電音の工場ブログ

当ブログは…

自作エフェクターシンセサイザ製作のネタや開発覚え書きなど、筆者の電音活動を記録しています。お探しの記事が見つからない方は、検索カテゴリ一覧をご利用ください。

スパマーが来訪すると、ときどきコメントをはてなユーザのみに絞ったり開放したりすることがあります。

2009-08-26

MIDI2CV3仕様メモ

| MIDI2CV3仕様メモ - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク - MIDI2CV3仕様メモ - 電音の工場ブログ MIDI2CV3仕様メモ - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

本人が忘れないために。

MIDI2CV3 暫定仕様 (2009-08-26)

  • コントローラと各種ドライバの役割を持つ複数のマイコンからなる
  • ドライバの例
    • 鍵盤ドライバ
    • LCDドライバ
    • ピッチCV調整用PWMドライバ
    • ポルタメントタイム調整用ディジタルポテンショメータドライバ
    • 上記用サーボモータドライバ?サーボモータは止め
コントローラ仕様

各種設定を行う。またMIDIを入力として鍵盤ドライバでは賄いきれない項目を受け持つ。スイッチ・ロータリエンコーダなどの入力手段を持つ。I2Cマスタ。I2Cスレーブに対して制御を行う。コントローラに徹することにして当初あったMIDIパース機能を撤廃した。Arduinoを使用することにして、Arduino-IDEやパソコンターミナルをUSBシリアルで接続し各種I2Cスレーブのドライバの調整が可能。

  • Arduino使用
  • I/O
    • TBD
  • I2Cマスタ
鍵盤ドライバ

MIDIを入力としてアナログ部分をドライブするリレーの制御を行う。49鍵を想定してリレーをアサインしたら空きピンがなくなった。鍵盤ドライバだけでもデフォルト設定で最低限のMIDI-CV変換の機能を満たす。コントローラがある場合にはI2Cスレーブとなっていくつかのパラメータの変更が可能となる。

  • ATmega64使用
  • I/O (空きピンなし)
    • (1) MIDI IN
    • (2) I2C
    • (49) Note relay drive
    • (1) Trigger relay drive
  • MIDI→リレー制御
    • MIDI NOTE ON/OFFをパースして、NOTE番号にマッピングされているリレーを制御する
    • NOTE ON時はNote指定リレーをON後、若干の遅延を持って TriggerリレーON
    • NOTE OFF時はTriggerリレーOFF後、若干の遅延を持ってNote指定リレーをOFF
    • リトリガ対応
  • MIDIインプリメンテーション
    • TBD
  • I2Cスレーブ機能
    • MIDIチャンネル設定
    • 最低KEYのMIDI NOTE NUMBER設定
    • trigger-on-delay time設定
    • note-off-delay time設定
    • retrigger time設定

以前作ったMIDI2CVではMIDI CC LEGATOを俺様拡張してコンティニュアスに使ってリトリガタイムをMIDIから可変できるようにしていたが、KORGのK25使用がその前提にあった。現在使っているMIDIコントローラのKONTROL49では使い勝手が代わるので、コントローラのUIから静的に設定することにする。

コンティニュアスに使わないにしてもMIDI CC LEGATOのON/OFF自体は受けることになるかも。しかし使用している山下シンセのデュアルキーボード回路はリトリガしないとCVをサンプル&ホールドしないので、リトリガ動作が主であることになろう。

LCDドライバ

ATtiny2313によるLCD表示器。I2Cスレーブ

ピッチCV調整用PWMドライバ

ATtiny2313によるPWM発生器。I2Cスレーブ

ポルタメントタイム調整用ディジタルポテンショメータドライバ

MIDIを受信し、ポルタメント関係設定を引き受ける。ポルタメントON/OFFのリレー制御、ポルタメントタイム調整用デジタルポテンショメータ制御(SPIマスタ)。I2Cスレーブとなってデバッグ時に設定をI2Cからオーバーライドできる

  • ATtiny2313使用
  • MIDIインプリメンテーション
    • TBD
  • I2Cスレーブ機能
    • MIDIチャンネル設定
    • ポルタメントON/OFF、ポルタメントタイム の read/write

履歴

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20090826