電音の工場ブログ

当ブログは…

自作エフェクターシンセサイザ製作のネタや開発覚え書きなど、筆者の電音活動を記録しています。お探しの記事が見つからない方は、検索カテゴリ一覧をご利用ください。

スパマーが来訪すると、ときどきコメントをはてなユーザのみに絞ったり開放したりすることがあります。

2013-02-04

リズム音源 その2 ― 基板完成しました

| リズム音源 その2 ― 基板完成しました - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク - リズム音源 その2 ― 基板完成しました - 電音の工場ブログ リズム音源 その2 ― 基板完成しました - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

エフェクター自作&操作術'81』に載っているリズム音源というかシンセドラムを作り始めていて、前回のその1VCOとVC-LFOまでできていたものを、週末にシコシコと作り進めて、基板完成。

f:id:Chuck:20130204071250j:image:H160 完成基板:打撃信号処理(含むDecay), VCO, VC-LFO, VCA

前回も書いたように、圧電素子で捉えた打撃波形をAR的 decay EGで加工してVCACVとし、それに直流とLFOを重畳してピッチ用CVとする。VCOにピッチCVを与え、得られた信号をVCAに通してドラムシンセ音を得るという校正になっている。

波形の切り替えスイッチとか付けていなくて、あちこちをワニ口でジャンパしながら波形の観察→音出しまで確認できた。いやー、いじり始めると楽しい楽しい。色んな音が出るなぁ。この先は入れるケースを吟味してから進めることになるかな。

ところで、これの打撃波形の処理はdecayで掛かるので音程としては下がっていく。叩くと音程が上がるようにもしたい、とか、ノイズも入れたい、とか欲が出てきた。どう改造するのがいいかな…


足跡


参考リンク

以前作った回路・記事を発掘してきた。

ノートンアンプVCOとノイズを混ぜて1-トランジスタVCAでミックスしながらVCAしてる。またブレッドボードで実験してみようかな。

あ、あと、きっとアンプも組み込むよね、ということで、昔作ったアンプの回路図の載った記事もリンクしておく。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20130204