電音の工場ブログ

当ブログは…

自作エフェクターシンセサイザ製作のネタや開発覚え書きなど、筆者の電音活動を記録しています。お探しの記事が見つからない方は、検索カテゴリ一覧をご利用ください。

スパマーが来訪すると、ときどきコメントをはてなユーザのみに絞ったり開放したりすることがあります。

2010-08-10

Analog2.0進捗 ― EG2検討開始

| Analog2.0進捗 ― EG2検討開始 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク - Analog2.0進捗 ― EG2検討開始 - 電音の工場ブログ Analog2.0進捗 ― EG2検討開始 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

おとなしくGanさんから頒布されたモジュールだけ組んでいれば冒険も少ないのだけれど、将来の自分のモジュラーシンセへのモジュール実験を投入するものだからなかなか完成・完了に至らないのだな。

ということでEG実験回路投入。とはいえ方式そのものは以前に提案されていたもの。キャパシタへのチャージをアナログスイッチでチョップしながら速度制御、複数のアナログスイッチをシーケンスを組んでA-D-S-Rを実現しようとする『エフェクター自作&操作術』の「101回路図集」に載っているもの。

これをAVRマイコン(ATmega88)*1PWMアナログスイッチでやろうかと。

アナログスイッチは、なぜか手元に74HC4066がたくさんあるのでこれを利用する。「101回路図集」のほうは電源電圧15V系だったものが、74HC4066を使うということで5Vでやらんといかん。Analog2.0のEGの電圧レンジは0~8Vということもあるので、内部的には0~4VでEGの信号作って出口で+6dBアンプってやる。

キャパシタの電圧を見ながらAttack→Decayの遷移をするのだけれど、AVRマイコンアナログコンパレータを使ってみようのココロ。もちろんADSRのコントロールはAVRマイコンのA/D変換器を利用する。


これの実現については構想はずいぶんと前からあった。

EGをたくさんインスタンシエーションしたいときにこの回路はいいかもしれないと思っていたところに DoepferのA-143-1を見てミートするものがあった。今回の試作は1台だが、ゆくゆくはコントロールはひとつ、スレーブは4台とか8台とか作ってI2Cで制御して使ってみるとかそんな感じ。


A’ (A-prime; Analog2.0拡張シンセ) 構成
  1. MIDI-CV (MIDI2CV4)
  2. VCO1 (TB-VCO)
  3. VCO2 (←Analog2.0)
  4. MIXER&NG (←Analog2.0+山下Red filter)
  5. LFO (←Analog2.0)
  6. Sample&Hold (山下シンセ)
  7. EG1 (←Analog2.0)
  8. EG2 (オリジナルPWM方式)
  9. VCF1 (←Analog2.0)
  10. VCF2 (方式検討中)
  11. VCA (←Analog2.0)

*1:mega48でも入りそうだ

やすだ(や)やすだ(や)2010/08/12 17:32アイディア満載ですね
チョッパー制御、R社の特許文献で見かけたことがありますが、どんなカンジになるのか楽しみにしています

ChuckChuck2010/08/16 08:46ICE使ってAVR Studio IDEからGUI叩きPWMで、Attack と Release はなんとなくうまくいきそうな感じになってきました。このあと Sustain と Decay の回路を考える予定です。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20100810