足が並んでいる。もちろんそれを外れるものも存在するし、「日本人はメートル法だろう」と 2mm 間隔とかでICを作ってももちろん構わないのだけれど「例外」の範疇に入れられてしまうと思う。

で、ICはそのままささるから問題ないが、周辺の抵抗器やコンデンサやダイオードは足のリード線をこの間隔に合うように曲げることになる。ランド3個分の幅 とか 4個分の幅 にあわせて曲げるわけだ。

が、意外とメンドクサイ。

指の覚えている感覚的な間隔でエイヤっと曲げると、筆者などランド3.5個分になってしまったりしてしまう。長さが合わない状態で無理やり挿すと部品にストレスがかかって良くないことがあるので、片側を曲げなおす羽目になる。これを何度か繰り返すとリードが折れる。基板に部品をあてて「こことここを曲げればいいのよね」とかいうやり方は確実だがメンドウクサイ。

ということで、このリード線折り曲げ器。幅4個分 のところの溝にあわせて部品を置いてクイっと曲げるだけ。簡単。足に膨らみを持たせて部品を基板から浮かすようなキンク処理もできたりする。

450円ぐらいで買った。一個一個計りながら曲げていたことに較べれば安いものだ。キンクを省けば、木片を適当な寸法で切り出しての自作も可能だと思う。450円をケチろうというムキには自作もおすすめ。

追記

(2006年6月現在) メーカでは生産終了したという話。本当だとしたら残念だなぁ…

2005-03-13

ディジタルオシロの波形取り込み

|  ディジタルオシロの波形取り込み - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  ディジタルオシロの波形取り込み - 電音の工場ブログ  ディジタルオシロの波形取り込み - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

*1

テクトロのオシロスコープにコミュニケーションユニットを載せてあるので、RS-232cでパソコンと繋いで、波形を取り込める。後述のモジュールをインポートした Excel文書でマクロを動かす*2だけで良い。

何年か前に別のPCでやっていたのだが、PCを替えてからはしばらくやっていなかった。今回久しぶりに波形取り込みをやろうと、ファイルを探し回った挙句、シリアルで接続しようとしたらクロス変換が必要だったりとドタバタ。

ようやく環境が整った。

EasyComm

http://www.activecell.jp/download/index.htm#EasyComm

VisualBasicやOfficeなどに付属するVisualBasic for Applicationsを利用して,RS232Cポートをアクセスするためのモジュール

便利なツールをフリー配布していただき、製作者の木下さん(http://www.activecell.jp/)に感謝いたします。

このEasyComm使いたさで、シリアル出力の付いたテスタが欲しかったり…*3

*1:別グループで書いたほうが良かったかも。

*2:使用しているPCは MS Officeはあるが Visual Basic はインストールしていないため。

*3:本末転倒。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20050313

2005-03-05

AVRプログラマ

|  AVRプログラマ - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  AVRプログラマ - 電音の工場ブログ  AVRプログラマ - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

使用している工具について語るシリーズ。第8回はAVRのプログラマ。

f:id:Chuck:20050111145032:image

自作AVRプログラマ、ATMELのアプリケーションノート AVR910 に載っていたものを組み立てた。

筆者は、音楽関係の工作でのワンチップマイコンにはATMELのAVRを使うことが多い。アーキテクチャ的にシンプルで、ワールドワイドに調達でき、gcc が使えることがポイントとなっている。アセンブリ言語で組むときはPICを使うこともあったが、最近はご無沙汰だ。gccが使えないことが大きい。秋葉原で調達しやすいH8や最近話題のR8Cは日本国内限定品なので、筆者的には採用禁止部品である。海外から問い合わせがきたときに困ってしまう。

ということでAVRなのだけど、秋葉原での調達は先細り気味で行く末が不安である。加えて秋葉原で安く買えるものはすでにディスコンになっているもの*1が多い。世界の趨勢の標準品*2は秋葉原にはあまり見られないかあっても高価だ。筆者個人としては通販で買えばいいのだけれど、部品調達の敷居が高いと追試者が現れないだろうなぁ。ただでさえ居なさそうなのに。ということで本家サイトの記事は英語にしてある。

と、話がそれたがこのAVRプログラマ。AVRマイコンを使うときにはいつも活躍している。先日のMIDI FX SW'er にも使用した。

大変便利なプログラマなのだけれど、問題は、このAVR910にてAVRマイコンを使用しており、組み立てるのに別にAVRプログラマが必要なことであろうか。

*1:レガシーAVR

*2:megaとかtinyとか。

r0r0r0r02005/03/07 18:411チップマイコンでプログラムするというのはパソコンでいうところのデバイスドライバを作るような作業になるのですか?興味はあるのですけど敷居が非常に高そうで・・・・^^;

ChuckChuck2005/03/08 07:00「パソコンでいうところの」が 「OS(Winなど)上のお約束に従って」という意味であれば Noです。ワンチップマイコンではもっと自由度があります。しかし、デバイス(なんらかの装置)をドライブ(動かす) ものをプログラムするという意味では Yes です。趣味のワンチップマイコンプログラミングでは、その「なんらかの装置」も自分で製作することがほとんどですので、ハードもソフトも自分の管理下において遊ぶことができます。なんか持って回ったような言い方ですみません。
ところで、3月10日発売の雑誌 トランジスタ技術 (http://www.cqpub.co.jp/toragi/) に R8C というマイコンの載った基板が付録されるとのことです。個人的には記事中に書いたように R8C はイマイチに思っているのですが、敷居を下げるには手ごろかもしれませんよ!

r0r0r0r02005/03/08 20:39前者の意味で質問しました。
とりあえず、使えるかどうかは別にしてトラ技買ってみます。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20050305

2005-02-27

関数電卓 ― HP49G

|  関数電卓 ― HP49G - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  関数電卓 ― HP49G - 電音の工場ブログ  関数電卓 ― HP49G - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

使用している工具について語るシリーズ。第7回はHP 49G 関数電卓。

f:id:Chuck:20050111094416:image

仕事柄 関数電卓が欠かせないのだが、その関数電卓はシャープ派とカシオ派が二大勢力だ。筆者は学生のときからポケコン*1、関数電卓はシャープのUIに飼いならされてしまっている。

が、飛躍をしたくなって買った HP 49G。アメリカに行ったときに買ったら日本よりほんのちょっと安かった。逆ポーランド記法でできる賢い関数電卓というつもりで買ったが、機能豊富でそのポテンシャルをまったく使いきっていない。もったいない。

どこぞのホームページにあったプログラムをPC経由でこの電卓にダウンロードしてポーカーゲームなどできるようになってしまっている。いつか時間をとってこれのプログラミングもいじってみたいものだ。

*1:PC-1401から始まって新機種が出るごとに買い換えていたが、PC-1470Uでようやく止まった。

r0r0r0r02005/02/27 06:11初めて就職したときに、使えもしないのにHP-12Cを上司に頼んで会社のお金で買ってもらいました。案の定使いこなせないままどこかにいってしまいましたw

suikansuikan2005/02/28 16:50学生時代、後にも先にも一度だけねだったモノがHP-15Cでした。今でも現役です。HP-42sも持っていてお気に入りです。

ChuckChuck2005/03/01 06:53急激に新しく電卓が欲しくなりました。職場におきっぱなしの電卓が15年選手で、所有印には太古の部署名と私の名前が。もはや海外通販しかない(?)HPもひかれますが、40周年記念のシャープにもひかれます。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20050227

2005-02-12

ダイソーバイス

|  ダイソーバイス - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  ダイソーバイス - 電音の工場ブログ  ダイソーバイス - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

使用している工具について語るシリーズ。第6回はダイソーバイス。

f:id:Chuck:20050111094538:image

バイスというのは万力のこと。

いわずと知れた100円ショップのダイソー、そこで売られているバイスは、しかし見た目からしてとても華奢で、とても万力のイメージは無い。底面はエアを引いて密着できるような仕掛けがあるが、まともに吸着できたためしがない。

と、いいところなしであるが、可変抵抗器のシャフトをくわえさせて動かないようにしてハンダ付けする分にはまぁまぁ使える。

いや、ネコの手(g:emusic:id:Chuck:20050122#p1)でもいいのだが、100円とはいえ買ってしまったものをムゲにはできないので…

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20050212

2005-02-04

NTカッター

|  NTカッター - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  NTカッター - 電音の工場ブログ  NTカッター - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

使用している工具について語るシリーズ。第5回は NTカッター。

f:id:Chuck:20050111094604:image

いや、なんのことはない、ごく普通のNTカッター。

昔々に横浜 石川町にエジソンプラザというお店が出来たときのオープン記念に貰ったもの。1Fにアマチュア無線ショップとマイコンショップ、2Fに電子パーツやジャンクを扱ったお店があった。すぐ近くにもう一軒アマチュア無線屋さんがあったから、この界隈はパラダイスだった。引っ越して遠くなってしまったのでここ10年以上 行っていないのだけれども。

ということで、ごく普通のちゃんとしたNTカッターなので、現在出ている替え刃も当然使える。昨年行ったいくつかの展示会で貰ったノベルティはあっという間に壊れたりして使えなくなったが、これは25年経つ現在でも全く問題ない。常に工具箱に入れてあって、線を剥いたり、薄物を切ったり、はてはアルミ板を加工(穴あけ、リーマ、ニブラ)したあとのバリ取りに便利している。

横浜の部品屋さんといえば

はてなでこんな質問もあったようだ。http://www.hatena.ne.jp/1091077117

suikansuikan2005/02/06 13:57イスラエルで女の子にカッターナイフのことを「私たちはこれをサキン・ヤパーニって言うの。日本のナイフって意味よ」と言われました。日本刀じゃないのねと念力で突っ込みを入れましたがだめでした。

ChuckChuck2005/02/07 08:06なぜそこに「日本」が出てくるのか、言語とは不思議なものです。それにしてもヒーブーはまったくわかりません。まだロシア語のほうが(って、Uゾーンを聞いていただけですが)。

suikansuikan2005/02/07 08:21カッターナイフは日本の発明だそうです。私も知りませんでした。

ChuckChuck2005/02/07 12:26なるほど。調べてみました。例えばこんなページがありました。
http://www.olfa.co.jp/cutter/category01.html

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20050204

2005-01-22

ネコの手

|  ネコの手 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  ネコの手 - 電音の工場ブログ  ネコの手 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

使用している工具について語るシリーズ。第4回は ネコの手。

f:id:Chuck:20050111094421:image

なんか異様に仕事が忙しいので工具シリーズが続く。

自作のネコの手。「ネコの手も借りたい」のアレである。

ハンダ付けをするときなど、もう一本手があったらやりやすいのに、と思うことがある。そんなときに便利。構造は簡単で、アルミの針金をくるっと曲げて、土台部と首部を作って、首部の先にクランパが付いているというもの。google:目玉クリップの方が固定が楽かもしれない。

初めて知ったのは電子工作雑誌の読者投稿欄だったろうか。目から鱗であった。その後、google:FCZ研究所 寺子屋キット で ネコの手キットを組み立てて、アルミの針金の存在を知ったが、どこで入手できるのかわからなかった。

最近は100円ショップでいろいろな太さのアルミの針金を売っているので、これを利用するといいと思う。クリップも買って、200円ほどで ネコの手を数セット作れるだろう。

しかし大塚師曰く「初心者にはあまり見せない方が良いよ。無くても何とかなるぐらいの技量をつけておかないと、使えない場面で困るから。」とのこと。確かにその通りではある。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20050122

2005-01-19

モノサシ

|  モノサシ - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  モノサシ - 電音の工場ブログ  モノサシ - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

使用している工具について語るシリーズ。第3回はモノサシ。

f:id:Chuck:20050111094620:image

以前アメリカで暮らしていたことがある。長い冬は家に閉じ込められてしまうようなところだった。はじめのうちは楽しくて雪や氷のなかあちこち歩き回ったが、ひととおり遊び終わって時間ができた。そんなときに PAiA のキットをいくつも作った。

PAiAのキットは良くできていてとても作りやすい。その説明書は懇切丁寧なものだ。特に配線については、切り出す長さがしっかり書いてあって、その長さどおりに線材を切って剥いてハンダ付けするとちょうど取り回しに必要じゅうぶんな長さとなる。いたく感心したものだ。

切り出すには長さを測らなくてはいけない。PAiAはアメリカのメーカーなので、長さはインチ法である。ということでアメリカに住んでいたときに近所の文房具屋で買ったのがこのモノサシ。手ごろな安い奴を買った。

今にして思えば、もっとしっかりしたのを買っておけば良かったとも思う。なぜなら日本でインチ・スケールのモノサシを買おうとするとなかなか見つからないのだ。東急ハンズで聞いたら「法律により売れないので取り扱っていません」と言われた。度量衡法かなんかか? 許可があれば売れないってことはないだろうけど、そのハンズには在庫していなかった。デザイン用品のお店を回れば見つけられるかな。

日本でもインチ・スケールのモノサシやノギスって欲しいよね。ICピッチでスイッチやLEDの部品を並べたものをパネルに出そうとしたらインチ基準だから。そういえば使っているフリーのメカCADもメートル法のグリッドやスナップしか選べないなぁ。

パタ!パタ!2005/01/22 07:36インチだけのスケールは確かに国内での販売は禁止(計量法第9条)です。でも、メートル目盛のスケールに、「おまけ」としてインチや寸の目盛がついてるのはハンズでも普通に売られています。ご参考まで。

ChuckChuck2005/01/22 11:00計量法ですか。ありがとうございます。ハンズも店によって品揃えがかなり違って、そこの店舗には本当に置いていなかったようです。
インチ・メートル法 換算機能つきディジタルノギスが欲しいのですが、手ごろな値段ではまだ見つけていません。