電音の工場ブログ

当ブログは…

自作エフェクターシンセサイザ製作のネタや開発覚え書きなど、筆者の電音活動を記録しています。お探しの記事が見つからない方は、検索カテゴリ一覧をご利用ください。

スパマーが来訪すると、ときどきコメントをはてなユーザのみに絞ったり開放したりすることがあります。

2010-08-16

Analog2.0進捗 ― EG2検討中

| Analog2.0進捗 ― EG2検討中 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク - Analog2.0進捗 ― EG2検討中 - 電音の工場ブログ Analog2.0進捗 ― EG2検討中 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

Analog2.0進捗 ― EG2検討開始 - 電音の工場ブログ - E-Musicグループ


とりあえずAVRマイコン ATmega88アナログスイッチ 74HC4066 と キーパーツのCR、それからボルテージフォロワのオペアンプを繋いで Attack と Release の実験をしてみた。それらしいCとRを選択して、ICEを繋いでAVR Studio IDE から GUI をクリックしてPWMを動かして、EG的な動作をすることは確認できた。ここまできちんとしたプログラムは組んでいない。main() のなかでは無限ループが回っているだけ…

Analog2.0のEGと同程度の時定数にするかあるいはもっと長めに取るか悩みどころである。切り替え式は… リレーでCを切り替えるとか…悩む… あとはコントロールが感覚に線形じゃないというか、そのあたりも実用に際しては調整しなくては…

このあとはCの電圧をAVRマイコンアナログコンパレータで監視するという部分を作って試してみる予定。

いまの仕様ではEG出力の他に End of Attack (EoA)のパルスを出力しようと考えている。ゆくゆくは End of Decay (EoD)、End of Release (EoR)なども仕込みたいのだけれど、そうするとコンパレータがいくつも必要になってしまう予感。外部にコンパレータを設けるよりもマイコン内でなんとかしたい。EoD/EoR を出すのはI2C制御時のみということにして、そうするとADCポートが空くからアナログコンパレータのリファレンス電圧をマルチプレクスする機能を使ってなんとかなるかなと思った。


A’ (A-prime; Analog2.0拡張シンセ) 構成
  1. MIDI-CV (MIDI2CV4)
  2. VCO1 (TB-VCO)
  3. VCO2 (←Analog2.0)
  4. MIXER&NG (←Analog2.0+山下Red filter)
  5. LFO (←Analog2.0)
  6. Sample&Hold (山下シンセ)
  7. EG1 (←Analog2.0)
  8. EG2 (オリジナルPWM方式)
  9. VCF1 (←Analog2.0)
  10. VCF2 (方式検討中)
  11. VCA (←Analog2.0)
トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20100816