電音の工場ブログ

当ブログは…

自作エフェクターシンセサイザ製作のネタや開発覚え書きなど、筆者の電音活動を記録しています。お探しの記事が見つからない方は、検索カテゴリ一覧をご利用ください。

スパマーが来訪すると、ときどきコメントをはてなユーザのみに絞ったり開放したりすることがあります。

2008-06-316月のリファラ このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20080631

2008-06-30

ふろくシンセまであと1ヶ月

| ふろくシンセまであと1ヶ月 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク - ふろくシンセまであと1ヶ月 - 電音の工場ブログ ふろくシンセまであと1ヶ月 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

今まで「ふろくシンセ」と呼んできたが、それでは世間では通用しないらしい。正式には『大人の科学マガジン別冊 シンセサイザー・クロニクル』というムック。それにふろくとしてアナログシンセサイザーが付くということ。黒肉売る、じゃなくて「クロニクル」って年代記とか編年史とかいう意味ね(今辞書を引いた)。

というわけで、シンセサイザークロニクルまでちょーど あと1ヶ月。

大人の科学マガジン別冊 シンセサイザー・クロニクル

大人の科学マガジン別冊 シンセサイザー・クロニクル

  • 作者: 大人の科学マガジン編集部
  • 出版社/メーカー: 学習研究社
  • 発売日: 2008/07/30
  • メディア: ムック

アマゾンで予約始まってた。身の回りでは「何個買うか」が話題に。うーむ、お金貯め中の筆者はひとつの予定なんだけど…

最近リアルで本屋にいけない身としては密林通販を多用してしまう… アマゾンついでにこんなのも買ってしまいました。音の出るおもちゃです。届くのが楽しみ。

なお、前に出たふろくテルミンと合体してコントロールできる模様。

このふろくテルミンも出た当時は人気でした。某SNSで「ふろくシンセでもテルミンのときと同様に初回印刷分がはけて増刷分が出回るまでの間にプレミアムでやり取りして儲けよう」というアオリサイトに誘導するSPAMがあったりしてましたです、はい。

2008-06-27

続報7―大人のプロ{も|モ}

| 続報7―大人のプロ{も|モ} - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク - 続報7―大人のプロ{も|モ} - 電音の工場ブログ 続報7―大人のプロ{も|モ} - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

7.これがふろくシンセの音です ― ふろくシンセのできるまで | 特集記事 | 大人の科学.net

ふろく制作の裏側をお見せしてきましたが、ふろくの量産の見本ができてくると同時に、本誌の取材が始まります。最初の取材は4月26日、取材対象はセニョール・ココナッツことアトム・ハート氏でした。

ふろくシンセのできるまで | 特集記事 | 大人の科学.net

今回は本誌取材に呼んだプロに弄ってもらうというお話。ついでに発売記念イベントの告知。

技術的な話は無し。プロもプロモも筆者としては興味ないかも。イベントのほうは密林じゃだめかも。


即席の足跡
  1. 速報 ― 大人の科学マガジン
  2. 続報―大人のシンセ
  3. 続報2―大人のシンセ
  4. 続報3―大人のシンセ
  5. 続報4―大人の設計
  6. 続報5―大人の設計
  7. 続報6―大人のI/O

[ 次回へ続く (7月7日七夕公開予定) ]

2008-06-26

新・萌えるヘッドホン読本

| 新・萌えるヘッドホン読本 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク - 新・萌えるヘッドホン読本 - 電音の工場ブログ 新・萌えるヘッドホン読本 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

『萌えるヘッドホン読本』といういくつかのヘッドホンをレビューした同人誌がある/あった。以前ヘッドホンを買った件を書いたけれど、使用しているMDR-CD900STに関するレビューも載っているらしい。秋葉原のオーディオショップに置いてあると聞いて行ってみると売り切れだった。それならば、と、コミケに行くという友人に頼んだがこちらも売り切れだった。

読みたいなぁと思っていたら、同人誌形態でなく商業誌として出ることになったと伝わってきた。それが『新・萌えるヘッドホン読本』 さっそく予約し、待つこと2ヶ月、そしてついに到着。どうやらこの本はいしかわさんのアンテナにも受信されているみたい。


多くのヘッドホンが取り上げられている。カナル型も耳あて型も。筆者(私)の使っている MDR-CD900ST と、以前使っていた MDR-Z900 の後継機 MDR-Z900HD が取り上げられていて嬉しかった。

見開き片ページにヘッドホンのレビューがあって、反対ページにそのヘッドホンを使用している女の子のイラストが描かれている。このイラストが「萌える」由来なんだろうけれど、レビューそのものもしっかりしていて、レビュワやエディタがヘッドホンに萌えているのがよくわかる。いやぁ、愛のある記述っていいですね。

ただ、レビューの文章フレームがオーディオ評論的になっていたのは意図したものか刷り込まれたものか。萌え萌えにどっぷりするなら、もっとはっちゃけてもいいと思うんだけど。


新・萌えるヘッドホン読本

新・萌えるヘッドホン読本

  • 作者: 岩井喬
  • 出版社/メーカー: 白夜書房
  • 発売日: 2008/06/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


STAX ほし~な~


追記

同人誌には、オーディオライターが執筆した26機種のヘッドフォンレビューと、人気イラストレーターが描いたイラストを掲載。妥協のない作りと切り口が話題となり、すぐに完売したという。

ねとらぼ:「萌えるヘッドフォン読本」が出る - ITmedia NEWS

あ、レビュー文章自体は業界の人のものなんですね。


追記2

作ろうと思って部品集めだけしてとまっているヘッドホンアンプ、作らなくては…

所長所長2008/06/26 21:22うぉ、表紙でしてるのがゼンハイザーのHD414やんwww

見た感じ復刻版のではなさそうだ。

ChuckChuck2008/06/27 06:22HD414は表紙画だけでした。HD595、HD650がレビューされています。

suikansuikan2008/06/30 07:37「最近Chuckさんの守備範囲の広さが分かってきたので、萌え系文章に耐性がありそうなのは想像がつきますが、一般の人は云々」と書こうと思ったところで、出版社を見て噴きました。

ChuckChuck2008/06/30 08:02やっぱり特殊ですかねぃ>白夜書房

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20080626

2008-06-25

コンタクトZ

| コンタクトZ - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク - コンタクトZ - 電音の工場ブログ コンタクトZ - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

不用品放出中のアイテムを整理していた。不用品とするだけあって、たしかに長いこと用いていなかったある物品の電池ケースに液漏れを認めた。電源を切っていても微少電流が流れる系(リモコンとか液晶時計とかゲーム機とか)の電気製品に100円ショップのアルカリ乾電池を入れていたら100%液漏れすると言って良かろう。

こういう場合 液漏れ的化学薬品によって接点が不導通となってしまっているので、漏れ液を落として接点を綺麗にして導通を確保する必要があるのだけれど、磨きすぎるとメッキが剥げて劣化しやすい接点になってしまったり。そんなときにはメイドガイ コンタクトZ を使われたし。それが何かというのはココには書かないけれど、必ずトクする一言と共にある。


実は hikkyさんコンタクトZの記事を書いていらっしゃったのでコメントさせていただいたその翌日に前述の液漏れアイテムを見出してしまったのです。シンクロ


他にもコンタクトZは我が家では大活躍をしている。

何年か前におまけバッテリが付いて安かったので買って今も便利している電動ドリルドライバがあって、バッテリの急速充電30分とかいう現場ではとても便利なシロモノなのだが、2つあるバッテリのうちのひとつが不調で充電器に乗せるとエラーになる。たまにうまく行くときもある。急速30分ということもあってそれなりに危険なブツである。どこぞの電圧変化だかを見ているのであろう。いくつかある端子を見たらちょっとくもっているのがあったので磨いたがうまく行かない。そこでコンタクトZを適用したところ見事復活を果たした。

f:id:Chuck:20050731142313j:image


このようにいろいろと便利なコンタクトZである。

そういえば来月大人のふろくシンセが発売になるわけだけれど、この写真を見る限りいずれコンタクトZが必要になる局面が出てくるかもしれないと思った。なぜならば学研のEXシリーズ電子ブロックのシンセサイザーブロックでも同じような経験をしたことがあるから。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20080625

2008-06-24

DS-10まであと1ヶ月!

| DS-10まであと1ヶ月! - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク - DS-10まであと1ヶ月! - 電音の工場ブログ DS-10まであと1ヶ月! - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

DS-10(no title)の発売まであと1ヶ月となった。

先日の「『ビートニクな僕らの基本は"路上にて"』オフ」(リンク)でも話題になったのだけれど、複数台を持ち寄って無線で同期を取りながらセッションできるらしい。次回の集まりではみんなでぜひやりましょう。しかしなー、外部同期もしたいなー。ビートを聞きながらタップテンポを踏みますか…

それはともかく、ソフトは予約したもののハードの資金繰りに苦労していた私ですが、ようやくメドがたって合わせて買えることになりました。

「ゲームかぁ」という反応もあろうかと思うのだけれど、昨今のゲーム機は性能の良いコンピューティングシステムですよっ。といいつつ、任天堂 DS/DS Lite で他に何ができるのか良くわかっていない私…


これまでのDS-10に関する記述

「Amazon.co.jp限定販売」らしい

KORG DS-10(Amazon.co.jp限定販売)

KORG DS-10(Amazon.co.jp限定販売)

takedatakeda2008/06/25 22:44だー、どしよ、間違って、買っちゃった。とほほ。

ChuckChuck2008/06/26 08:44いえいえ、とほほではありません。ちまちまセッションしましょう!

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20080624

2008-06-23

秋葉原いってきました

| 秋葉原いってきました - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク - 秋葉原いってきました - 電音の工場ブログ 秋葉原いってきました - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

  • 128x64の液晶ディスプレイ
  • コモンモードチョークいろいろ
  • VS1053b
  • 1.8Vレギュレータ

秋月で売っている0.5mm 64P LQFPの変換基板には、VS1053b が載らない模様。いまいちランドか石の足が短くて…

それだけじゃなくて

単に買い物しただけじゃなくて、何人かの方々とお会いできてくっちゃべってました。このあたりご参照。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20080623

2008-06-20

CD化、ここ最近の方法

| CD化、ここ最近の方法 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク - CD化、ここ最近の方法 - 電音の工場ブログ CD化、ここ最近の方法 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

例によって不用品の整理をしていたら、コンパクトカセットが何本も出てきた。

こ、これわっ。昔のエアチェックテープじゃないかっ

カシオペアライブ1983/1984/1986とかMOBOバンド本日参上とかPRISMスタジオライブとか。

いまじぶんコンパクトカセットだと取り扱いにくい。さすがに最近はカセットヘッドホンステレオを持ち歩くこともなくなった。ゆくゆくはメモリヘッドホンステレオに取り込むことになるだろうが、とりあえずビール CD化しよう!と相成った。

続きを読む

lumlum2008/06/23 11:10http://audacity.sourceforge.net/

なんかどうですか?

ChuckChuck2008/06/24 16:18名前を聞いたことあります>Audacity。どうもありがとうございます。試してみます。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20080620

2008-06-19

みんないろいろ考えるなぁ

| みんないろいろ考えるなぁ - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク - みんないろいろ考えるなぁ - 電音の工場ブログ みんないろいろ考えるなぁ - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

部品やらデジタルマルチメータやら全部入りのが$249。

Page not found | Make: DIY Projects and Ideas for Makers

でも公開されているこのドキュメント(PDF)があれば各人で工夫できちゃいますね。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20080619

2008-06-18

デジタルもアナログもあった

| デジタルもアナログもあった - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク - デジタルもアナログもあった - 電音の工場ブログ デジタルもアナログもあった - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

不用品リスト作り中 - 電音の工場ブログ - E-Musicグループにも書いたように不用品処分と称してリストを作成中です。

書籍やジャンク品のリストアップはもうちょっとお待ちください。現在はCDをやっつけていて、もうあとフタ息ぐらいで完成の予定。しかしまぁアレですな、書棚を晒すのが恥ずかしいとされるように、持っているCDを開陳するのは恥ずかしいものですね(書いてるほど恥ずかしがっていないが)。

恥ずかしいからというわけではなく、単純に作業が滞っているために遅れているのが、アニメ関連CDのリストアップ。

整理していてひょいと出てきたCDがgoogle:魔法のスターマジカルエミ*1の企画CD。アマゾンに項目はあるみたい*2。1985年のCDなのでかれこれ23年前。

どういう企画だったかというと、当該アニメのOP/ED曲やBGM(奥慶一作品)をインストにしてシンセを使いまくって演奏するというもの。シンセの年代的にはデジタルアナログもあって併用して使っていた頃。アナログ機材を変に「う゛ぃんて~じ」とか云わない頃。デジタル・サンプラーが新しい頃。

トータルの音的な印象としては、80年代に流行った音、という感じですな。80年代にビルボードのチャート曲を聴いていた人はわかるわかると言ってもらえるかも。

機材リストがあったので引用します。

続きを読む

*1:OVAの『蝉時雨』はいい作品だったなぁ… しみじみ

*2:あらま、プレミアム価格

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20080618

2008-06-17

続報6―大人のI/O

| 続報6―大人のI/O - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク - 続報6―大人のI/O - 電音の工場ブログ 続報6―大人のI/O - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

「ふろくシンセのできるまで」も いよいよ連載第6回!

6.入出力回路を組み込む ― ふろくシンセのできるまで | 特集記事 | 大人の科学.net

今回の記事では入力と出力について語られている。

出力はなんとスピーカ内臓。これ単体で音が出るようだ。386アンプかな。ただ、この筐体に収まりそうなスピーカサイズだと音がショボイかもしれないなぁと思った。ちゃんと出力コネクタも出ていて、手持ちのアンプに繋げばよりリッチな音になると思われる。

注目は入力である。“Ext.Source”と記載されているので、他のVCOやノイズ音を突っ込んでふろくシンセVCFで遊べるのかな、と思ったらちょっと違うらしい。Ext.CVソースということらしい。いやさらに正確には、F/Vコンバータが仕込まれていて「音声信号を入れるとそれでふろくシンセをコントロールできる」ということのようだ。主目的は既発売のテルミンの音声出力をこの“Ext.Source”に入れて制御することらしいのだけれど、アンプったマイク入力を入れたらどうなるのかな、と考えた。

即席の足跡
  1. 速報 ― 大人の科学マガジン
  2. 続報―大人のシンセ
  3. 続報2―大人のシンセ
  4. 続報3―大人のシンセ
  5. 続報4―大人の設計
  6. 続報5―大人の設計

[ 次回へ続く (6月26日公開予定) ]

2008-06-16

メモ ― 同期

| メモ ― 同期 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク - メモ ― 同期 - 電音の工場ブログ メモ ― 同期 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

複数の演奏体(例えば平たくLFO)が緩やかに同期していったり崩れていったりという仕組みを考える上では、ホタルの集団の明滅の同期を考えるのがいいのかなぁと思ったのでちょっと検索すると多数見つかる。google:ホタル 発光 同期

学術研究テーマとしても成立しているようで、カオスと同じように非線形の領域。一般向けには以下のような図書があるらしい。

不用品リスト作り中

不用品リスト作り中 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク - 不用品リスト作り中 - 電音の工場ブログ 不用品リスト作り中 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

いずれメロトロンにチャレンジしようプロジェクト、身辺整理をしてものを減らさないとスペースを確保できない旨を書いた(すべてはメロトロンのために! - 電音の工場ブログ - E-Musicグループ)。

リストがないと応募も何もないよね、ということで現在作成中、別サイトにまとめつつあります。ここ何年も聞いていないCDをかわきりに、追って製作品や書籍やジャンク・仕掛品、電子部品へとリストを広げていく予定です。

興味を持つものがあったら私までご連絡ください。価格交渉の余地蟻枡。

takedatakeda2008/06/16 21:20みんな、ごめん、やぶ、つついたかも。
蛇かと思ったらごみ、いやちがった、宝が出てくるらしい。みんな、買ってー!

タピオカ鍋タピオカ鍋2008/06/16 23:13どうも。何気なく大学で非線形振動子を扱っていたりします。
無理やりアナログ回路にもっていって研究以外にごにょごにょな感じです。

ChuckChuck2008/06/17 07:27takedaさん、宣伝ありがとうございます。さっそくいくつか引き合いをいただいています。

タピオカ鍋さん、おー、すばらしい。ぜひいろいろとごにょごにょされてください。参考書があったら教えていただけますか? 音楽・音響に適用できたらなぁという野望・妄想を持っています。

takedatakeda2008/06/17 21:10CD類
YMO / ソリッド・ステート・サヴァイヴァー
Dreams Come True / Love Goes On…
キープでおねがしひます。

ChuckChuck2008/06/19 08:18了解でっす。6/21にでも?

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20080616

2008-06-13

一庵一庵2008/06/12 22:56スタンリージョーダンみたいな両手タッピングスタイルの人なら面白い使い方を
考え出してくれるかも知れません。

でもGibson-moogコラボ時代のRDシリーズみたいに当たらない気が…

ChuckChuck2008/06/13 08:34多くのギター弾きは極度にコンサバですからねぇ…

mitsubamushimitsubamushi2008/06/13 20:25サスティナーやE-Bowとは別物なんでしょーかね?

ChuckChuck2008/06/15 05:56近いものなのではないかと想像していますが、MOOGのは弦まで含めた系になっているということです。

gangan2008/06/18 22:02説明を見に行っていませんが、フィードバックでもかけてるんでしょうか?
やっぱりこれからはメカ化?
Chuckさんもメロトロン方面に行かれるようですし :-)

ChuckChuck2008/06/19 11:16最終目標は、楽器を演奏するロボットですね!

ChuckChuck2008/06/20 09:35某所での漫才:
「普通のギターシンセより、ギターっぽい音がするんですね。」
「普通のギターですから…」

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20080613

2008-06-12

すべてはメロトロンのために!

| すべてはメロトロンのために! - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク - すべてはメロトロンのために! - 電音の工場ブログ すべてはメロトロンのために! - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

なんでもMIDI化してやるぜ

実装力がともなっていないながらも、そういう意気込みは筆者も持っている。持ってはいるのだけれど、ここまではできない。

Cooking with MIDI | Modd3d

私がここまでできない理由は明確だ。

続きを読む

所長所長2008/06/12 20:15あれ、3人合唱団はみんあで聞いてみよツアーじゃなかったんでしたっけ?うちで寝かしすぎたかなwww


リストくらはい

ChuckChuck2008/06/13 04:57三相コーラスは貸し出しツアー参加者があのあと現れなくって…
そうか、リストがなきゃわけわからんすね。少しずつまとめます。値がつきそうなものはオフやオクに回すと思いますけど。

ChuckChuck2008/06/13 09:47wikiはラクダ…

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20080612

2008-06-11

多機能CODEC LSI

| 多機能CODEC LSI - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク - 多機能CODEC LSI - 電音の工場ブログ 多機能CODEC LSI - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

最近秋月で取り扱い開始となったこのLSIだが、「MP3デコーダ」という字面だけ信じて軽く見ていたのだけれど、d:id:pcm1723さんのこれらの記事を読んで、知り、そして驚いた。

VS1053b ― Ogg Vorbis/MP3/AAC/WMA/MIDI AUDIO CODEC

各種オーディオ・ビットレート・リダクション・フォーマットの再生ができるらしい、MP3だけじゃなく、WAVもWAVも。もちろんCODECというからには入力側もあって、マイクやライン入力をADPCMにしたりとか。

なにより驚いたのがMIDI。GPIOを2本固定して立ち上げるだけで、GM1のシンセになるらしい。UARTからデータを突っ込めばいいのかな。

これで700円。さっそく48pin 0.5mm足の変換基板を買いに行かなくては。あ、LSI本体もね。ちょっとハンダ付けに慣れた人でないと変換基板に取り付けるだけで難しそうではあるけれど。

しばらくはpcm1723さんのプロジェクトから目が離せませんね*1

ところで

ところで最近MP3/WMAプレイヤのキットで1,980円というのを値段に釣られて購入した。最近WEBラジオを良く聴くのでWMAも再生できるのが嬉しかった。メディアはSDカードとUSBメモリ。USBがHDDもサポートするかどうかは試したことがないので不明。あとでオプションを買っても4,000円足らず。今では最初から全部入りのフルキットも出ていて3,500円で、こっちのほうがお得かも。

基板は全部組み立て済みで、コネクタケーブルにジャックをハンダ付けするだけで動いた。たまにハンダ品質の悪い子がいてちょっと手直しが必要になることがあるかもしれないけど… 現在箱入れを検討中、枕元プレイヤ仕立てで。

*1:ひとまかせかよっ>自分。

takedatakeda2008/06/11 23:03これ5台ぐらいかってきて、別に鍵盤のスキャナ書いて、メロトロンのMP3版ってのだめ?
鍵盤分全部買わないとメロトロンじゃない?

ChuckChuck2008/06/12 09:14やはり88個用意して… いやそれよりもデータのほうはどうします?
いや、それよりももっと大きな問題があります…

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20080611

2008-06-10

国産ケース

| 国産ケース - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク - 国産ケース - 電音の工場ブログ 国産ケース - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

エフェクター入門』や『最新エフェクター入門』をぱらぱらと見ていて思った。

自作エフェクターのケースだけど、みんながみんな1590Bというのは納得がいかん。TS-11*1の復権を!

でも、そんなことを考えるのは少数派なんだろうなぁ…

メモ

| メモ - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク - メモ - 電音の工場ブログ メモ - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

寄能,三浦;「ドラム演奏に関する演奏解析環境の実現を目指して」

http://www.sug.i.ryukoku.ac.jp/miura/pdf_dom/DOM2004-10-MA-DR.pdf

analoganalog2008/06/10 12:0420数年前、TS-11に納めたエフェクタ(自分では最高の出来と思っていた)を友人ギタリストに見せた所、開口一番「デカ過ぎだよ」...orz。(言われてみると確かにデカいと思った。その頃はエレハモとか知らなかったし)それが未だにトラウマとなってます(涙笑

ChuckChuck2008/06/10 12:44あの斜めの踏み心地とか、じゅうぶんな大きさからくる部品配置の余裕とかを知らないんですよ。ツマミを余り上に付けさえしなければ高さ70mmを守ってアタッシュケ型エフェクタケースにもきちんと収まります。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20080610

2008-06-09

続報5―大人の設計

| 続報5―大人の設計 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク - 続報5―大人の設計 - 電音の工場ブログ 続報5―大人の設計 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

ついにオフィシャル告知キター

5.ふろくシンセ、ついに完成 ― ふろくシンセのできるまで | 特集記事 | 大人の科学.net

前回、

これを最終的に6パラメータに絞った模様です。さー、みんなで想像してみよう!

続報4―大人の設計

と書いたこの部分、最終的にLFO Wave SW/LFO Rate/Attack/Decay/Pitch Env/(Filter) Cutoff/(Filter) Resonance SW/Power兼音量SW の8コントロール、うち3つがスイッチ の模様です。

「記事の図面からは読み取れないじゃないか、どうしてそのコントロールがわかるのか」と問われれば、オフィシャル告知に明細な写真が出ているから。

シンセサイザークロニクル?ふろく | 大人の科学マガジン | 大人の科学.net

いやもうこの告知写真を前に私が言葉を繰り出すこともありますまい。ツマミが自慢らしい。発売日の7/30が楽しみっす。


即席の足跡
  1. 速報 ― 大人の科学マガジン
  2. 続報―大人のシンセ
  3. 続報2―大人のシンセ
  4. 続報3―大人のシンセ
  5. 続報4―大人の設計

[ 次回へ続く (6月16日公開予定) ]

gangan2008/06/09 22:25レゾナンスが何度も削除の危機にさらされましたが polymoog さんと編集長さんの愛に守られてとうとう生き残りました。

ChuckChuck2008/06/10 07:17なるほど。私自身はレゾナンスは掛けっぱなしにしちゃう人なのですが、レゾあり/なし の音の違いを知る上でスイッチの存在は大きいですね。

2008-06-06

さらに進捗

| さらに進捗 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク - さらに進捗 - 電音の工場ブログ さらに進捗 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

昨日の問題「※2」

TIMER0で約200μs、TIMER1で32kHz(31.25μs)のタイマオーバーフロー割り込みを発生させていて、TIMER1 OVF割り込みが発生して割り込みベクタにジャンプしたときに、まだTCNT0がオーバーフローしていないにもかかわらず TIMER0 OVFのビットが立ってしまう。そのためTIMER1 ISR終了にTIMER0 ISRへジャンプして、ぜんぜん200μsのカウントにならない。

http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20080605/p1

アウトプットコンペアの割り込みにしたらこの問題は出なくなった。シミュレータの問題? 実チップ/ICEでは試していない。タイマカウンタをこちょこちょするよりアウトプットコンペア(CTCモード)のほうが正確に、というか割込みサービスルーチンのプロローグ部分の長さを考慮しなくていいぶん楽に、実装できるのです。

  • PCMデータを出力するときには31.25μs(32kHz)のタイマを動かす
  • PCMデータのピッチを可変に
    • 位相アキュームレータがテーブルをルックアップ
    • 位相アップデート幅はツマミをADCして決める
      • 設定値取得は急がない→ポーリング
  • シリアルDACでヴェロシティ値を出力するんだけど
    • もしかしたら時間かかるかも→ポーリング
  • 2ms幅のトリガを作るために200μsの割込みを10回カウント
    • タイマルーチンは軽くしておいてソフト割込みをキックしてそっちは多重許可で

という考えで割込みさんたちを配置した。

31.25μsではパラレルDACに最大4データを出力するのだけど、シミュレーションでは約17μsで通り抜けたのでたぶん大丈夫でしょう。200μsタイマではジッタ*1を持ちつつ10回も呼べばだいたい2msになるので良しと。

32KBの壁

webのwavを変換してテーブルにしてATmega128の広大な*2プログラムエリアに記録して読み出して音にしようという企て。変換プログラムを書こうと調べておいたのだけれどちょっと探したらこちらを発見した。奥村先生ありがとうございます。著作にはしばしばお世話になっております。

さっそく都合の良いフォーマットを出力するようにソースを改変して、

PROGMEM uint8_t tblRide[] = { ... };

などというヘッダファイルを作ってみた。データサイズは32768byte(=32Kbyte)。

コンパイルすると「variable too large」とエラー。うわそういえばanalogさんもそんなことを言っていたなぁ。データを一個削って 32767byteのテーブルを作るとコンパイルエラーにはならなかった。

avr-gcc は int が 16bit で、signed int なので 16bit = -32768~+32767 の数表現で、これ以上の数をコンパイラは数えることができないのではないか。他のCPUでは -mオプション int32 というものもあるのだけれど、avr-gcc ではダメな模様。-fshort-enums をはずしてもダメでした。

ということで、アセンブリ言語でテーブルを置いて、C言語から呼ぶ方法にしようかな、と。


<<続く>>

追記
64KBの壁もありそうだなぁ…

*1:より上位に31.25μs割込みが居て確率的に入ってくるので

*2:128Kbyte!

通りすがり通りすがり2008/06/09 12:15avr-gccではlong型は使えないのでしょうか?
int型が16bitの処理系では、long型は32bitが一般的です。

ChuckChuck2008/06/09 12:55ごめんなさい、書き方が悪かったです。
avr-gcc のコンパイラの内部動作仕様として定数は32767までと数えているのではないかと考え、デフォルトintのビット数が増やせるなら増やすことでコンパイラの内部動作が変わらないだろうかと妄想して上記のように書いてしまいました。
結局 uint_8の配列は32767まで、uint16_t の配列は16383まで、uint32_t の配列は8191までなら "too large"エラーは出ないようです。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20080606

2008-06-05

進捗

| 進捗 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク - 進捗 - 電音の工場ブログ 進捗 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

週末に限らず時間のあるときに少しずつソフトウェアを書いている。

逆にこれが災いしている。つまり、少しずつ→書きたいところから→ソフトウェアを書いている、ということになってしまっていて、面白そうなところからツマミ食いしていて、初期化ルーチンとかちょっとデータシートの調べが必要そうなところとかがすっかりあとまわしである。

とりあえずまだ不足はあれど、無理矢理(※1)コンパイルを通してエラー類が無くなり、そしてきちんと動かない(※2)、というのが現状。

以下、個人的なメモ

続きを読む

analoganalog2008/06/05 10:15をぉ! またまた勉強させてもらえそうなコードの予感! 楽しみにしてます。
しかし全然工作できない(ショボン。そんななか昨日ラッキーにも仕事で秋葉原へ! 約半年ぶりに秋月等お参りしました。無意味にMEGA644をご祝儀買い。40pinDIPってやっぱりデカイ

pcm1723pcm17232008/06/05 12:54「※1」と全く同じことを悩んでいました。
現状のFM音源プログラム (V1.01) では (void *) にして逃げていました。
以降の版では、これを参考に変更し、スッキリしたいと思います。

アルゴ算法堂アルゴ算法堂2008/06/05 14:06 構造体で自分自身のポインタを書くときには、上の例ならば、

struct _Tr909Inst *p;

 とか、書くと、通るはずです。
 これは、以前に出てきた名前しか使えないという制限から来るもので、未出関数のとき関数の前方参照定義が必要なのと同じ理由ですね、きっと。
 本質的に1パスで処理している都合なのでしょう。

ChuckChuck2008/06/06 08:01みなさん、こめんとありがとうございます。
analogさん、今回はちょっとコード量が多くなりそうです。部分的にでもライブラリ化できればとは思うのですがオーバーヘッドがあります。ATmega128は容量は余裕なのでそちら方面のオーバーヘッドは許容して楽に書いています。

pcm1723さん、おお、同じようにお悩みだったとは。オープンっていいなぁ。

アルゴ算法堂さん、ありがとうございます。そうなんです、上のOK事例がOKならありじゃん?とその記述にしてみたらOKでした。逆に、
  typedef struct _Tr909Inst *TR909Inst_P;
が、struct _Tr909Inst がまだ記述されていない位置にあるのが心に引っかかっています。

通りすがり通りすがり2008/06/06 10:50ポインタを"宣言のみ"する場合、指している型の詳細は分からなくてよい(構造体の実体としてはvoid*一個分確保すればOK)、ので大丈夫です。
もちろんポインタ経由で構造体メンバにアクセスするようなコードはその構造体の宣言が完了するまで使えません。
909楽しみにしています。

ChuckChuck2008/06/09 06:59通りすがりさん、どうもありがとうございます。
確かにメモリ的にはそうですね。K&R 第2版でもこれといった説明もなく(付録AのBNFは見ずに書いてます)そのような記述になっていました。

2008-06-02

Dr.Oからの手紙

| Dr.Oからの手紙 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク - Dr.Oからの手紙 - 電音の工場ブログ Dr.Oからの手紙 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

知り合いから質問のメールをいただいてお返事したのだけれど、当ブログ的なネタだったのでこちらにも掲載します。

続きを読む

suikansuikan2008/06/02 10:10DWM先月号付録は2000円追加すると、SD/MMCアダプタをつけられます。で、ST Microの簡易FATライブラリがついています。PCじゃ無くてLinuxで読むのなら、単に最初のセクタから書いていくってのも手だと思います。

suikansuikan2008/06/02 10:11あと、IF誌のFRマイコンはUSBホストがありますね。大容量ファイルシステムのソースがあるかもしれません。

ChuckChuck2008/06/05 08:18なるほど、速いマイコンならそのままいけちゃう可能性も高いですね。suikanさん、どうもありがとうございます。Dr.Oにもフォワードしておきました。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20080602