電音の工場ブログ

当ブログは…

自作エフェクターシンセサイザ製作のネタや開発覚え書きなど、筆者の電音活動を記録しています。お探しの記事が見つからない方は、検索カテゴリ一覧をご利用ください。

スパマーが来訪すると、ときどきコメントをはてなユーザのみに絞ったり開放したりすることがあります。

2005-05-05

山下シンセ ― 製作進路

|  山下シンセ ― 製作進路 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  山下シンセ ― 製作進路 - 電音の工場ブログ  山下シンセ ― 製作進路 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

1970年代に初歩のラジオに連載された山下春生氏による「ミュージック・シンセサイザーの回路から製作,徹底ガイド」をなぞる形で製作している。VCOを作り、鍵盤の製作はスキップしたが、EG基板を作り、この連休中にはVCAを2枚組んでしまいたいところだ。

連載によれば次はいよいよVCFなのであるが、その前にやはり MIDI-CV を作っておこうかなぁと思い始めた*1。で、MIDIモノをいじるならついでにMIDI同期LFOも同一パネルに組み込んでしまおう、と。LFOならヒカリモノ(id:Chuck:20050430#p1)も活かせるし。

先日のMaestro Filter S&Hと組み合わせるにはもうひとてま必要になるけれど([MFSH])。id:r0r0さんの背中を無理やり押そうというものではありませぬ (http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20050423#c)。

2年前にRoger Linnの AdrenaLinn に感化されて、勢いで実験したけれどその後放置してあるMIDI-LFOの資料がコレ(zipped)。以前Genieさんの求めでパッキングしてWEBサイトに置いたのがそのままになっていたので、URI再掲。

5,6月は仕事が忙しいはずだが、現時点では考えないことにしよう。

ところで梅雨に入るとパネル塗装に厳しい季節になるわけで、パネルを優先させるのが吉と知りつつも、動く基板がないとパネル作りに萌えないので、段取りはこの際無視で。

*1:デバイスには落合さんのところで買った ATmega88を使おうと思う。

r0r0r0r02005/05/06 11:51すいません、お手数ですがLFOPACKの中のビースケ用ライブラリAT90S2313とDIN-5Pが入っているものも揚げて頂けませんでせうか??
回路がわかったところで、「??」なことには変わりないのですけどw

ChuckChuck2005/05/06 12:12ライブラリは http://www.apony.com/elec/ こちらの AVR用だったような記憶です。DIN-5P は私のほうでも PC入れ替え時にどこいったかわからなくなってしまいました。これはただのコネクタですので、深く考えないでください (^^;
(BSch3V に移行中…)

r0r0r0r02005/05/07 01:32ありがとうございます。見ることができました。

ChuckChuck2005/05/09 07:52MFSH の MIDI同期化にどのAVRを使うか、現在悩み中です。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20050505