電音の工場ブログ

当ブログは…

自作エフェクターシンセサイザ製作のネタや開発覚え書きなど、筆者の電音活動を記録しています。お探しの記事が見つからない方は、検索カテゴリ一覧をご利用ください。

スパマーが来訪すると、ときどきコメントをはてなユーザのみに絞ったり開放したりすることがあります。

2009-04-08

Roland A-880的な話

| Roland A-880的な話 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク - Roland A-880的な話 - 電音の工場ブログ Roland A-880的な話 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

昨日は手元の MIDI Timepiece II (MTP2)をどうしようか、ということを書いていた。

Mac/PCからUSBで出して MIDI Timepiece AV(USB) (MTP AV(USB)) で一次受けしてネットワーキング増設に RS-422 な MTP2 が使えるということではあるようだが、そのMTP AV(USB) を買うお金がないということなので、ありえないプランである。

売るか! と思ったら1千なにがし円で売れずに回っている様を目の当たりにしてしまった。なんだよインテリアに最適って。

でもけっこう立派な面構えだし、何もせずに捨てるには惜しい。なにか改造のベースに使えないだろうか。なんといっても、8-in/8-outのMIDIジャックがあって、ロータリエンコーダが4つもあってスイッチもLEDも液晶ディスプレイもついている。電源もね!

そうだ、今は亡き Roland A-880 的な MIDI Router はどうだろうか。

とりあえず中を開いてみた。

f:id:Chuck:20090408043906j:image うわなんだこの部品点数の多さは。

f:id:Chuck:20090408043905j:image MTP2のuC。6502ですかな。

f:id:Chuck:20090408043907j:image MIDIプロセッサというのが載ってる。何者?

6502なら何とかなるような気もするけど、解析するとかそういう部分をすっ飛ばして(MIDIプロセッサまわりがわからないし)、電源・筐体、機構部品と表示デバイスとフォトカップラを利用させていただくというのはどうかなぁ。

8×8のMIDIのプログラマブル・ルーティングを基本として、他に何があると嬉しいか、マージャ? MIDIモニタ? MIDIフィルタ? 本当に着手するかどうかはともかく、仕様を練っていくことにしようと思う。

ああ、捨てられなくなってしまった。

ところで A-880 って、MIDIの信号の切り替えにはどんなデバイス使っているんでしょうか? アナログスイッチ?

geniegenie2009/04/08 15:09同じく私もMTP2の蓋を開けてみて、そのまま閉じてます。Macのシリアルもどき信号を外で作って食わしてやる以外使い途がないのかなーと・・・。

所長所長2009/04/08 19:06早速A880をあけたボキがきましたよ~

あけてびっくり玉手箱・・・・


スカスカ


詳しくはWebで・・・ってすでにWebだおw

ChuckChuck2009/04/09 10:03詳しく!

ChuckChuck2009/04/09 12:01genieさんも開けていましたか。けっこう部品が詰まっていて、なんか回路を入れようにも土地がなくて天井が低い感じです。部品を抜こうかな。

所長所長2009/04/09 20:28echo: make web page
echo: http://www.janus53.com/~z80/index.php?Roland%20A-880

ChuckChuck2009/04/10 08:23ありがとうございます。
MIDIの受けにフォトカプラ使っていない、のか?
こっちもこっちで、このQFPっぽいやつがスイッチングしてると見てよさそうですね。
一般的に、50kbpsぐらいの速さの信号をスイッチングするには何がいいんでしょうね。まじめに74HCで組むか、付録のCPLD/FPGAを使うかなあ…

みつばむしみつばむし2009/04/10 22:10 音楽環境の再構築が進んでいるよーで何よりです(^_^)
 SHARP PC9D10がフォトアイソレータだったよーな気がします。

ChuckChuck2009/04/11 08:04コネクタ側の基板にフォトカプラらしき薄緑色の部品がありますね!
音楽環境の再構築は、懸案のUSB or Firewire オーディオインターフェース の購入資金のめどがまだ立っていません。お小遣いためなくちゃ。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20090408