電音の工場ブログ

当ブログは…

自作エフェクターシンセサイザ製作のネタや開発覚え書きなど、筆者の電音活動を記録しています。お探しの記事が見つからない方は、検索カテゴリ一覧をご利用ください。

スパマーが来訪すると、ときどきコメントをはてなユーザのみに絞ったり開放したりすることがあります。

2011-01-29

速報

| 速報 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク - 速報 - 電音の工場ブログ 速報 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

ATtiny85 で 15Hz ~ 16MHz の矩形波生成を確認した(うちのオシロだと16MHzは鈍っているが)。二相のパルスが出力でき、さらにデッドタイムも付けられることも確認。しかもこれらはペリフェラルだけで出来て*1CPUはまるまる別のことができる。これならじゅうぶんBBDのドライバになると思われる。

あとは実際のコーラスフランジャに適用するなら Frequency / Depth / Manual と 生成パルス幅 とのマッピングを考える必要があります。

*1CPUが止まっていてもOK

おーつかおーつか2011/01/30 16:21素晴らしい!!
せっかく作っていただいたアンチログ出力付きLFOですが、これに期待して、組み込みはちょっと待ちます。なんつってもドライバが不要になるのが魅力!
16MHzまでは要りませんよ。多分BBDは動かんでしょ、高すぎて。
これまでの機材では、BBDクロックの最高は1MHzでした。だから2MHzくらいまで、矩形波がきれいに出れば、まったく問題無しです。
2MHzならナマらないですよね?
嬉しいな嬉しいな、っと。

ChuckChuck2011/01/31 11:54どうもです。1MHz、2MHzはしっかりした矩形波でしたのでイケルと思います。あとは揺する値範囲と揺すり方をどうしたものか…