電音の工場ブログ

当ブログは…

自作エフェクターシンセサイザ製作のネタや開発覚え書きなど、筆者の電音活動を記録しています。お探しの記事が見つからない方は、検索カテゴリ一覧をご利用ください。

スパマーが来訪すると、ときどきコメントをはてなユーザのみに絞ったり開放したりすることがあります。

2011-01-20

555 VCO動きました

| 555 VCO動きました - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク - 555 VCO動きました - 電音の工場ブログ 555 VCO動きました - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

先日の件。

f:id:Chuck:20110114071341j:image

(中略)

今回の回路もおおもとは山下シンセであり、聞いた話を総合する限りでは この回路にCMOS版555 を用いると生じる現象なのではないかということに現時点でなっている。確かにLMC555を使用している。

ではバイポーラに差し替えを、と思ったら手持ち部品が切れていた。

移植 - 電音の工場ブログ - E-Musicグループ

回路はtakedaさんこちら→Harvest Experimental Schematics


現在部品や試作基板の整理を進める中で発掘されたAMS-100、そのEGNE555を認めたので差し替えてみた。マウント済みのLMC555は、先日購入したステーション型のハンダ吸取り機を使ってサクっと抜けましたですよ。

で、差し替えたらあっさり下まで発振した。完了。

いや、いや、いや。

このVCO基板―ブレッドボードで実験したけれどそのまま3年間忘れて放置してたら秋月からいい感じの基板が出てきたのでハンダ付け実装してみたはいいけど上手くいかなかったもののCMOS555をバイポーラに換えたら動き出したところで入力CV加算器もオクターブ調整機構もないこのVCO基板―をどう処遇したものか、と。

  1. 温度補償機構のない Chuckの5Uモジュラ・シンセVCO基本部の差し替え
  2. 発振周波数を低い側に設定してVC-LFO化してモジュールのひとつに
  3. 独立した発振冶具にする

こんなあたりを考えてみた。

ここんとこMIDI-CVとか作っているので3番あたりがいいかなぁと考えるに、最近の趣味の電子工作や電音活動においては外で動かして見せるようなシチュエーションが増している。秋葉原のファミレスで、横浜のビアホールで、巣鴨の貸しオフィスで音を出し、波形を確認したい欲求が高まっているわけだ*1

この±15Vで設計されたVCOを外に持ち出すことはできるのかっ

要するに電池駆動って話ですよ。

最近エネループが手元に充実してきているので、

  • USB給電型ブースタ(5V)→《DC-DC》→±15V
  • エネループ4本→《DC-DC》→±15V
  • エネループ2本→《DC-DC》→5V→《DC-DC》→±15V

というのは有りや無しや。

んではそもそもこのひと電流はどんだけ食ってるの?ということで測ってみたら、

電源系統消費電流
+15V系1.6mA
-15V系10.6mA

ってところでした。-15V系の消費電流が大きいのは発振の基本部だる555をGNDより下で使っているからだね。

秋月で売り始めたこのあたりで賄えそう。

次の秋葉原行または秋月通販便で買ってみて、試してみましょう。

*1:ひとさまの迷惑にならないようにしましょう

2011-01-14

移植

| 移植 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク - 移植 - 電音の工場ブログ 移植 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

部屋を整理していたらホコリにまみれたソルダレスブレッドボードが発掘された。

f:id:Chuck:20110114071340j:image,left 何の実験していたのだかまったく思い出せなかったが、回路の構成を見るとVCOに見える。しばし思案ののち、ふと、その昔こんな実験をやっていたことを思い出した。

takedaさんの Dual 555 VCO の片方だった(参考リンク:Harvest Experimental Schematics)。

かれこれ3年前! いやぁ、記録はとっておくものですね。

んでもって実は最近、秋月電子通商からこんな万能基板が発売になっていた。

片面ガラス・ユニバーサル基板(ブレッドボード配線パターンタイプ): パーツ一般 秋月電子通商 電子部品 ネット通販

http://akizukidenshi.com/img/goods/L/P-04303.jpg http://akizukidenshi.com/img/goods/3/P-04303.jpg

(写真は秋月電子通商のサイトからリンク)

この基板はソルダーレスブレッドボードと同じ配線になっていて、ブレッドボードで実験した回路をハンダ付けして固定化させるんですね。

あまり大きくない回路や回路ブロック、オペアンプ数個程度ぐらいの規模が適当かなと思う。ギターのエフェクタ回路だったら歪やトーンコントロール回路あたりで便利かも。生花にしないかぎりは出来上がりサイズも適当な大きさだし。

ということでさっそくやってみた。

f:id:Chuck:20110114071341j:image

空中跨ぎ配線もあるけれどいい感じに仕上がったと思う。さっそく試してみたら、なんか200Hzより下がおかしい。CVを下げていくと200Hzを切ったあたりからノイジーになって、さらに下げると発振停止してしまう。上はすごく伸びている。200kHz超。ブレッドボードの時の試験が甘かったのだろうか。しかし3年前どうだったかなど覚えていない。

そういえばさらに昔に山下シンセVCOを組み立てた時も同じような現象に遭遇している。

今回の回路もおおもとは山下シンセであり、聞いた話を総合する限りでは この回路にCMOS版555 を用いると生じる現象なのではないかということに現時点でなっている。確かにLMC555を使用している。

ではバイポーラに差し替えを、と思ったら手持ち部品が切れていた。

中途半端なところで一時停止…

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20110114

2010-11-22A’シンセサイザ ― Analog2.0改

VCO

| VCO - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク - VCO - 電音の工場ブログ VCO - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

VCO1

VCO1にはtakedaさんによるTB-VCOを採用した。以前ブレッドボードで遊んでいたときから気に入っていていつか使おうと考えていたがそれが5年後になろうとは。

周波数の可変抵抗器には多回転を使用。コントロールをCoarseとFineに分けないで使う。

波形出力はSAW(鋸歯状波)だけを使う。サミット2010でも「VCO1って波形は?」「SAWのみです」という会話が多々。しかしその内部には 鋸歯状波→三角波→正弦波 という変換回路が載っている。水面下の白鳥。最終変化型の正弦波(レベル固定)でVCO2をFMしようというのである。鋸歯状波はそれはそれでVCO2にソフトSYNCをかける。ツマミが3つ、波形はSAWのみに見えるこのVCO1はその実、SYNCマスタであったのである。

VCO2

VCO2にはAnalog2.0のモジュールをそのまま使う。いや、そのままではないな、CVの入力をひとつ増やしている。これはMIDIピッチベンドによる制御をもくろんでのこと。

そしてVCO1からSYNCやLinear FMでつつかれるのだが、これはもともとのAnalog2.0 VCOに用意されている機能である。すばらしい。

f:id:Chuck:20100719073804j:image VCO2

もあもあ2010/11/22 16:20完成おめでとうございます。今回もすごい大作ですね。ぜひ次回のサミットで見てみたいです。

ChuckChuck2010/11/24 06:36長文に付き合っていただき、ありがとうございます。持ち運び用に外装を作りたい気がしてきています。

2007-12-10

別版VCOの実験

| 別版VCOの実験 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク - 別版VCOの実験 - 電音の工場ブログ 別版VCOの実験 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

ようやく別版VCOを一歩進めることにあいなった。

山下シンセVCOは温度補償が入っていないので、温度補償のあるVCOも欲しいと考えている。

どうしても山下VCOのチューニングが合わなくて、波形変換部はそのままにVCO部を差し替えようかと考えている。

ターゲットはtakedaさんとこのHarvest System実験回路図集Dual 555 VCO(gif)。図面はdualだけれど、実験したのは1回路。あれ、なんでこちらにしなかったんだろう。CV加算アンプまで考えると後者のほうがオペアンプ節約できるのだけど…

これをブレッドボードに組んでみた。なんども配線間違いをしてLMC555を1つ飛ばしてしまった(涙)。0~-15V動作なうえに、555を180回転させた向きでブレッドボードしていたのを忘れて配線したのできっとどこかのステージで7番ピンを短絡させてしまったのではないかと思われる。配線を検め以前作ったこれからLMC555をはずしてきてリトライ。

f:id:Chuck:20071209070340j:image

オシロで波形を見るに至っていないけれど、発振を確認した。

2年前の id:Chuck:20051201#c1133423136で takedaさん曰く、

Dual 555-VCOは、シンクの実験が放置されたままです。

とのこと。555のアウトプットをRESETに入れる形態でVCOシンクを狙った回路。

筆者が頭で考える限りでは、555でRESET入れるとDischargeのトランジスタがOFFになってタイミングコンデンサがディスチャージされないような気がする。加えて音声波形として使っている鋸歯状波でシンクを掛けたいと思うので、タイミングコンデンサをトランジスタでショートしてディスチャージするオリジナル山下方式が良さげな気がするので、基板に組むときにはそっちでやってみようと思います。

houshuhoushu2007/12/11 00:57山下さんのVCOに温度補償をつけることはしないのですか?

ChuckChuck2007/12/11 08:30今ある山下さんVCOを改修して温度補償をつけるのが正しい姿ですね。ただ今は抵抗加算になっているCVのところにアンプも付けたくて、そうすると綺麗に改修できる土地がなくて、作り直しになるならtakedaさん版がいいかなと思いました。タイミングコンデンサ→FET→Threshold/Triggerの工夫もありますし。
山下VCOは2枚あるから、1枚は改修にトライする手もありますね。(置き換えた1枚はVC-LFOに回す)

takedatakeda2007/12/12 18:25ほかに寄り道ばかりで、ぜんぜん進んでない、555VCOだけど、オッショさんのアイディアで、PNP-NPNアンチログのかわりに、NPN-PNPアンチログに組替えて、入力を反転してさらに、反転アンプのサミングアンプを付ける、っちゅーのがあります。
ローランドの100Mシリーズの、110のVCFのCV入力回りのパクリなんだけど。
http://www.aleph.co.jp/~takeda/radio/parm/AntilogTest-schem.gif
オシレーター以前に、サミングアンプの有無でのリニアリティのチェックをやって見ようというのがねらいで、後ろのオペアンプは電流を電圧に変換する回路のツモリ。R14、R17が、電流の倍率で、数mAをボルト単位で見られるようにしたツモリです。
R2,R1で10Vぐらいでるようにしたときに、出力が10V程度出るように、R14、R17(または、R18、R15)を調整して、入力の、R8、R4の電位を1Vずつさげると、出力が、半分ずつに落ちていく、というのが想定される結果。ドライヤなどで温めれば、熱の変動も見られるかもしれませんね。
これ、本気でテストしてないので、動くのか不安なんだけど...。(実は555のシンクはなんとなくテストしてて、思った性能が出てないんじゃないか、とか、わかんないままに、放置してあるんです、早く時間作って、フォローしたいところの一つかなあ..)
この実験で、アンチログの性能を数値化できるかもと。

pcm1723pcm17232007/12/13 01:20takeda さんのテスト回路では Q2, Q4 が完全に飽和してしまって、うまく動かないと思います。
OP アンプの+入力の電位が少なくとも Vbe 1個分は必要です。 しかし、その分、出力電圧がゲタをはくことになります。
簡単な解決方法は、今はちょっと思いつかないです。

takedatakeda2007/12/15 16:49こめんとどーもですー。音がでちゃうと、気もそぞろになってなにかを数値化するのが難しくなっちゃう、(性格の問題ですー)ので、あえて、テスターだけでアンチログ回路の性能を数値化するのが狙いで、電流を電圧に変換する回路をつけたつもりでした。このままオシレーターをつなげて実用にはならない前提のつもりだったんですが、後からWebで見つけた教科書の回路を見て追加した、I->V変換回路の使い方ミスってて、動かないんですね..。うかつな回路の切り張りの落とし穴..。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20071210

2006-09-25

4069 VCO 完成

|  4069 VCO 完成 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  4069 VCO 完成 - 電音の工場ブログ  4069 VCO 完成 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

作っておいたパネルに仕込んで完成!

VCO1 横に寝転がっているが、これが今回完成した 4069 VCO。以前作って(id:Chuck:20040719#p1 もう2年前!)、その後 仮アクリルパネルに組んだ(id:Chuck:20060105#p1)、Rene Schmitz の 4069 VCO (該当ページはこちら)。
今回仮パネルから IEC60297-3ベースにお引越し。
例によってツマミに色塗った(id:Chuck:20050508#p2)けど、多回転のは軸が太くてツマミ未定。

VCO2 部品実装面はこんな感じ。カツカツですな。可変抵抗器の足も切ってしまって基板との物理的な干渉を避ける始末。
Frequency用の多回転可変抵抗器がでかすぎる。すみません、もうしません。

VCO3 部品実装面その2。CliffのCL1834 CL1384を使って基板をパネルに固定している。

VCO4 IEC60297-3ベース(なんか名前付けようっと)にマウント。
右から4069 VCOPIC Digital Noise Generator、ジャンクションユニット(製作中)、MIDI2CVコンバータ(製作中)。
スキマがあるのは気のせい、ていうか、ネジ締めでなんとかなる。

VCO5 現在までにマウントしたシンセの状態。
[黄] VCO
[緑] VCF
[赤] VCA
[紫] EG

製作記を読みたいという酔狂な方はこれでまとめ読みできます。→山下シンセ

次なる移植作業のターゲットは大昔に作ったMS-20(後期型)クローンだな。

RJBRJB2006/09/26 00:43コンパクトでお洒落に仕上がりましたね~ ぱちぱち

ChuckChuck2006/09/26 06:01ありがとうございます。この3Uのフォームファクタはとても便利です。色は…色キチでもなんでも継続していくといいことがあるかもしれないと考えて続けていきます。

geniegenie2006/09/28 14:55Chuckさん、CLIFFジャックの型番が※ってましたー。
誤〉CL1834
正〉CL1384

ChuckChuck2006/09/28 15:04ご指摘ありがとうございます。最初に間違っておぼえてそのままになっていました。慌ててひととおり修正を入れました。

ChuckChuck2006/09/28 15:04Cliff UK のカタログURLはこちら:
http://www.cliffuk.co.uk/products/25-35jacks.pdf#search=%22cliff%20cl1384%22

2006-09-19

連休の工作

|  連休の工作 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  連休の工作 - 電音の工場ブログ  連休の工作 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

できたのはレタリングとオーバーコートのスプレイのみ。なんやかんやで時間がなかった。電音外の工作もしてたし。

スクリーン印刷するのは段取りの手間が掛かるので、今回はさくっとインレタですませた。集中力がないので文字の並びががガタガタ。

その後コーティングをスプレイしようとするとなんか大雨。集合住宅の廊下にエアブラシを用意して吹いて、見てみると白濁… おお… 慌てて室内に持ち込み暖めて事なきを得るも、なんか糸埃がしっかりついているんですけど。まあ仕方ない…

VCO panel PIC Digital Noise Generator

VCOの組み込みは次の休みにできると良いな。NGはこれにて完成。手を抜いて色なし。

10月はいよいよちゃんと電源を作り直さねば…*1


Digital Noise Generator NGのレタリング前のお姿。


junction unit あ、今頃気づいたけれど、分岐モジュール と MIDI2CVモジュールも塗装待ちなのであった。また次の機会に…

*1:9月にやるには お金が尽きた。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20060919

2006-09-12

4069 VCO パネル工作

|  4069 VCO パネル工作 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  4069 VCO パネル工作 - 電音の工場ブログ  4069 VCO パネル工作 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

週末の進捗は、これだけ… ばたっ o+-<

a painted VCO panel

スクリーン印刷する元気がなさそうなので、インレタを貼ってしのぐかも…

初めて見た人向け

何で黄色かと云うと、先に作ったVCOが黄色だったから(id:Chuck:20050411#p1 とか id:Chuck:20060627#p1 とか)。って答えになっていませんがな。id:Chuck:20060710#c とかかな。

塗り方はキーワード・ペイント方法など参照してください。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20060912

2006-09-07

4069 VCO パネル工作

|  4069 VCO パネル工作 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  4069 VCO パネル工作 - 電音の工場ブログ  4069 VCO パネル工作 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

id:Chuck:20060811#p2 で改修して使えるようになった 4069VCO を 新フォームファクタ(id:Chuck:20060810#p1) に収めるべく工作を開始。id:Chuck:20060821#p1 でパネルに穴を開けておいたが、いよいよ移植作業を始めようとするものだ。

フォームファクタ移植プロジェクトは、「ノイズジェネレータ」(済, id:Chuck:20060821#p1)、「4069 VCO」と「MS-20クローンVCF」に対して行っている。

4069 VCOは、id:Chuck:20060815#p1 で到着したCliffのジャックで基板とパネルを固定しようと試みる。

  • まずは蛇の目基板のランドを有効に活かせるように基板を切り出し、
  • しかしCliff CL1834 CL1384 は 2.54mmピッチの蛇の目ランドに合わない足がいるので、ちょちょい*1と孔を開け、
  • パネルに既にあけた穴を微妙に修整…

以上の成果がこれ。

panel and circuit board 1 ざっくりとこんな感じ。基板の切断には金属用ノコギリ(手引き)を利用した。マウントスペースに既に組んでいる4069 VCO基板を親亀小亀マウントする予定。

panel and circuit board 2 蛇の目がもう一列あればよかったのだけれど、そういうわけにはいかず、ど真ん中のジャックが少し寄っている。

panel and circuit board 3 正面から見るとこんな感じ。狭い。ツマミがつくのか?
ジャックは右から、Key CV, CV1, CV2, PWM out, SAW out。
コントロールは右から Frequency(多回転VR), CV1, CV2(VRがついていない孔), PWM の予定。
CV2ではなくPWM用入力のIntensity にするという考えもあって悩み中。

*1:と、言いつつハンドバイスで作業したので手には豆が…

r0r0r0r02006/09/07 09:13ぬぉー、課、かっくいいぃー

analoganalog2006/09/07 10:03を!、クリフ・リチャード…(古ぃ)、良い感じっす。普通のミニジャックのギザギザナットって注意してても締める時にパネルを傷つけるから嫌い。
追伸:やっぱマメ作ってこそのdiyですね。

@りま@りま2006/09/07 22:13そうかあー。うーんそうかあ。
こうなるんですね。ウツクシイ。

ChuckChuck2006/09/08 07:34どうもです。昨日は写真の蛇の目基板に孔を3つあけて、本体基板を固定できるようにしました。あとはジャックと可変抵抗器を接続すればいいのですが、そのほかにもパネルの塗装とかスクリーン印刷が…

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20060907

2006-08-21

穴あけ三昧

|  穴あけ三昧 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  穴あけ三昧 - 電音の工場ブログ  穴あけ三昧 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

家に張り付きでハムを食べにいけなかったこの週末は、空き時間を見つけては穴あけをするというすごし方だった。

穴あけしたのは以下のような面々*1

drilled panels MIDIモニタの箱 と 仮パネルから移植予定の4069 VCOとMS-20クローンVCF用のパネル。

MIDIモニタ箱には 15mmの孔を5つほどあけたのだが、いやー、ホルソー楽だわ。楽すぎていい加減な固定で穴あけしたので位置ズレしていたりする*2

VCOVCFはとにかく基板も移植して様子をみた後でパネルの塗装を考えようと思う。

PICディジタルNG も仮パネルから移植した。これは id:Chuck:20051204#p1 で基板を組み立てて、id:Chuck:20060105#p1 で仮のアクリルパネルに組み入れていたもの。

Digital Noise Generator

穴あけが3箇所だけだったのでサクっと。こちらも塗装はまた後で考える。

*1:「面」とパネルを掛けている、かどうかはどうでもよい。

*2:ポンチからホルソー直。下穴をあければまた違ったと思う。

analoganalog2006/08/21 15:26久々にハム食べようと思ってましたが、私も×でした。
金もらってもあけたくないような大穴がさりげなく底面に…頑張りましたね

ChuckChuck2006/08/22 04:14はっはっは。それは電池ボックス用の穴です。上蓋にはもっと大きな穴が…

CookieMCookieM2006/08/22 21:29わらしもハムを食いに行こうかと思いましたが、行くと買っちゃいそうなので止めました。

ChuckChuck2006/08/23 07:30ぜひ買ってください! 自分は、でかいアンテナを揚げてHFに出る、というのはもう無理だろうなぁ…

toruitorui2006/08/26 20:21んでは、実家に埋没しているTS-820を発掘して、3エレ八木(21MHz帯)でもブン回しますか!

ChuckChuck2006/08/28 07:54うわー。その昔 21MHz に出ていたときは 2ele HB9CV を揚げていました。3ele は揚げられなかったなー。

2006-08-11

4069 VCO 改修

|  4069 VCO 改修 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  4069 VCO 改修 - 電音の工場ブログ  4069 VCO 改修 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

以前作って(id:Chuck:20040719#p1 もう2年前!)、その後 仮アクリルパネルに組んだ(id:Chuck:20060105#p1)、Rene Schmitz の 4069 VCO (該当ページはこちら)。実は MIDI2CV のテスト用VCOに重宝している*1

その 4069 VCOモジュール*2を眺めていて、

そういえば矩形波のPWMが効かなかったんだよなぁ

ということを思い出した。2年も不具合を抱えながら、鋸歯状波が出るからいいやと放っておかれたのであるが、今回バラックの新3U(id:Chuck:20060810#p1)への移行の一環として、見直してみた。

回路図と基板部品配置図と実基板を見る。ぢっと見る。穴が開くほど見る。いや万能基板なので孔はあきまくりなのだが、それはさておき、

トランジスタ逆じゃん orz

T3の向きを間違えていた。CBEとあたるべきところがEBCに。top view と rear view を間違えたようで、なんとか直してPWMぐりぐりできるようになりました。この回路ではT1/T2/T3全部間違えたことになる。ダサいなぁ。直したからいいけど2年越し。

*1山下シンセVCOはいまひとつオクターブが合わなくて…

*2:ラックマウントされず、バラック箱に転がっている。

geniegenie2006/08/11 18:35Chuckさんでもやっぱり逆に接続しちゃったりするんですねー。最近ヘッダー・ピンでシャツのボタンの掛け違い的な誤配線をやらかしました。

takedatakeda2006/08/11 18:464069 VCOって、実は音もいいのよね。僕のは全部国産TRで作ったけど、暑苦しい音します。耳に痛い感じがいいときは、TBVCO。普通でいいときはローランドのリセット型。

ChuckChuck2006/08/12 06:01いやいや、ポカはいっぱいやらかしています。ブログに書くか書かないかだけなんですよ (^^;)
今回新3U化で、1パネル1機能となることで、ちょっとしたものを素早くモジュールに仕上げることができれば、さまざまなVCOを試すことができるんじゃないかと期待しています。バラック実験だとついつい億劫になってしまうのです。