電音の工場ブログ

当ブログは…

自作エフェクターシンセサイザ製作のネタや開発覚え書きなど、筆者の電音活動を記録しています。お探しの記事が見つからない方は、検索カテゴリ一覧をご利用ください。

スパマーが来訪すると、ときどきコメントをはてなユーザのみに絞ったり開放したりすることがあります。

2017-01-11

鳩山ネコ族鳩山ネコ族2017/01/23 03:27はい、あの件ですよ。でも何故いまごろになって、、秋山クンの真意は? あの件で一番傷ついたのはステージ下で警備員に殴られた女の子でしょう。その他は無意味です。

ChuckChuck2017/01/23 07:15このあたりが発端ですかねぇ…
http://twitter.com/hirasawa/status/812632993890058241

鳩山ネコ族鳩山ネコ族2017/01/25 03:30↑でしょうね。いい歳して相変わらずリクツ後づけの勝手なこと言ってますね。当時の関係者ならムッときます。どの国でもtwitterでつぶやくだけの教祖様には敵わない。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20170111

2017-01-10

BOSS CS-1 リペア

 BOSS CS-1 リペア - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  BOSS CS-1 リペア - 電音の工場ブログ  BOSS CS-1 リペア - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

みかん箱ひとつ分ぐらいにギター用のコンパクトエフェクタが入ってる。多くは YAMAHA の PSE-01シリーズなのだけど、昔に東大阪方面から不動品とされて送られてきたCS-1やTW-1があって、年末年始休みに思い立ってCS-1をいじってみようと…

f:id:Chuck:20170206103933j:image リペア中。2017年1月7日

f:id:Chuck:20170206103934j:image 検討中の様子をもう一枚。電源が逆接っぽいのは、CS-1がセンターマイナスだからですね。2017年1月7日

コンプなので本線系とサイドチェーンと見ていって…などと段取りを付けていたが、のっけから音が出ない。電源が来ていない。あれこれやったが、結論としては刺したプラグが曇っていて接触が良くなかった。

ギター用コンパクトエフェクタではよくあるが、入力プラグのスリーブで、ジャックのリングとスリーブをショートさせるタイプの電源スイッチが採用されているので、プラグが汚れていると信号GNDと電源GNDが導通しないという問題でした。そしてとくにいじることもなく完了。

ルーパーから入力したリズム音や楽音で検討していたのだけど、エフェクト時の音量が小さいのが気になった。CS-1は改定が入っているらしく、トーンコントロールとゲイン定数の見直しが入っている模様。本線系ゲインは -10dBぐらい落とされてる。若干気になったのでトンコロはそのままで、ゲインだけ0dBにしておいた。抵抗を1本交換するだけ。

それにしてもBOSS CS-1。フォトカプラによるコンプレッションなのだけど、コンプと言いながら原音からすっかりエンベロープを変えてまったく別の音にしてしまう独特のエフェクタだよね。


回路図

検討に際して参照した回路図はこちら。フォトカプラを2個使ったコンプです。

f:id:Chuck:20170107111153j:image

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20170110

2017-01-06

お気軽にギターアンプ作りたい

 お気軽にギターアンプ作りたい - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  お気軽にギターアンプ作りたい - 電音の工場ブログ  お気軽にギターアンプ作りたい - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

1月3日以降アンプ作りたい熱が徐々に高まっている。

ギターアンプの製作に関してはインターネット上のリソースには事欠かないわけです。しかしお気軽に、物理的にも軽く作れないかなー、と考えて、オークションも面倒くさいと考える今日このごろ、アリモノの箱、入門用のスピーカユニットを使い、F特は電気で作る(プリ)、というのはどうだろうかと。

パワーアンプはD級でもいいかなー、電源はスイッチングACアダプタでもいいかなー、という緩さで。

そういえば秋月電子通商、60円のアンプIC(10W超)がたくさん種類ありますね。


参考リンク

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20170106

2017-01-05

ACアダプタの発掘

 ACアダプタの発掘 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  ACアダプタの発掘 - 電音の工場ブログ  ACアダプタの発掘 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

昨年のアナログシンセビルダーズサミットに持っていった自作テーブルトップアナログシンセ ESM-2 が、イベントの途中で音が鳴らなくなってしまった。家に戻ってきて確かめたところ、ACアダプタが死んだためだったらしい。

ビデオ担当の方が自分の仕事が終わったと認識されたときに撤収を開始していて、そこの関連ラインの電源をなんども落としてくれたのでしばしば電源喪失していたのだよなぁ。

原因がわかった安心感からか故障したACアダプタ捨ててしまったため、あらためてまともな電源で動かそうにも、EIAJ統一プラグを使っていたのでこれが手元になくて、本体の確認ができないまま今に至る。

そんなおりに、我が家のふるーい留守番電話機を入れ替えるという。もう20数年になるソニーの留守番電話機。取り外してみるとなんとACアダプタが9VでコネクタがEIAJ統一プラグ使用だった。わーい、これで動作チェックができるぞ、と ACアダプタの確保だけして動作チェックはまだ(早くやれ)。

それにしても自作機材は、可能な限りインジケータを付けるべきだと思った。シンセの場合だと電源がきていること、LFOが発振していること、MIDIがきていることがLEDでわかるとトラブル時に安心の種になるようです、自分の経験としては。


追記

ようやくESM-2とACアダプタを一同に並べて繋いで見たところLFOの動作を確認することができた。音出しまでは出来なかったけど。(深夜でもさくっとシンセの音出しをできる環境が欲しい、いや、ミキサにルーティングすればいいんだけど)


追記2

パワードスピーカを繋いで音出し試験までできました。やはりESM-2本体は無事だった模様。古い電話機は電源アダプタだけ残して処分しました。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20170105

2017-01-04

新年あけましておめでとうございます

 新年あけましておめでとうございます - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  新年あけましておめでとうございます - 電音の工場ブログ  新年あけましておめでとうございます - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

昨年1月に生存確認書き込みをしてまるっと1年、なにも書けませんでした。

「かえって、ほんとに死んだようにみえる」

というご指摘もいただきまして、もうちょっと書ければ書きたいと考えた次第です。


実際のところ、

「書いてない≒工作していない」

ということでして、実際一昨年は新作なし、昨年はなんとかUSB→MIDI Timecode Displayを作ったもののUSBの理解が足りずじゅうぶんな機能要求を満たせない(USBハブに繋ぐと動かない)ものになってしまいました。

大層なものを作ろうとせず、まずは少しずつ作業を再開したい気持ちです。おりしも、ここ8年は所属会社の間接系の仕事で忙殺されていたのですが、1月1日付の部署の発展的解消にともなってその仕事も消失したはずなので、根本的に本業回帰したいところです。え?本業は何かって? 趣味の電子工作ですよっ!

というわけで、本年もよろしくお願いいたします。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20170104

2016-01-31     Information      このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20160131

2016-01-04

生きています

 生きています - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  生きています - 電音の工場ブログ  生きています - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

「この記事の途切れ具合は、死んだと思われているよ」というご指摘をいただいたので存在証明。

2015年は怪我の影響で体調があまりよくなくて、電子工作は全くできませんでした。

年頭に買ったMacとUSBオーディオI/F(けっきょく UR-44を購入)で、これまでの自作シンセを鳴らして曲を打ち込んでいました。


Chuck:Behind the Mask - ミュージック : musictrack


今年もよろしくお願いします。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20160104

2015-02-31リファラ このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20150231

2015-02-01

USBオーディオインターフェース

 USBオーディオインターフェース - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  USBオーディオインターフェース - 電音の工場ブログ  USBオーディオインターフェース - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

前回までのあらすじ

最新のMacOS X Yosemiteに対応するUSBオーディオI/Fを、なにか買わなくてはいけなくなってしまったのだ。


今回は例を挙げてケチをつけてみる。

TASCAM US-366 オーディオインターフェイス DSPミキサー搭載 96/192kHz対応 USB2.0

TASCAM US-366 オーディオインターフェイス DSPミキサー搭載 96/192kHz対応 USB2.0

MIDIがないのは論外ですな(自分の用途の上では)。


Roland ローランド オーディオインターフェイス QUAD-CAPTURE UA-55

Roland ローランド オーディオインターフェイス QUAD-CAPTURE UA-55

  • デジタルI/Oが同軸
  • 入出力が、うち2ずつはデジタルであることに注意
  • メイン出力とヘッドホン音量が独立でない
  • マイクプリをバイパスできない
  • ちょっち古い
  • UI(パネルへのスイッチの立ちあげ)に不満ありあり

メイン絞ってヘッドホンに集中とかそのあたりがやりにくいんですよ、これは今使っているUA-101も同じだけれど。それよりもなによりもUA-101のように早々にサポート切られるんじゃないかリスクを感じてしまって、もはやRolandに手を出そうにも腰が引けます。


  • デジタルI/Oがない
  • マイクプリをバイパスできない
  • サポート体力が未知数

デジタルI/Oを諦めたときにぐぐっと候補に上がってきたのがTASCAM。日本のメーカーを応援だ、ということで購入一歩手前までいったが「でもなぁ、ソフトのサポート体力は大丈夫なのかなぁ」と考え始めたら長考。


  • デジタルI/Oが同軸
  • 他社の同クラスに比べて異様に安い
  • NAMMで後継機が発表されてた
  • なんか評判が悪い
  • 身の回りで使っている事例がない

世界的にはシェアがあるらしいこのメーカー。実際の筐体は作りが荒いとかソフトのレジストレーションがかったるいとか聞くし、アマゾンのカートには入れたものの長考。


  • デジタルI/Oがない
  • 他社同等クラスと比べて割高
  • マイクプリをバイパスできない
  • Studio Oneは要らないんだよな
  • iPadで使えるの?
  • コントロールソフトの使い勝手が癖があるとの噂

キャプミラPが使っている(た)らしいこのメーカー、デザインはカッコイイけど、なんか高い気がする。iPadで使えるのか結局わからなかったし、Studio Oneは要らないしなぁ、ということで却下。

モノっぽいし、MIDIないし、出力はRCAだし、これは無いわー。


Steinberg  2x2 USB 2.0 オーディオインターフェース  UR22

Steinberg 2x2 USB 2.0 オーディオインターフェース UR22

  • デジタルI/Oがない
  • 使っているひとは結構多いっぽい
  • マイクプリをバイパスできない
  • USB Audio Class 2.0じゃない
  • Cubaseは要らないんだよな
  • ファンタムすると電流足りないんじゃないか問題があるとか

もうこのあたりで手を打とうかな。Steinberg ならソフトの対応は大丈夫かなぁ…


Steinberg 6 x 4 USB 2.0 オーディオインターフェース UR44

Steinberg 6 x 4 USB 2.0 オーディオインターフェース UR44

  • デジタルI/Oがない
  • Cubaseは要らないんだよな
  • でかいっぽい

DSP搭載らしい。CubaseのいくつかのVSTプラグインと同等機能をI/F側で動かすということが出来そうな気がする。いわゆる掛け録りというやつかな。



そろそろ決めないとなぁ。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20150201