電音の工場ブログ

当ブログは…

自作エフェクターシンセサイザ製作のネタや開発覚え書きなど、筆者の電音活動を記録しています。お探しの記事が見つからない方は、検索カテゴリ一覧をご利用ください。

スパマーが来訪すると、ときどきコメントをはてなユーザのみに絞ったり開放したりすることがあります。

2010-12-08

MIDI2CV5 launched

| MIDI2CV5 launched - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク - MIDI2CV5 launched - 電音の工場ブログ MIDI2CV5 launched - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

これまでMIDI-CV変換{器|機}はいくつか作ってきたうえにさらに計画も目白押し。どうしてこんなことになっているかというとその都度使いたい機能が異なるから。

f:id:Chuck:20101206044613j:image:right


今回のテーマは MIDI2CV(1) の再構築。

マイコンATtiny2313 を用いて極めて安価に構築できる MIDI2CV(1)。それに対してA’シンセの MIDI2CV4 では mega88 を使ったが 40%足らずの使用量だった。mega48でも良かったぐらい。それはそれで余裕があって良いのだけど、広く人に使ってもらうことを考えたときには ATtiny2313 クラスが求められる。ということで MIDI2CV(1) のソースをスピンオフしてこの石で機能的にどこまで詰め込めるかを狙いたい。目指すは2-CV

さっそくMIDI2CV(1)レポジトリからエクスポートしてMIDI開発系レポジトリにインポートしてMIDI2CV5のtrunkを掘った。ついでにA’のレポジトリからMIDI-CVを抜き出してMIDI2CV4の場所も用意した。mega48/88系を使うときはここからブランチしていくことに*1。MIDI2CVも(1)→2→3→4 と開発する中で analogさんをはじめいくつものコントリビュートをいただき、midi.c や midi.h も進化してきているのでそれらも取り込んでいく方針です。

*1:mega168/mega328は仲間はずれにします。mega48/mega88とはちょっと違うんで

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20101208