電音の工場ブログ

当ブログは…

自作エフェクターシンセサイザ製作のネタや開発覚え書きなど、筆者の電音活動を記録しています。お探しの記事が見つからない方は、検索カテゴリ一覧をご利用ください。

スパマーが来訪すると、ときどきコメントをはてなユーザのみに絞ったり開放したりすることがあります。

2008-07-11

どうでもいい話なんですが

 どうでもいい話なんですが - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  どうでもいい話なんですが - 電音の工場ブログ  どうでもいい話なんですが - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

「ジュールズ倶楽部」*1とか見ているとときどきあること。

うわ、トッぽい格好のバンドきた。メばりも入ってるし、パンクかなパンクかな。

とか思っていると

実にさわやかな(ロック)バラードのメロディが流れてくる


レーベルが提供しているアニメ番組なんか見ていてOPとかいい曲だなぁと思っているところにCMイン、その曲を演ってるアーチストが映って、

う、ううむ

となるとか。


すみません、見かけで判断して、すみません。

トランジスタ技術2008年8月号

| トランジスタ技術2008年8月号 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク - トランジスタ技術2008年8月号 - 電音の工場ブログ トランジスタ技術2008年8月号 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

夏休み特別企画

USBマイコンによるI/O制御入門 ~ Windowsから外部機器を自由自在にコントロールするために

ということで、USBで直接書き込めるNECの78K0という8bitマイコンの載った基板が付録されるようですよ(棒読み)。

いや、正直言って多過ぎ。弄りきれませんがな。7月25日発売のインターフェースにはフリースケールのColdFireがイーサネットポートの付く基板に載ってくるというし…

そんなことをいいながらも本ブログで紹介するわけは、トラ技8月号のマイコン基板は、9月号の付録基板(部品は自分で買う必要がある)と合体して、

グラフィック液晶付き マルチテスタ

オシロスコープやファンクション・ジェネレータ,電圧/電流/抵抗/容量/周波数の測定機能をプログラムできる,マルチテスタを製作します.

ということになったりするようだ。

シンセを作る人はオシロとか結構持っていたりするし、シンセ自体がファンクション・ジェネレータだったりするので飛びつくかどうか疑問だけれど、自作エフェクターの人は(ディジタル)テスタがあるかないかぐらいの装備で自作されている方も多いようにお見受けするので、プログラミングとかすっ飛ばしてマルチテスタのキットを組み立てる感覚で取り組まれてみてはいかがでしょうか? マイコンにプログラムを書き込む操作が敷居が高いかなぁ…

なに?お前がまずやれと?

わかりました。とりあえずトラ技8月号と電子工作マガジンとインターフェース9月号は買いましょう。


それはそれとして「いまさら聞けないUSBのコモンセンス」なレベルからの説明もあって、今はシリアルでやっているパソコンと自作機器の接続もそろそろシリアルポートもなくなってきているし、これでUSBの勉強を始めようかな…


他には
  • PICマイコンを使うのだけれど、外部コンデンサに充放電してエンベロープを作っているメロディIC

とかいうあたりの記事が面白かったです。

*1:CS放送のMUSIC AIR Networkで放送している「英国BBCの超人気スタジオ・ライヴ番組」

かずかず2008/07/16 01:13マルチテスタって面白そうですね。トラ技8月号、買ってみます。

ChuckChuck2008/07/16 07:28かずさん、どうもです。
この企画をバックアップしているマルツパーツ館に部品の関連情報があります。https://www.marutsu.co.jp/user/nec78k0-kikaku.php
9月号(マルチテスタ)の付録基板の製作部品セットと思しきセットにマキシム社の半導体(電圧コンバータやA/Dコンバータやオペアンプ)が挙がっていて、楽を取ってこのセットを買うということになるかもしれません。いくらになるか気になるところですね。

takedatakeda2008/07/16 18:13「シンセ・アンプラグド」PCMさんもテーマとして取り上げられてて、
http://d.hatena.ne.jp/pcm1723/20080709
やた、FM音源!とか思ってたんだけど、最初は違うテーマになるらしい。ちょいと、内容難しくて、付いていくのが大変なので、わくわくしながら待っていようかと、とりあえず、僕も手に入れました。

kojikoji0701kojikoji07012008/07/18 04:27~あなたの作品が『トランジスタ技術(CQ出版)』に載る!~

はじめまして、「Engineer Award」事務局の小島と申します。
(http://www.engineeraward.jp/)

「Engineer Award」とは、国内最大級のエンジニアSNS「エンカフェ」
(http://encafe.jp )を活用した、日本で初めての技術コンテストです。

本コンテストのハード部門では、電子工作ガジェット
(トランジスタ技術の付録、OpenDMPPキット使用)を活用して、
作品を制作していただきます。

ブログに、2008年8月号のトラ技のことが書かれていたのを
拝見し、ご連絡させていただきました。
(以前にもご連絡をさせていただき、重複しているようでしたら、
誠に申し訳ございません)

本コンテストは、審査の結果、優秀な作品には、
大賞や特別賞の授与だけでなく、
「トランジスタ技術(CQ出版)」の書籍への掲載(特集記事)や、
秋葉原の電子工作部品店舗への作品展示の機会なども
提供されます。
また、極めて優秀な作品には、その作品の製品化といった
可能性も考えております。
もちろん、高度な技術の作品だけでなく、面白い作品なども
大歓迎です。
さらに、作品作りのサポートとして、協力企業様やコンテスト事務局の
主催による技術勉強会なども実施しておりますので、初心者の方でも
安心してご参加いただけます。

また、今回の審査員としては、CQ出版株式会社 トランジスタ技術編集長の
熊谷秀幸氏など、豪華ゲストをお迎えしております。

今回のコンテストのエントリー締切りは、目前に迫った22日、
作品応募の締切りは27日と、時間があまりありませんが、
8月号のトラ技(http://toragi.cqpub.co.jp/tabid/131/Default.aspx )の
付録USBマイコンと、サンプルプログラムの入った付属のCD-ROMを
お使いいただければ、この短い期間でも、何か作品をお作りいただけるのでは
ないかと思います。

今回は、コンテストに参加を検討しているエンジニアの
仲間たちとも、SNSを通じて交流することもできるコンテストです。

少しでもご興味を持っていただけましたら、下記HPより、
是非ともエントリーいただければ幸いです。
腕試しの機会として、本コンテストをぜひご活用ください。
http://www.engineeraward.jp/

ご参加を、お待ち申し上げております。


追伸:本コンテストへの参加予定がない方でも、
    エンジニアSNS(http://encafe.jp )や、
    コンテスト専用コミュニティ(http://mixi.jp/view_community.pl?id=3460138 )
    への登録は大歓迎です。
    8/2にはコンテストの授賞式と交流会イベントが予定されており、
    そのご案内も、上記コミュニティ内でお伝えいたします。

ChuckChuck2008/07/18 08:37コメントSPAM認定を差し上げます>id:kojikoji0701 , encafe

おめでとうございます。

kojikoji0701kojikoji07012008/07/18 18:34上記でご案内申し上げた小島です。
もし明らかに不要・不適切なコメントでしたら、お手数をおかけして申し訳ありませんが、削除をお願いいたします。
(少し心配になり追記させていただきました。失礼いたしました。)

takedatakeda2008/07/18 23:27ちぇ、コメント・スパム・キング狙うこと半年、地道に努力を重ねてきたのに、イチゲンさんにアブラゲ掠め取られた。むきー。
新手のエロに違いないと、ちりばめられたURLジャンプしてみたらまるで本物みたいで、さらにムカムカ!なんか、会員制らしいのでちょっと調べてみたらかなり本格的なSNSらしくて、知らなかったの?とか笑われそーなところらしい。
在野であることを楽しんでいるアマチュアエンジニアとしては、ちょいと敷居の高さを感じるんだけど、なんか、ちょっとたのしそーにも見えるのがむかつくな!
よし、わしも11月のイベントがんばるぞー!!