電音の工場ブログ

当ブログは…

自作エフェクターシンセサイザ製作のネタや開発覚え書きなど、筆者の電音活動を記録しています。お探しの記事が見つからない方は、検索カテゴリ一覧をご利用ください。

スパマーが来訪すると、ときどきコメントをはてなユーザのみに絞ったり開放したりすることがあります。

2014-04-09

最近は

| 最近は - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク - 最近は - 電音の工場ブログ 最近は - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

最近は、

  • 山下フォトカプラフェイザ
  • SMPTE-LTCリーダ
  • Shruthi-1シンセ
  • 255音ポン出し器
  • MB-32工作用電源
  • V-USB-MIDI実験
  • HA12022コンプの2個め
  • プロフェッショナルクラフツ・フランジャーの検討

を同時並行(正確にはタイムシェアリング)で回しています。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20140409

2014-01-22

オーディオ編集機材

| オーディオ編集機材 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク - オーディオ編集機材 - 電音の工場ブログ オーディオ編集機材 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

  1. 光ケーブル経由で録音
  2. カット編集
    • トラックポイントを打ち、コンテンツ分割
    • 曲の前後のアバンタイトルやらCパートや提供クレジット部分の除去
  3. 母艦PCに転送してファイル化
    • 曲タイトルをつけるなど
  4. ヘッドホンステレオ再生機(Walkman や iPod)に転送して聞く

というワークフローで、録画したアニメのOP/ED曲をエアチェックしているのだけど、この作業に HiMD を使用している。トラックポイントを打つときにリハーサル機能が使えてけっこう便利。

ところが HiMD はハード、メディアともにディスコンになってしまった。幸いソニーによる HiMDのPC母艦アプリサポートはまだ続いているようだが、Win7までで、Win8には対応していない。このままサポートもフェードアウトの予感がするし、そもそもうちの HiMD機 の動作が怪しい時が出てきた。

じゃ置き換えましょうかと。

今どきだったらいわゆるICレコーダだろうと思うのだけど、トラックポイントをリハーサルしながら打てるICレコーダが見つからない。そもそも光入力のあるICレコーダが高い。

いよいよPCでカット編しなくてはいけないかもしれない。

Win7マシンを購入したら、今はMacに繋がっていて可動頻度の低いUA101をWin7にも繋げられるようにして、波形編集ソフトを入れるかなぁ。(Macでカット編してWinの母艦ソフトに持ってくるという手がないわけではないが…)

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20140122

2014-01-16

要キンピカ補充

|  要キンピカ補充 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  要キンピカ補充 - 電音の工場ブログ  要キンピカ補充 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

33k/100k あたりを次回補充>自分

要補充

|  要補充 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  要補充 - 電音の工場ブログ  要補充 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

我が家のストックが切れていることに気がついた。

どこかのタイミングで買うこと>自分

  • 秋月Bタイプ両面ガラエポ万能基板
  • キムワイプ
トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20140116

2013-08-26

要キンピカ補充

|  要キンピカ補充 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  要キンピカ補充 - 電音の工場ブログ  要キンピカ補充 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

33k/100k あたりを補充>自分

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20130826

2013-06-03

また始めたい (その0)

|  また始めたい (その0) - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  また始めたい (その0) - 電音の工場ブログ  また始めたい (その0) - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

いやー、3月に転勤になってちょっと遠距離通勤な挙句に夜遅くまで仕事があるものだからへばっていたら、4月からは別プロジェクトの助っ人に駆り出されて、そっちの現場は通勤は楽だけどそれはそれで火を吹いているものだからゴールデンウィークの赤い日でも月-金は出社で、土日は家でリモートで仕事をしていたという、この歳にはつらい5月でした。

多少落ち着いて、今は遠距離現場と延焼現場のちゃんぽん通勤になっている。

しかし、人間、忙しいといたずらに物欲が増したり、他のことに手を出したりしたくなりますな。

部屋はしかしダンボール箱が散らかっていてハンダ付けスペースまで辿りつけない。

そんな訳でパソコン周りでちょいちょいできるプロジェクトを始めてみた。


(続く)

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20130603

2013-01-03

今年は3日

| 今年は3日 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク - 今年は3日 - 電音の工場ブログ 今年は3日 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

例年のいつもの例会。今年は3日に実施し、6人が集まった。

球の話、巻き物の話、木の話、不景気の話、シンセの話、ボコーダの話、電池の話、電子書籍の話など13時から22時前まで。

延々語ってへろへろに。体力が落ちていることを実感。

あ、宜しければELを引き受けます、お引越し前にご連絡差し上げます。

おーつかおーつか2013/01/04 19:59LFO、ありがとうございました。
ELは、押入れの底から引き上げて揃ってるか確認しておきます。

ChuckChuck2013/01/07 18:53ありがとうございます。ぜひともよろしくお願いいたします。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20130103

2012-11-21

球アンプ

| 球アンプ - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク - 球アンプ - 電音の工場ブログ 球アンプ - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

昨日の記事中

ギターアンプを作っても置いておけない(でも球アンプ作りたい)

と呟いていたが、ギター用球アンプに特化した本が出ると知ったのでちょっと前に購入した。オーディオ用球アンプ工作の書籍はたくさんあるけれど、ギター用というのは日本ではめったにない。

真空管ギターアンプの工作・原理・設計

真空管ギターアンプの工作・原理・設計

全編カラーで、記事も極めて平易に記載してあって読みやすい。この筆者の別の著作*1も読んだがこちらはピンと来なかった。しかし上記球アンプ本はなかなか良い感じである。グラフも豊富で良いと思う。最近、趣味性の高い本は、この出版社の方針は知らないけれど、比較的すぐに絶版になってしまうようなので、気になるようであれば早めに買っておくことをお勧めする。

記事中の球アンプは若松通商からキットとして販売されているようである(そしてキット中に書籍も含まれている模様)。3万円。

シャーシの加工もすでにされているようだし、ちょっと惹かれている。

*1:共著『iPodで楽しむ真空管&D級アンプ―作ってみよう&そして遊ぼう(電子工作シリーズ)』 CQ出版社, 2006年

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20121121

2012-11-20

タモリ倶楽部でファズ作ってた

| タモリ倶楽部でファズ作ってた - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク - タモリ倶楽部でファズ作ってた - 電音の工場ブログ タモリ倶楽部でファズ作ってた - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

タモリとローリーと岩尾とあと知らない人で二組に分かれて、かたや BigMuff(π?)、かたや FuzzFactory を拵えて、音出しながらちょこっと定数やトランジスタ変えて…

自分としてはここ何年もやっていない作業だ。

ギターアンプがないからエフェクタを作ろうというモチベーションが湧かないのや(責任転嫁)。ギターからエフェクタ繋いでそこからミキサに入れてもねぇ。昔はライン直結が多かったけど、やっぱアンプ通したいよねぇ。

そう、ここのところギターアンプが無い状態なのです。練習用アンプでいいからなにか欲しいな、作ろうかなと思っているところで調べてみたら、アンプモデリングとエフェクタ内蔵でUSB AUDIO I/F+パワードスピーカになるようなものが出回っているようだ。

ギターアンプ特有の中域が持ち上がり歪が少ない音をクリーントーンと呼び、AUXやPCからUSB 送りされての出音であるところのハイファイトーンと呼ぶとすると、要するに単体でクリーントーンや歪ませたギター(練習)アンプ、ポータブルオーディオやPCオーディオを接続してこっちはハイファイのまま出力、そして双方ミックスした出音を得られるということらしい。

ギターアンプを作っても置いておけない(でも球アンプ作りたい)がPCオーディオ用ということであれば置いておくモチベーションも出るのでは… 電池駆動できればアナログシンセビルダーズサミットなどのデモ用パワードスピーカにもなるし… 液晶モニタの両脇にあるPC用パワードモニタを廃して土地を作ればなんとか… ということで欲しいなぁ。

現在興味を持っているのはヤマハのTHR5THR10。ラインアウトがあれば更に良かったのだけど、まぁ、まずはお小遣いを貯めよう。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20121120

2012-11-19

部屋の整理中

| 部屋の整理中 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク - 部屋の整理中 - 電音の工場ブログ 部屋の整理中 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

毎年アナログシンセビルダーズサミットが何かしらひとつの区切りになっていて、すなわちサミットが終わると新たなシンセ/エフェクタ(DIYer)新年度が始まる感覚があって、筆者の周りのDIYerの方にも幾人かその感覚を共有していただいている。

筆者の場合、新シンセ年度が明けるとすぐに行うのは煤払い、というかサミット直前まで駆け込みで作業してる一角の片付けと掃除だったりする。出窓に立ちんぼで作業しているその一角にはハンダ飛び散り対策で養生してあってそれを張り替え、また積もった埃を拭きあげる。作業板に放置された部品や線材は、使えるものとそうでないものとを選り分ける。

また、次の工作に向けて試作基板やら作りかけの基板やらなんやらの棚卸しをする。一般機材も例外ではない。今回機能実験用に試作した基板*1をサミットで引き取っていただいた(というか押し付けた)。パッチベイ(TASCAM PB-32P)と380アンプ内蔵スピーカはtwitterで募集したが全く反応がなかった*2のでこの週末に廃棄してきた。

書籍類の断捨離はけっこう進んでいて、週末は電子ブロック本とこども向け電子工作本を手に掛けた。今は過去の要らんファイル類のスキャンをしているところ。物理的にスペースができてきたら次はCD-RやMD/DATのメディア類の断捨離が待っている。

早いところスペースを作って、宿題になっている製作や次の製作への取り組みを開始したい。

*1:CA3080+LFO、PUT-VCO、LM3900-VC-LFO、SuperEdge2

*2:リツイートいただいた方々、ありがとうございました。

GanGan2012/11/21 09:04A happy new DIYear

ChuckChuck2012/11/21 16:36CY、FY、DIY。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20121119

2012-08-15

近況

| 近況 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク - 近況 - 電音の工場ブログ 近況 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

2月から6月ぐらいの間、すっかり電子工作をサボってしまったけれど、6月中下旬ぐらいから徐々に立て直しをはかっている。ターゲットは11月に開催予定のアナログシンセビルダーズサミット。

なんと今年の会場は武道館!の近くの科学技術館!

その昔30年ぐらい前に、楽器フェアとかいうのが開催されていたのが科学技術館なのです。アナログシンセを弄りに楽器フェアに行ったものです…

何を作っているかはまだおおっぴらにはしていないのだけど、twitterの方ではときどき写真を掲載しているので見てみてください。同じ回路をいくつも作っているのでなかなかに根気との勝負で…

とりあえずマイクアンプをふたつほど作りました(まだ裸基板で箱入れしていないけど)。いずれも大塚センセのもので、「プロフェッショナルクラフツ1」からのものと「ハンドメイドプロジェクト Ver.3」からのもの。前者が組み込みで後者がスタンドアロンの想定です。


追記

10kΩのCカーブの購入には今回苦労しませんでした。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20120815