電音の工場ブログ

当ブログは…

自作エフェクターシンセサイザ製作のネタや開発覚え書きなど、筆者の電音活動を記録しています。お探しの記事が見つからない方は、検索カテゴリ一覧をご利用ください。

スパマーが来訪すると、ときどきコメントをはてなユーザのみに絞ったり開放したりすることがあります。

2011-03-10

ムーブメントになるかな

| ムーブメントになるかな - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク - ムーブメントになるかな - 電音の工場ブログ ムーブメントになるかな - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

先日紹介したようにGanさん*1が出て、Amazonでも売れ行き好調と聞いていたところに houshuさんのこのツイート*2

ここから安西さんのブログに飛んでみると、

 電子書籍に興味があるって話だったんで、てっきり文科系の人かと思ってたら、ハンダ付けとかやってました、と意外な発言が...アナログシンセの制作本を教えてあげたら早速購入して作るの作らないの...そりゃ楽しそうだ!!!

理系女子知り合いがシンセ作り始めるらしい 大人のためのアナログシンセ秘密基地計画 Blog 支局

ほほう、理系女子がっ。ぜひでかいモジュラーを作っていただきたいところ。

数年前の観測ではシンセDIYerは全世界に1000人ぐらいだった。今回のGanさんの本で実際に作り始める人が出てくれば1100人ぐらいになるかもしれない。うち100人以上がfrom Japanね。

takedaさんやRJBさんをはじめとしていろんな方が自作シンセ的コンテンツをWEBに書き連ねてきているけれど、網羅的に(電子じゃない)書籍になっていることはやはり重要なのかもしれないと思った*3。しかも今回のGanさんの本は通しで物語を紡ごうとするものであって、これはWEBではなかなか成し得ない*4

ともかく、音の工作をひとつの入口として、手を動かしてモノを拵える人がたくさん増えるといいなぁと夢想するわけであります。

*1:『達人と作る アナログシンセサイザ自作入門——世界で一台のオリジナル・アナログシンセを作る』

*2:すみません、twitter記法というのを試してみたかったんです…

*3:そもそも考えてみると自作シンセ関連って白砂先生のものやムックを含めてもこれまで4種類程度しか出ていない気がする、雑誌の連載はまた別として

*4エフェクタの方は規模の小さい製作で小宇宙に完結させることができるからWEBと相性がいいのかもしれないなぁ

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20110310