電音の工場ブログ

当ブログは…

自作エフェクターシンセサイザ製作のネタや開発覚え書きなど、筆者の電音活動を記録しています。お探しの記事が見つからない方は、検索カテゴリ一覧をご利用ください。

スパマーが来訪すると、ときどきコメントをはてなユーザのみに絞ったり開放したりすることがあります。

2008-07-29

TD-9配線小箱(完成編)

| TD-9配線小箱(完成編) - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク - TD-9配線小箱(完成編) - 電音の工場ブログ TD-9配線小箱(完成編) - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

TD-9配線小箱 - 電音の工場ブログ - E-Musicグループで書いたTD-9の配線小箱が完成した。

TD-9 patch box

配線は先日調査した表に従ってD-Sub25Pと10個の標準ジャックを結線しているだけなので特に難しいところはなかった。

TD-9本体とMB-6ケースを固定するにはTD-9にもともと用意されているマウントプレート取り付け穴と付属の蝶ネジを利用した。

このカタマリをドラムセットに組み込むにはドラム用語のハードウェアに馴染ませる必要があるわけだが、これにはRolandのAPC-33を利用した。MB-6の底面に固定穴を開けAPC-33のプレートを固定、そうしてしまえばそこから先はドラムハードウェアに。

APC-33 mount

APC-33のマウント部分をクローズアップすると↓のような感じ。

APC-33 mount

どれもスネアスタンドに固定してしまった後の写真なので苦しいアングルになっていて恐縮です。

もしや作ろうなんていう方がいらっしゃいましたら、参考にしてください。


さて、ここまで出来た状態で現在のタイコ練習セットは以下のような感じ。

Current setting

次はスネア用のパッドが必要ですなぁ…

geniegenie2008/07/29 11:37すごくうまくマウントできましたねー。後は練習あるのみ? :)
ジャックの脇に貼ってあるのはテプラなのかな。あると良さげ。

ChuckChuck2008/07/29 12:12はい、テプラです。いや、ほんとうはP-Touchですが。ステレオ/モノラルでシールの色を代えてみました。
スネアを加えて、ハイハット位置もちょっと直したいですが、とにかく練習ですね。最近は稲垣潤一とEW&Fで…

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20080729