電音の工場ブログ

当ブログは…

自作エフェクターシンセサイザ製作のネタや開発覚え書きなど、筆者の電音活動を記録しています。お探しの記事が見つからない方は、検索カテゴリ一覧をご利用ください。

スパマーが来訪すると、ときどきコメントをはてなユーザのみに絞ったり開放したりすることがあります。

2008-09-03

自作エフェクタもGUIでぐりぐり

| 自作エフェクタもGUIでぐりぐり - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク - 自作エフェクタもGUIでぐりぐり - 電音の工場ブログ 自作エフェクタもGUIでぐりぐり - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

ヲチしているCDM Create Digital Music - Create digital music, motion, and more.で最近見た記事で知った「世界初のオープンソースなディジタル・ギターエフェクタ」だそうだ。OPEN STOMPと云うらしい。

先日の記事で、

敷居が高いついでで書くと「モジュールをつないで実現するDSPプログラミング ― グラフィカルな開発環境PurePath Studio GDE とオーディオ用DSP TAS3308を試す」という記事に惹かれた。

GUIでミキサとか増幅器とか絶対値とかディレイとかトーンコントロールとかを繋いでいくとプログラムに変換されてDSPに送られて実時間で処理してしまうというシステム。

トランジスタ技術2008年9月号 - 電音の工場ブログ - E-Musicグループ

こんなことを書いていたが、これと似たようなものであろうか。GUIで貼るオブジェクトがもう少しアプリケーションよりかもしれない。

ただこのOPEN STOMPで使っているチップはTIではなくて、Parallax の Propellerらしい。

この Propeller というプロセッサはその構成もユニーク*1だけれど作った人もとてもユニーク。Make Vol.3だったかに半導体作りを家庭内手工業的にはじめてしまった中の人のインタビューが載っていた。読んでみて損はないと思う。

この Propeller Processor は こういうGUIでエフェクトの機能をエディットする仕組み も含めて まやさん好みなんじゃないかと思うのだけれど、いかがでしょう?

*1:以前のトラ技(2008年3月号)にPropellerの紹介記事(一部、PDF)が載っている。

まやまや2008/09/03 10:28げ。同じこと考える人はいるんですね。私もGUIまで行かなくても、似たようなの作ろうと思い、こないだ小型のSHARC基板を作りましたよ。Propellerは以前雑誌に載っていたので知っていますが、DSPとして使われてるとは…

ChuckChuck2008/09/04 12:06いろいろ出てきて環境は豊富になってきていますね。そのうちギター製作系専門学校でもディジタルモノを取り扱い始めるのかなぁ…

analoganalog2008/09/10 01:48うほGUIかスゲー!。しかしもっとプリミティブな感じのSpin SemiのFV-1の方が自作的満足度が高そう。

ChuckChuck2008/09/10 15:56Spin SemiのFV-1ってナンでしたっけ?

analoganalog2008/09/10 22:22アセンブラでゴリゴリプログラムするDSPのようです。そのままでもデモプログラムのリヴァーブとか入っててデジタルペダルが作れるようです。
http://www.spinsemi.com/products.html
しかし何でプログラム領域がわざわざ外付けのEEPROMなんだろう。フラッシュにすると金かかるのかなぁ
で、MXRとアレシスを作った人の新しい会社らしいです。

ChuckChuck2008/09/12 09:22これはまた楽しそうなICですね。どうもありがとうございます。
CMOSとフラッシュを同一のダイで扱えない半導体Fabを使っているのかもしれません。

suikansuikan2008/09/14 13:38出張のせいで出遅れました。SHARCやBFの場合には、Visual Audioがフリーダウンロードできたはずです。かなり残念だなぁと、と言うのが触ったときの感想。Sigma Studioは結構つくりがいいんだけど、手に入らないんじゃ話しになりません。TASには大いに期待しています。

ChuckChuck2008/09/16 07:21けっこうツールの良し悪しがでるものなんですか。TASのPurePath Studioをちょびっと弄ってみましたが、他との比較材料を持っていないので表現できないです。
Sigmaは、石はサンプルをいただいたもののツールがないので、死蔵…

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20080903