ペイント方法

ペイント方法

プレゼンテーション

How to Paint

作・id:Chuck

プレゼンテーションモードでは、キーボードの j を押して進んでください。

前のページに戻るときは k を押してください。

  • アルミケースへのペイントの方法
  • 重ね塗りをする場合の注意事項

アルミケースへのペイントの方法

必要な材料

ケース、メタルプライマ、塗料、アルミ針金、タワシ。ほかに紙ヤスリ、新聞紙やガムテープも。

メタルプライマは必須! 写真はアサヒペンの非鉄金属用「メタルプライマー」。他に「スーパーマルチ ミッチャク剤」など。

磨いてヤスる

全体を磨いて汚れを落とす。紙ヤスリでヤスって、表面に塗料が乗りやすくする。

電動サンダーがあるとヤスリ作業がとても楽。

中性洗剤で水洗いしてヤスリかすを洗い流し、乾燥させる。手脂がつかないように注意。

ワイヤで浮かせる

じか置き塗装→べったりと張り付く。

ワイヤや木片で浮かせる。

ケースの向きをかえるときにも便利。

可変抵抗の回り止めを塞ぐ

可変抵抗の回り止め穴を塞いでおいた。

気分の問題。

薄くスプレイを繰り返す

周囲を古新聞紙で養生して、薄くスプレイを繰り返す。

吹きすぎて垂れないように気をつける。

じゅうぶんに乾燥させる

数時間置く。ホコリが付着しないように箱をかぶせるとGood。

乾燥には1週間ぐらいは置いてから、その後の作業を行ったほうが良いようだ。

完成写真


重ね塗りをする場合の注意事項

あとから吹いた塗料の溶剤が既にある塗膜を侵し、塗料の種類によって上塗りが出来ないことがある。

重ね塗り塗装の手順

後に写真を掲げるシンセ用パネルでは、筆者は次のように塗装している。なおこれを行った季節は夏である。

下準備

  • 表面をオービタル・サンダでやする
  • 中性洗剤で洗う
  • メタルプライマ、「スーパーマルチ ミッチャク剤」を缶スプレイ
  • 乾燥

塗装

  • 一部マスクし缶ラッカー(赤)をスプレイ
    • 数十分後にもう一度 缶ラッカー(赤)
    • 数分後にマスクをはずす
  • 数時間乾燥
  • マスク位置を換えて缶ラッカー(紫)
    • 数十分後にもう一度 缶ラッカー(紫)
    • 数分後にマスクをはずす

再塗装 (上記をもう1セット)

1週間ほど乾燥

ラッカーは溶剤が抜けぬのに時間がかかる

スクリーン印刷にて文字入れ。

塗料は「アクリル・ガッシュ」(水性)。

1週間ほど乾燥

2,3日で良いと思うがよく乾かすと強くなるので。

クリアを吹く

  • 使用したのは「タミヤ アクリル塗料(水性)」
  • レタリングも同種であり、勢いよくスプレイすると文字が溶けて流れてしまう恐れがある
  • そこでエアブラシを用いて、濃度を調整し、薄く吹くことを繰り返した

1週間ほど乾燥して塗装完了

VCA+EG panel