電音の工場ブログ

当ブログは…

自作エフェクターシンセサイザ製作のネタや開発覚え書きなど、筆者の電音活動を記録しています。お探しの記事が見つからない方は、検索カテゴリ一覧をご利用ください。

スパマーが来訪すると、ときどきコメントをはてなユーザのみに絞ったり開放したりすることがあります。

2006-12-02

続・MIDI2CV (ATtiny2313版) 頒布計画

|  続・MIDI2CV (ATtiny2313版) 頒布計画 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  続・MIDI2CV (ATtiny2313版) 頒布計画 - 電音の工場ブログ  続・MIDI2CV (ATtiny2313版) 頒布計画 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

// あー、秋葉原に行きたかったなー(謎、いきなり余談)

id:Chuck:20061130:p2 に対してたくさんのコメントをいただいた id:Chuck:20061130#c。どうもありがとうございます。

元々筆者の中ではADuC7026版の準備編という位置づけだったのだが、再現性を考えるとATtiny2313版に期待が寄せられるのもわかる気がする。これを中途半端な仕様で留め置かず、(デフォルト状態でも)ひとつ使えるところまで育てるのも、リリースした責務だろうと考える今日この頃。

ATtiny2313版は4-CV, 4-GATE出力できるのだけれど、4-CVになにを割り当てるのかが悩ましいところ。

基本路線としては、コントロールチェンジ(CC)はMIDI-CVをパラって増やせばエエじゃないか、というtakedaさんの言われるサンダーバード式を採用しようというものである。MIDI入力はフォトカプラのあとでパラで複数のATtiny2313に振り分ければ良いじゃんという考え。

takeda 『MIDIスルーのためにトランジスタ追加した版でPCBデザインしなおしましょうか。』

ぜひともお願いします!

で、1号機はリアルタイム演奏用特化機能、ということで、いろいろとご意見を伺って熟慮3秒、ca3080さんの

ca3080 『NOTE-Velocity-PitchBend-ModulationDepthって選択はどうなんでしょ? リアルタイム演奏チューンとして。』

という意見に同意するところである。

筆者がVelocityに拘るのは「せっかく微妙な強弱を付けられる機構があるのだから値を出しておこう」「CCとは値を引っ張る経路が違うので、NOTEと一緒に出しておこう」という考えに拠るものである。その昔Velocity固定のキーボードでMIDI入力してあとでばらつき成分を入れるのに苦労したトラウマかも… 鍵盤さばきのうまい人はVCAに繋げるんだろうけど、筆者としては「Velocity値でフィルタのコントロールをしたい」という考え。VCEG があればぜひとも繋ぎたいところ。

周りを見渡したところでは、鍵盤やギターを考えるとVelocity派で、ラッパや弓弦モノを考えると Expression派かもしれん。

takeda 『むしろ、DX7とかに繋げたアナログペダルから送る、エクスプレッションとベロシティが切り替ええられるようにしたほうが使いでがあるように思いました。ポートがいくつか余ってるので、起動時にオンオフを見るだけのジャンパピンつけても良いかなとかちょっとおもいます。』

切り替え対応というのは、詳しくない一般ユーザのことを考えると消極的なんですが(当ブログにご意見を寄せてくださる皆様についてはまったく心配しておりません)、仕様が確定しない場合の実装としてはアリですね。CV値の切り替えよりはMIDIチャネルの切り替えをまずやるべきかなと思うわけで、それをやった上で考えようと思います。懸案事項はコードの領域をダイエットしないと入らないかも知れないという点と、一部ISP端子と共用になってしまうので、書き込み時に注意しないといけない点でしょう。

CV/GATE出力仕様

MCV-2313-Aと命名 (リアルタイム版)。

発音後着優先モノモード
CV0NOTEGATE0NOTE ON/OFF
CV1Pitch BendGATE1CC#40h (Hold 1)
CV2切り替え式
Velocity または
CC#0Bh (Expression)
GATE2CC#42h (SOSTENUTO)
CV3CC#01h (Modulation depth)GATE3CC#43h (Soft Pedal)

こんなところかなー。切り替え式を捨てるときは Velocity固定にします。MIDI ch切り替えとCV1切り替えを入れてももう1ピン余るので CV3もあとで切り替えたくなるかも…

GATEの割り当てに関してはアイディアありませんか?

task:9:107

開発項目
  • 後着優先
  • コードダイエット
  • MIDIチャネル切り替え機能(起動時にディップスイッチを読む)
  • CV1の値切り替え機能(起動時にディップスイッチ/ジャンパを読む)
その他のご意見

r0r0 『ファームを書き込むだけなら手伝いますよ>頒布』

ぜひともよろしくお願いします。書き込みチェック用の冶具を設計していただくのも嬉しいかも (^^;

所長 『CV>MIDI(ぉ
とりあえずCVは純粋にピッチだけ、GATEも単独で・・・のMC-4式が使いやすいです。パラメーターよりもポリのコンバーターのほうがいいかと。』

ポリフォニックのMIDI-CVは却下です~>所長

アサイナを考えると入りません。MCV-2313-A をパラって並べてもらってオムニモードで使っていただくのがいいかなと。

CV-MIDIは、ほう、ピッチとGATE独立で良いすか? そうするとMIDI NOTEに載らないけど…

追記

前述のテーブルで CV1 と CV2 の内容を入れ替えた。

所長所長2006/12/02 23:08あ、間違えたorz


えーと、MIDI>CVの話です、CVとGATE独立ってのは。それもポリの話で・・・。

ポリが没になったのでなしの方向ですね・・・。

アルゴ算法堂アルゴ算法堂2006/12/03 15:38Gateの割り当てですが、モノだから、多分、ソステヌートとソフトペダルは不要で、代わりにPortamentのon/offはどうでしょうか。
あとひとつ、余ってしまいますね。個人的な趣味としては、F8(MIDI CLOCK)がきたとき、1mSの出力とかにすると面白いと思っていますが、特殊すぎるかも。

ChuckChuck2006/12/03 18:06アルゴ算法堂さん、コメントありがとうございます。
ソステヌートとソフトペダルに関してはおっしゃるとおりです。モノでは割り当てどおりの使い道がありません…
実はPortamentoのON/OFFはPortamento Contorolと併せて当初考えていたのですが、takedaさんのリジェクトもあり、そもそも試作基板に切り替え回路が載らなさそう(土地面積から)になったために断念してしまいました。PWMでフォトカプラを駆動するとちょうどいい感じになるので、コントロールチェンジ専門版で試したいとは思っています。
F8で1msec幅パルスというのも同じこと考えていますね。今回はスコープからはずしていますが、システムリアルタイムメッセージ専門版でMIDI同期LFOと併せて搭載したいです。

r0r0r0r02006/12/03 22:25>書き込みチェック用の冶具
なるほど、1台作ってしまうのが吉ということですね?

ChuckChuck2006/12/04 04:21そうなんです。PWMでLEDの明るさがじわっと変わるぐらいのチェックで良いような気がしています。

takedatakeda2006/12/04 18:42>takedaさんのリジェクト
あ、ごめん。僕は、マスターTune/ベンド/ポルタメントをまとめたモジュールを組み立ててあるんでいらねーとか思ってはいたんだけど、RJBさんのベンド-コミなMIDI-CV使ってみたら、思いがけず、こりゃいいぞ、と3分で宗旨変えしてました。リアルタイム演奏に有ったらいいパラメーターという意味ではポルタメントもCVコンバーターが持つのはアリな気もし始めてます。ポルタメントタイムをいれるとしたら、外れるのはなんだろ。ベロシティかエクスプレッション?やってみなきゃわかんないことってあるよねーって、もう遅せえ?
>MCV-2313-Aと命名 (リアルタイム版)。
しまった、「MIDICV-2321」とレタリングしちゃった。MIDIスルーは、以前、フォトカプラオリンピックのときにご紹介いただいた、
http://m.bareille.free.fr/midithrubox/midithrubox.htm
だと、ゲートが必要だし。1個しかつかわねーし。
http://www.aleph.co.jp/~takeda/radio/takedanote/img/MIDI-IF-schem.gif
のQ1、2回りを切り張りしようかなと思ってます。なにか、他にもいい回路がありませばご紹介ください。

takedatakeda2006/12/04 23:18そのごちょっと妄想膨らませてました、Master Tune / Master Modulation / Bend Depth / Grid Ctrl のモジュールを使わなくてよしなら、それもありな気分で、特にマスターチューン関係は、VCOを戻して、自動チューニングとか、もテーマとしては有益そう、EGとか、LFOとかのらねえかなとかとかとか考えてくと、結局、RJBさんのkamuiの仕様とカブっちゃう。
仕様を膨らませすぎて冬休みの工作に間に合わないのは不本意っす。安価でこれから、シンセやってミヨーっと言う人にお薦めの小粒でピリッと来る版という方向にしたほうがプロジェクトとしては参加者も沢山募れるカモで良いかもな気もします。

ChuckChuck2006/12/05 07:40どうもです。「takedaさんのリジェクト」よりもドロップしたのは「外部回路が必要だがとりあえず私の検討基板にはもう載らない」というのが大きいです。
PortamentoがMIDI-CVにあるとマスタキーボードから量の調整が出来る、モジュラ・シンセまで手を伸ばして演奏しなくて良いのでうれしいかと思います。そしてやはりPWMでやるからにはフォトカプラをドライブするのが良いですよね。しかし今回CVは4つまでの制約の中では割りきってドロップし、Aはこれ一台で何とかなる手弾き演奏想定版として、Note/Pitch/Vel or Exp/Mod というセンで固定しようと思います。
Portamento機能自体はアナログ的にはKey CVに高抵抗とバッファを挟むだけなので、その気になれば入れられるということで。
kamuiは音を出力するという展望だと理解していますので、また別の指向性かと。しかし、ひとつのパワフルなマイコンで行くか、安いマイコンを並べるかどちらも面白いテーマだと思います。MIDIに関していえば、ATtiny2313版でやってみた印象としては、モノフォニックなモジュラ・シンセ用途ではメッセージのローカル性がどうやら高いようなので、小さなマイコンをたくさん並べるのでもエエじゃないかと思います(みんながそれぞれパーサを抱いていても)。
その一方でCV出力設定をUIから変更できるとかいうあたりを考え始めると、大きなマイコンで情報を集中させるのがいいということになるかもしれません。ということで、ADuC7026版MIDI-CVもまだ捨てずにいようかなと。

ChuckChuck2006/12/05 07:45ということでATtiny2313版をたくさん並べるかもしれないので、MIDIのパラアウトが複数取れるプリント基板パターンがうれしいですー。

ChuckChuck2006/12/07 08:17Portamentoドロップ と言っておきながら、もう1ピン使えそうなのでModulation Width/Portamento Time の切り替えにしようかという気がフツフツと… バリエーションを考えたのですが、コメント欄では小さいのでid:Chuck:20061208にのちほど書きます。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20061202