電音の工場ブログ

当ブログは…

自作エフェクターシンセサイザ製作のネタや開発覚え書きなど、筆者の電音活動を記録しています。お探しの記事が見つからない方は、検索カテゴリ一覧をご利用ください。

スパマーが来訪すると、ときどきコメントをはてなユーザのみに絞ったり開放したりすることがあります。

2008-07-07

半導体の保管

| 半導体の保管 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク - 半導体の保管 - 電音の工場ブログ 半導体の保管 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

KanChan'sWEBさんのところで「オペアンプ入れ ( その他音楽 ) - KanChan'sWEB - Yahoo!ブログ」という記事があってプラスチックケースに発泡スチロール板を敷いてオペアンプを挿しているという記載があったけれど、これはよろしくないと思います。

この素材だと静電気が溜まりやすいのです。そして半導体には微細な構造を持つものがあって、静電気の放電によって内部が壊れてしまうことがあります。人間が「痛っ」と感じないほどの静電気であっても。シリコンを酸化させて作った絶縁膜が静電気で破れて要らんところで導通してしまうような破壊であるようです。

最近の半導体は対策を打ってあって強いものが多いという話を聞きます。昔はドキドキしながら買った時にアルミホイルに包まれた4000シリーズのCMOSを取り出して基板に挿したものでした。そういえば自分自身はかなりな帯電体質で、いじっていた基板のDSPを指差したらPC(プログラムカウンタ)が飛んでいってしまったようなことがあったり、ヘッドホンをしていたら耳に電撃が走ったりするので夏場でも放電グッズを手放しません。

閑話休題。

それはそれとして年代モノの半導体はわからんですね。バイポーラならだいじぶでしょ という強者もあったりしますが、JFET入力モノやBiMOS、C-MOSモノはどんなもんでしょう。以前オークションでBBDを落札したら静電気に考慮しない形態で送られてきてドキドキしました。まだ通電してないけど、その石。

そういうわけで、電子部品を買うときも静電気に気を遣ったりすることもあったりするわけです。例えば千石電商の半導体売り場では、白のトレイは一般部品用、黒のが静電気放電対策(ESD対策)トレイだったりします。使い分けましょう。

そんなこんなでいつの間にやら半導体がたくさん溜まってしまったうちとこではこんな環境になってます。非常に安価に入手できたESDパーツキャビネット(例えばホーザン)にESDフォームを敷いてそこにICを挿しているというわけです(写真参照)。表面実装部品がちょっと収納の悩みのタネなのだけれど、それはおいておいて…

なお、3×8段ぐらいでは収まるはずも無く、ひとつのボックスに3枚ずつぐらいICの刺さったESDフォーム(ご参考)が入っています。

f:id:Chuck:20080705061419j:image

f:id:Chuck:20080705061453j:image

ESDフォームはそれほど高いものではないけれど、さらに安価に走るには発泡スチロールにアルミフォイルを巻く/貼るという手もアリかもしれません。

kanchankanchan2008/07/07 08:29おはようございます。
先日はアドバイスをありがとうございました。
昨日ホーザンのESDフォームを購入してやり直しました。
あのまま使用していたら恐ろしいですね。
そんなこととは知りませんでした。

ChuckChuck2008/07/07 08:36こんにちは。ブログにコメントしたあとで、意外と知らない方も多いかもしれないと考えて当ブログでも記事にさせていただきました。
あとは、古い半導体は湿気にも注意が必要です。

GanGan2008/07/07 09:13古い半導体の話、20年モノの緑色LEDに通電したら、赤く光って10秒後に焼き切れたことがあります。LEDは特殊なのかもしれませんが、古い半導体にはご注意を、には賛成です。

geniegenie2008/07/07 10:38希少な半導体チップは菓子の入っていた大きな四角い空き缶(金属製)に導電性フォームを敷き詰め、それにチップのピンを刺して保管しています。有り合わせの乾燥材を入れてあり、いつもは蓋を密閉した状態です。表面実装の半導体は主にDigiKeyで購入しているので、届いた時の真空パック状態(導電性フィルムの袋に乾燥材と湿気チェックシートを同封)のまま束にしてビニール袋に入れています。プラスチック製のICレール(静電気処理済み)に入れて保管していた74系/4000系チップは前の引っ越しの際に思い切って捨ててしまいました。半導体に限って、あまり古いモノを大事に取っておいてもね・・・。

ChuckChuck2008/07/08 10:14Ganさん:
電流の流れるものは年代モノだとどういう挙動をするか注意が必要ですね。限られた経験から OTAはよく壊れる印象だけど、ノートンアンプはそれほどでもないような…

genieさん:
それはまたずいぶん念入りですね。それならば長持ちすると思います。
しかし74系/4000系は思いきりましたね。汎用品はそういう思いきりもアリかもしれませんが、昨今の状況に鑑みて、今後は次に購入するときに表面実装品しかないとかいう事態に陥るかもしれません。

takedatakeda2008/07/08 17:424000系は、DIPモノがどんどんなくなってきてるみたいで、あわてて、在庫をチェックして、雰囲気で、足りないと思うもの、アナログスイッチや、インバーターなど、買い足してます。74系、白状すると実はぼくも結構捨てました。ごめん、成仏してくれー!

半導体の保管方法、参考になりました、僕も導電スポンジシートだけ買ってきて、まま飾ってあります、缶に入れて乾燥剤!やろーっと。なぜかミッキーマウスの缶だったりして。

所長所長2008/07/08 21:14>半導体に限って、あまり古いモノを大事に取っておいてもね・・・。
ちょww

いや、

あの、


修理のときはすんげー苦労するんですよこれが・・・。


あー、捨てる前に一声かけてください(違

ChuckChuck2008/07/09 08:42おお、なんだこの記事へのみなさんの喰いつきはっ!?

カメラとレンズは防湿庫にいれていますが、ICも入れようかな(入らん)

こないだとある74の代替を考えていて「74HCでもいいかなぁ、(90年代初期データシート参照)→速度足りるかなぁ。(最新データシート参照)→速えーー、ムーア則万歳」とかなりました。古い機械に新しい石だと速すぎる場合もあるかもしれません。74とか74Sとかの非同期回路とか。

ところで、所長、連絡ください。

geniegenie2008/07/09 11:02>74系/4000系

ついでに関連のデータブックまで捨てちゃってるし。TRのやTR互換表も...もったいないことした。orz

ChuckChuck2008/07/11 07:12そこでトラ技付録CDの復刻データシートをこつこつ収集ですよ。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20080707