電音の工場ブログ

当ブログは…

自作エフェクターシンセサイザ製作のネタや開発覚え書きなど、筆者の電音活動を記録しています。お探しの記事が見つからない方は、検索カテゴリ一覧をご利用ください。

スパマーが来訪すると、ときどきコメントをはてなユーザのみに絞ったり開放したりすることがあります。

2007-11-23

ディジタルLFO

| ディジタルLFO - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク - ディジタルLFO - 電音の工場ブログ ディジタルLFO - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

まぁ、サミット後テーマなんだけれども、tinyLFOChaotic LFO2をやってみて思ったこと。

遅いところで階段状だ

とくにVCOに適用したときなんぞ、ぴろぴろぴろぴろって感じ。

もっと分解能が欲しいなぁ… 時間的にも振幅方向にも

アナログLFOやVCLFOを作れっていう話なんだけど、ディジタルで押すとしたらどうするか。

時間的には演算を速くするしかない。クロックを上げる、アルゴリズムを賢くするか、16bitや32bitの乗算器のあるマイコンを使うか。

振幅方向にはDACの分解能を上げるしかない。手軽さと再現性の面からマイコン内蔵のPWM機能を使っているけれどPWMの周波数との兼ね合いもあって8bitを採用している。12bit以上ぐらいのものを使いたいと思う。マイコンとのインターフェースがパラレルかシリアルかは措いておいて。

ということで、雑誌の付録のV850とかADuC7026とかdsPICとか外付けDACとか投入決定。着手がいつになるかわからないけど。

わらしべわらしべ2007/11/23 21:54こんばんは。おっしゃる通り、数を作るなら精度の問題も含めパンチプレス加工が良いと思います。でもハンズ横浜店の○藤さんには感謝してます。実は「合わなかったら微調整します」とまで言って戴きました。職人魂持った方です。

geniegenie2007/11/24 09:31>遅いところで階段状だ

融通が利く点で、やはり素直に外付けの16ビットDACを奢るのが最良のような気がします。ADuC7026の内蔵DAC+フォト・アイソレーターでKORG式の三相レゾネーターを揺するLFOドライバーを作る計画を寝かせたままになっているのですが、反応の鈍いアイソレーターのところでエイリアスを吸収してもらおうという・・・甘い考えかな。

suikansuikan2007/11/25 10:14一度、きっちりナイキスト周波数できってみてはいかがでしょうか。たぶん階段は消えます。往年のCDのように5次チェビシェフで切るとか…。サンプリング周波数を挙げてやれば、ラフなフィルタでも綺麗な波形になるはずです。
昨晩の呑み会で「来年は小さなホワイトボードを」と提案しました。

ChuckChuck2007/11/28 07:38わらしべさん、情報感謝です。ハンズはシンセのパネル作りでもたびたび利用しますが、よくやってくれるという印象を持っています。

ChuckChuck2007/11/28 07:43genieさん、suikanさん、どうもです。
決まった周期でLFO出力を更新しているわけではないので、とにかくPWMのキャリアを抑圧することだけ考えたフィルタにしていました。一番速いレートから算出して、もう少し遅いフィルタにしてみます。本当ならLFOのレートにあわせて出力フィルタのカットオフを変えるといいのでしょうけれども。

kobakoba2009/08/14 16:40初めまして、小林と申します。
私もPSE01エフェクターを収集しています。
残りはPE-01のみとなりました。(ラインセレクタ-とミニペダルは除きます)
PE-01を探していたところ、このHPにたどり着きました。
私もエフェクターの収納に悩んでおります。
現在はSB-100とSB-40に収納していますが、マルチエフェクターのように使用できるように収納したいと考えております。
そこでお願いがございます。
1.お取引していただけるPE-01の程度の良いものは  ございますでしょうか?
2.エフェクターを収納している写真や図面などがご  ざいましたら、送付していただきたいのですが。
よろしくお願いいたします。

ChuckChuck2009/08/16 07:45こんにちは。
1.たぶんいくつかすぐに確認できない場所に溜め込んであり、状態までは把握していません。ここ数ヶ月で急激に劣化してきているのでご希望に沿うものはないかもしれません。
2.自作マウントについてはありません。PSE01シリーズのマウントを検討しましたが、技術的要件から止まっています。これについては近々記事化するかもしれません。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20071123