電音の工場ブログ

当ブログは…

自作エフェクターシンセサイザ製作のネタや開発覚え書きなど、筆者の電音活動を記録しています。お探しの記事が見つからない方は、検索カテゴリ一覧をご利用ください。

スパマーが来訪すると、ときどきコメントをはてなユーザのみに絞ったり開放したりすることがあります。

2005-05-15

新版のMIDI同期LFOの構想

|  新版のMIDI同期LFOの構想 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  新版のMIDI同期LFOの構想 - 電音の工場ブログ  新版のMIDI同期LFOの構想 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

RJBさんが MIDI同期LFOの仕様を考えておられる(http://rjb.cocolog-nifty.com/blog/2005/05/midilfo_11ee.html)ので、筆者としては新版の構想を考えてみる。

基本路線は id:Chuck:20050515#p1 を踏襲しつつ、次の変更を加えたいと考えている。

  • 正弦波出力は二重積分法で演算生成する
  • 初期位相は 0°~ 360° 連続可変
  • LFO波形に鋸歯状波を加える

演算によりLFO波形を得るというのは、Rossler や Lorenz*1の Attractor の Chaotic *2LFO へ繋げたいと考えているためだが、実装できるかなぁ?

*1除算あり。 誤り訂正。

*2http://astronomy.swin.edu.au/~pbourke/fractals/lorenz/

geniegenie2005/05/15 13:53おお楽しみっ! BlackFinの出番かな?

ChuckChuck2005/05/15 15:31Chaotic LFO は Mega AVR での実装を考えています。乗算器を内蔵しているのでできる範囲が広がるだろうと考えています。

RJBRJB2005/05/15 23:16うわぁ~すごいスペックですね!じゃ僕は、手抜きスペックの方で!?
3連系は1拍or2拍(2拍3連)で同期すればまぁいいかと思っていましたが、5拍子までは、眼中にありませんでした(笑)。
向ヶ丘遊園♪向ヶ丘遊園♪・・・

ChuckChuck2005/05/16 06:55AT90S2313 を使っていたものの、拍数を増やしたら溢れてしまいました。じゃ AT90S8515 にしたら、今度はたくさん入るので仕様が膨れました (^^; 厳選して 2313クラス(PICなら 16F627/628クラス)に収めるのが美しいかと。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20050515