電音の工場ブログ

当ブログは…

自作エフェクターシンセサイザ製作のネタや開発覚え書きなど、筆者の電音活動を記録しています。お探しの記事が見つからない方は、検索カテゴリ一覧をご利用ください。

スパマーが来訪すると、ときどきコメントをはてなユーザのみに絞ったり開放したりすることがあります。

2010-11-22A’シンセサイザ ― Analog2.0改

MIDI-CV

| MIDI-CV - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク - MIDI-CV - 電音の工場ブログ MIDI-CV - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

昨年度の製作はMIDI-CVそのものだったが、今年は機器組み込み型。これまでのMIDI2CV0MIDI2CV1MIDI2CV2 *1MIDI2CV3 での知見を活かし、製作するごとに改定される midi.c をさらにブラッシュアップして、仕様検討時に考えていた内容は盛り込まれている。

最終仕様では 1-Key CV、1-Gate、Velocity、Pitch Bend、Modulation、Expression、MIDI同期パルス*2 (四分/八分/三連符/十六分/三十二分/二分/付点二分/全音符/二小節/三小節/四小節といったあたりに対応)を出力する。ポルタメントのON/OFF、MIDI Start/StopでLED表示・MIDI同期パルスのリセット などにも対応することができた。

Pitch Bend とそれに引きずられて Expression で最高14bitでのPWM出力ができるようにしてあって試してみたが、やはりLPFの特性がいまいちだとよろしいコントロールと成り得ないようだ。現行ではビット数を下げて使っている。ビッチベンドレンジを絞っている今回の使い方では8bitでも問題ないと言える。

f:id:Chuck:20101122072743j:image:h320

*1:これは完成まで至っていない

*2:4/4想定で

もあもあ2010/11/22 16:20完成おめでとうございます。今回もすごい大作ですね。ぜひ次回のサミットで見てみたいです。

ChuckChuck2010/11/24 06:36長文に付き合っていただき、ありがとうございます。持ち運び用に外装を作りたい気がしてきています。