電音の工場ブログ

当ブログは…

自作エフェクターシンセサイザ製作のネタや開発覚え書きなど、筆者の電音活動を記録しています。お探しの記事が見つからない方は、検索カテゴリ一覧をご利用ください。

スパマーが来訪すると、ときどきコメントをはてなユーザのみに絞ったり開放したりすることがあります。

2008-07-01

6月の進捗雑感

| 6月の進捗雑感 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク - 6月の進捗雑感 - 電音の工場ブログ 6月の進捗雑感 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

結局6月はTR909の音出しに至らなかった。

6月中頃から部屋の整理を始めてしまい、狭い部屋がいっそう狭くなった。そりゃそうだ、今まで使われずひっそりと限られたスペースに細密充填してあった物品が表舞台に引き出されたのだから…

ということで不用品放出中です。

ご用命承ります。

テスタ

| テスタ - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク - テスタ - 電音の工場ブログ テスタ - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

ところで整理していたら古いアナログテスタがでてきた。型番はSANWAのYX-380だったかな。筆者が小学校だったか中学校だったかの頃に始めて購入したものだった。30年選手になろうか。DMMが安価で便利になって、近年はこのテスタの活躍のチャンスが少なかったため、自家用車に入れっぱなしてちょっとした電圧チェックに使用していたが、ちょっと前に自家用車を廃車にしたときに部屋に引き上げてきていた。

ふとつついてみると、もうどのレンジでも動かなかった。直すことも考えたが、これを機にさよならすることにした。DMMでは見づらい用途のためにアナログテスタもまだまだ有用である。実はちょっと前にYX-390TRの出物があったので購入してあった。380と同世代機だけど、これに代替わり。

これで、手元の機械は、DMMが2台とアナログテスタが1台、それから導通チェッカ。

DMMがあるのになぜ導通チェッカか。導通チェッカってけっこう使用頻度が高いんですよ。結線を確かめたり、ケーブルやジャックを確認したり、そういう時は単機能がよろしい。テスタはちょっと大きいので小さめの箱が機動力高し。ということで、テスタを何台も持ちつつも導通チェッカも別途用意して使っています。

導通チェッカは g:ecrafts:id:Chuck:20060709 で作ったものを2年ほど使ってきていたのだけれど、最近になってこちら(ELM - 回路内導通チェッカ)を製作。小さく作れたので乗り換えることにした。

ということで今まで使っていたものを里子に出します。

ご興味のある方はご連絡ください。

GanGan2008/07/01 10:49同じく、導通チェッカは、テスターよりも使用頻度が高いです。今のやつでも大きな不満なく使ってますが、ELMさんのやつ、魅力的ですね。すごいです。こういったちょっとしたものにもクリエイティビティーって出るんだなー。

ChuckChuck2008/07/02 09:22センスがでますね。私は落としどころを綺麗にまとめるのが苦手で…

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20080701