電音の工場ブログ

当ブログは…

自作エフェクターシンセサイザ製作のネタや開発覚え書きなど、筆者の電音活動を記録しています。お探しの記事が見つからない方は、検索カテゴリ一覧をご利用ください。

スパマーが来訪すると、ときどきコメントをはてなユーザのみに絞ったり開放したりすることがあります。

2011-02-03

ミキサ (考え中)

| ミキサ (考え中) - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク - ミキサ (考え中) - 電音の工場ブログ ミキサ (考え中) - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

先日以来ミキサのことを考える頻度が高まっている。

以下自分のためのメモ。


というわけで先週の金曜日から、

  1. その昔『サンレコ』に載ってたおーつかセンセの「プロフェッショナル・クラフツII」という卓製作記事
  2. Douglas Self の ‘Small Signal Audio Design’
  3. MACKIE の 402-VLZ3802-VLZ3 のマニュアル

を読んでいる。

ミキサ - 電音の工場ブログ - E-Musicグループ

やはり上記の本は外せないね。


仕様は考えるごとにうつろっていくのだけど、モノのチャネルインプットについて、

  • Lineのみ、MICアンプ無し
  • →Head Amp(-10dB~+20dB)→HPF→3-band EQ→Fader→Pan→MAINバス(L/R)
  • 3-band EQは Baxandall型

ってあたりまでは確定。

秋月で NJW1159D というのが -95dBまでいけて 4個450円(1個に2ch、DIP品)、といい感じだったのだけど、THD+N 対 入力電圧レベル の特性を見て LM1972(秋月で1個300円、表面実装部品)のほうが高いレベルまでいけそうだったので LM1972 を使うことに仮決定。のちに財布と相談する。

チャネルモジュールごとになるべく閉じる というのを基本の考えとする。だから Head Amp と HPF off、EQは手動のコントロールを付ける。それもチャネル毎に。Fader/Panpotその他AUX送り量 とかはディジタルコントロールの電子ボリュームを使い、この部分のコントロールサーフェスは1系統を切り替えて使う。全体集中コントロールのCPUから全電子ボリュームに情報を送ると面倒なので、チャネルストリップごとにサブCPUを置いてチャネルへは粒度の粗い制御を行う。“ch1 mute” とかね。

しかし、バスの構成はいまだに固まりきらない。

モノのチャネルインプットモジュールで、Fader, Panpot, AUX(PFL), AUX(AFL) とすると必要な電子ボリュームの数は Fader(1), Panpot(2), AUX(PFL)(1), AUX(AFL)(1) で 5回路 となる。ICには2回路ずつ載っているのでひとつ余る。なにに使いましょ… というのと、solo や mute の実現の仕方など相まって固まりきらないのだ。

  1. AUX(AFL)をステレオ(L/R)にする
    • soloバスは別に設ける、muteは電子ボリュームを一時的に一斉に絞る
  2. ALTバスを設けてFaderにパラってALTバスに落とす
    • ALTバスは外部出力する
    • solo時はCRM*1でALTバスをモニタする
      • チャネルのALTバスへのFaderが落ちていたら上げる(0dB? Unity?)
    • CRMをMAINに持っていくときは、ALTバスをsumしたらMAINからのルートはネグる(切るか絞る)必要がある

あと、つれづれ。

  • 電子ボリュームのミュートが -104dBとかあるのだけど、これを信じてアナログスイッチ無しで信号を切り替えてもいいものだろうか
  • Unityは -2dBu でいいかな
  • Soloって出すときは、ATT 0dB でバスに出すべきなのか or Unity でバスに出すべきなのか

ミキサ回りは勉強すればするほどいろいろと未知のことが出てきた。難しい。楽しい。


Small Signal Audio Design

Small Signal Audio Design

  • 作者: Douglas Self
  • 出版社/メーカー: Focal Press
  • 発売日: 2010/03/16
  • メディア: ペーパーバック

*1:Control Room Monitor

おーつかおーつか2011/02/03 14:21Soloはレベルも含めてわかったほうがいいとおもいます。アナログ卓ならフェーダが「0」の位置(-3dB)のレベルで出てくるのが好ましいかと。
外部のエフェクタ類を使うか使わないかでAUXバスの仕様は変わってくるでしょう。使うなら沢山あったほうがいい。エフェクタをステレオで使うのなら、バスもステレオで。その他、メインバス以外にも、ステレオバスが1本あると、なにかと便利でしょうね。
やってみないとわからないけど、VCAのミュート-104dBって信じられないような。。
FET2個で切る方が安全ではないでしょうか。

ChuckChuck2011/02/04 08:21アドバイスありがとうございます。もろもろ了解です。
Unityゲインは -3dBu にするのが一般的なのですか? 私は内部基準レベルを -2dBu にしておけば出すときに +6dB アンプって +4dBu基準になるかなぁなどと考えていました。
使う状況や作りきれるのかといったところから入力4chぐらいで考え始めましたが、仕様が膨らんだり萎んだりして忙しいです。ディジタル通信を使って4~8chぐらいにできるなどという構想をぶち込んでしまったのでバスの仕様が決まりきらなくなってしまいました。
エフェクトは空間系ディジタルマルチをモノsend-ステレオreturnでの使い方が私の状況では一番ありそうですが、チャネルが増えたらステレオsendや複数sendしたくなりますよねぇ… ああ、決まらない!(だがそれが楽しい)

おーつかおーつか2011/02/04 17:21うふふ、悩んでますねぇ、決まらないですねぇ。 今が一番楽しいんですね。あれやこれや妄想いっぱい。私もフリップ付きの8Tr用ミックスダウン卓を構想してますが、いろいろくっ付く過ぎて、これは多分完成しないでしょうね。
Soloのレベルは絶対レベルではなくて、もし仮に、そのチャンネルをフェーダ位置0で今ミックスしたら、というレベルです。アナログ卓なら-3dBになりますから、そのレベル、ということです。デジタル卓だと0は突き上げ状態になるので、もしかすると減衰無しの0dBでもいいでしょう。要は、ハッキリくっきり聴こえればいいのです。

ChuckChuck2011/02/14 10:15ありがとうございます。soloレベルはなんとなくどう在ったらいいかわかってきました。
panpotもよく考え始めると、-76dBの電子ボリュームをLとRに使うとしても、センターが -6dBずつで重なるようにしたらどのようにツマミ制御を電子ボリュームに渡したらいいのかとか悩み始めました。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20110203