電音の工場ブログ

当ブログは…

自作エフェクターシンセサイザ製作のネタや開発覚え書きなど、筆者の電音活動を記録しています。お探しの記事が見つからない方は、検索カテゴリ一覧をご利用ください。

スパマーが来訪すると、ときどきコメントをはてなユーザのみに絞ったり開放したりすることがあります。

2009-10-13

本線系ものろのろと頑張る

| 本線系ものろのろと頑張る - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク - 本線系ものろのろと頑張る - 電音の工場ブログ 本線系ものろのろと頑張る - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

ここのところサポート系のはずのESM-2を頑張ってしまったので、多少は本線系も進めなくては。

ということで、MIDI2CV3のコントロールパネルを作り始めた。

f:id:Chuck:20091012071129j:image f:id:Chuck:20091012071130j:image

これは以前に作ったI2Cのスレーブをマウントする基板で、「キャラクタLCDのコントロール機能」と「ロータリエンコーダ/スイッチ/ブザーの制御機能」のそれぞれにひとつずつワンチップマイコン(ATtiny2313)が割り当ててある。頑張ればひとつのマイコンで済むのかもしれないが、ATtiny2313が90円ほどで買えることを考えると無駄な構造だとは考えていない。

オモテ面のソケットには 16x2 キャラクタLCDが載る。その下のスペースに部品が入りきらなさそうだったのでマイコンはウラ面マウントとしてみた。

それ以外にはプッシュスイッチ付ロータリエンコーダ、タクトスイッチが6つ。まだハンダ付けしていないけれど電子ブザーも載せる予定。

さーて、配線しなくちゃだわ。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20091013