電音の工場ブログ

当ブログは…

自作エフェクターシンセサイザ製作のネタや開発覚え書きなど、筆者の電音活動を記録しています。お探しの記事が見つからない方は、検索カテゴリ一覧をご利用ください。

スパマーが来訪すると、ときどきコメントをはてなユーザのみに絞ったり開放したりすることがあります。

2007-08-318月のリファラ このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

葉月の製作 → id:Chuck:20070801:p1

環境整備も中途半端だったかな。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20070831

2007-08-30

集合

|  集合 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  集合 - 電音の工場ブログ  集合 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

最近あんまりエフェクタそのものは作っていないのだけれど*1、制御とかシステムアップとかの方面は常に頭のどこかで考えていたりするような気がする。PSE01シリーズのオリジナルシステムボードとかね。

で、偶然 こちら(さくらのブログ)のページに遭遇。80年代に流行ったエフェクタのノックダウンですね。

当時、実際にノックダウンされた方はいっぱいいらっしゃるに違いない。そういう仕事を20年以上のときを経て、目にするのもまた良いものです。

*1:しかも歪モノ系は詳しい拘りの人がいっぱい出てきているから筆者の出る幕はないし。

所長所長2007/08/30 20:12しかしまぁ、"基板"の字の間違いの多いですねこの人種は・・・。

中空配線って何???どこらへんが抜けてるの????とかアホな人が多いのにはウンザリです・・・。


ちなみにこのデザインは高中正義のタイプですね。

ChuckChuck2007/09/02 16:59意識が薄いと「基盤」と誤変換したままになってしまうんでしょうね。少しずつ、しかし粘り強く言い続けるしかないです。「基盤って何ですか」と最初から敵対的な態度を取るのもまたよし。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20070830

2007-08-29

やること選別

|  やること選別 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  やること選別 - 電音の工場ブログ  やること選別 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

昨日の考えのもとに、やる事を絞り始めるの図。

このフェーズにくると飛んだ開発よりは、これまでサボってきた収束モードのものも含まれてくる。

ざっと挙げると、

  • 電源改修
  • Gate/CVの内部バス化 と バスアクセスパネルの作成
  • MIDI2CVのデバッグ
  • Mr.MIDI2 の箱入れ
  • 山下シンセVCOの発振器部分の入れ替え
  • 山下シンセVCFのノイズ取り
  • tiny LFOのモジュール化
  • Chaotic LFO(PWM版)のモジュール化
  • FM的VCOのモジュール化

こんなところだが、こんなにできないのでさらに絞る。4つぐらいがいいところかな。

あっさりと現段階で諦めたのは、

  • リバーブの仕上げ
  • MIDI2CV2(ADuC7026版)
  • MIDI2CV3(MIDI-CV変換機)
  • オルガン音源
  • プレステコントローラ利用UIモジュール
  • シーケンサモジュール
  • 加速度UI

といったアイテム。こりゃ無理だ。時間がない。しむー。

それにしても、ブレッドボードやちょっとした基板で実験している分にはいいんだけど、形にしようとすると機構部品が足りない足りない。やること絞って、買うものリストアップして秋葉原に行かなくては。

ありまありま2007/09/02 23:27がんばれー!個人的にはカオティックLFOがわくわく。
私はと言えば今になってスプリングリバーブ駆動実験をしました。
んで、シグナルトレーサ(と言う名のアンプ:30W)が飛びました(涙)。
電源は要注意すね。

ChuckChuck2007/09/03 15:58そうですね、エフェクタにも適用できるので、がんばってみましょうかねぃ。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20070829

2007-08-28

残された時間は余り無い

|  残された時間は余り無い - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  残された時間は余り無い - 電音の工場ブログ  残された時間は余り無い - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

毎年11月頃にアナログシンセを作る人・興味ある人が集まる「アナログシンセ・ビルダーズ・サミット」が開催される。きっと今年もあるだろうという前提のもと、それまでに何を仕上げるかそろそろ考え始めるタイミングに来ている。

ほぼその都度思いついたことをそのときできる程度に突っついて、しばらくしたら放っておくということを繰り返すというのが筆者の開発スタイルなのだけれど(エバれない)、そのままではいつまでたっても完成しないので、形にしようとしたときには別のスタイルにシフトする必要がある。

しかしながら現在の状況は壊滅的である。諸般の事情により作業する時間の捻出が極めて難しいのである。

とはいえ、まぁ、腐っても仕方がない。この状況を打破するべく、ここのところは3時起きして少しずつ8月度のテーマであるところの開発環境の構築を粛粛と行っている。徐々にタスクのプライオリティを見直して、9月以降の開発計画を固めていこうと考えている。

ChuckChuck2007/08/28 07:38絵に描いたような起承転結で書いてみました。

analoganalog2007/08/28 09:383時起きですか…最近はその頃に寝てる事が多い。何をやっているんだ?そりゃ〜秘密ですよ。

takedatakeda2007/08/28 23:58>残された時間は余り無い

どきり。わしってば,マジ,目が見えないー。虫眼鏡がないと部品に書いてある文字が見えない,ハンダ付けの時,手元を見るときはメガネをはずし,パソコンのモニターに映した図面を見るのにメガネをして,ふと気がつくとメガネが見つけられない。ちぇ,っとかいいながらモニターにキスするように図面を確認して...近眼と老眼と乱視で目のヘレンケラー状態。(あ,三重苦ね)

確かに「坂道」だよ,これって。転げ落ちてるよ。マジに焦るね。最近,知り合いが,視力の回復のための外科的な手術をやったんだそうで,ちょっと気になる。

痛いのは死んでもいや。麻酔ナシで体を刻まれることを思うだけで痛くて安心して死ねないからという理由で臓器提供同意書とかの書類は決して書かない男が目の手術か?!無理があるなあ。

ちょっと早めにスパート掛けたので,今年サミットもしできれば(ぜひやりたいけど)持っていくネタに困る事はなさそう。今年はともかく,来年も参加するつもりでなんか作るつもりなら,目の事考えなきゃいけないかも。
死んだ後はイヤだけど,生きている間なら我慢できるかもしれない。骨髄バンクドナーに登録するかどうか決心できたら目のあれもOKかもしれない。
(analog さんのヒミツがきになって,きしょーてんけつしそこなった!)

ChuckChuck2007/08/29 10:02きになりますな!>analogさん

目に限らず、感覚器は大事にしないといけないですね。PCなんか目にすっごく悪そうです。ヘッドホンステレオは耳に悪そうです。コカコーラは…

suikansuikan2007/08/29 12:42すっごく歯に。
エントリ読んで、早寝をやめて作業に打ち込もうかなどと考えはじめています。でも、早寝のシアワセも覚えちゃったしな。

ChuckChuck2007/08/30 07:05ここまでで3回当たりました。コカコーラの本数は推して知るべし… そろそろ卒業しようと思います。
最近は21時就寝、3時半起床です。涼しくなってきたので作業のウェイトを高めねば!

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20070828

2007-08-27

LM380アンプ修理

|  LM380アンプ修理 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  LM380アンプ修理 - 電音の工場ブログ  LM380アンプ修理 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

$1-box amp1 活躍中の「100円ショップスピーカ利用アンプ1」だが、踏み潰されて瀕死の状態になってきた。背中のランドセル(=電池ボックス)がぷーらぷら。両面テープとエポキシとホットボンドを駆使するもなかなか着いてくれない。

LM380 powered  Speaker LM380 powered  Speakerそういうわけで利用の主体をこちらに移そうかと考えていたりして。
これは以前作ったLM380アンプだが、恥ずかしながら音が出たり出なかったりする症状があったので、開腹してみた。

開けてビックリ玉手箱。オープン型φ6.3ジャックのTip接触部分がグニャリと曲がっている。暑さ恐るべし(違う)。なんかで曲がっていたのがプラグの抜き差しでいっそう曲がってしまったのであろう。

グイと戻して修理完了。バラックで音出し試験をしてOK。

ネジ止めしたら、音が出なーい!

なぜだ。

再び開腹すると、どうやらリミッタとして仕込んだ豆電球が緩んでいたようだ。しっかりねじ込んで再び音が出るようになった。

裏蓋を閉じて、ネジを締めて、音出し確認をして、回復。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20070827

2007-08-24

差し上げます 第三弾

|  差し上げます 第三弾 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  差し上げます 第三弾 - 電音の工場ブログ  差し上げます 第三弾 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

部屋が手狭になってきたのでいろいろ処分の第三弾。揺れモノコレクションを放出します。

内容は、

状態AS-ISで。ワウはサイドチェーンのバランスがちょいと悪くて低音弦に引っ張られます。

送料ご負担のみで、と言いたいところですがそれなりに愛着がありますので、「魚心あれば水心」の精神でお願いします。複数のご応募があった場合を考えて、8/31までに到着したメール(サブジェクトは 揺れモノコレクション でお願いします)のなかから選びたいと思います。

the modulators 揺れモノ コレクション

the modulators

r0r0r0r02007/08/25 00:26をぉぉ、それまで放出してしまうのですね・・・・
なんか残念。

ChuckChuck2007/08/25 02:08各方面でウケをとっていたコヤツですが、次のステップに進むべく放出することにしました。別にエフェクタの自作をやめるわけではないです。とはいえここしばらく9V系はあまり弄っていませんけど。
r0r0さんも揺れモノコレクション列にエントリされますか?

ChuckChuck2007/08/30 07:24今のところ希望のメールは無いですなぁ。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20070824

2007-08-23

『コンプリートSYNTHプログラミング・ブック』

|  『コンプリートSYNTHプログラミング・ブック』 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  『コンプリートSYNTHプログラミング・ブック』 - 電音の工場ブログ  『コンプリートSYNTHプログラミング・ブック』 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

『コンプリートSYNTHプログラミング・ブック』という本がちょっと前に出たので入手してみた。

こんな感じの章立てになっていて、

  1. サウンド学入門
  2. 減算方式シンセサイザーの音作り
  3. FM方式シンセサイザーの音作り
  4. その他のシンセシス方式紹介
    • 加算方式
      • 倍音加算方式
      • ベクター・シンセシス方式
    • ウェーブテーブル方式
    • サンプル・プレイバック方式
  5. 機種別サウンド・メイキング道場

まぁ、ひととおり触れてあるという感じ。扱う範囲が広い分 それぞれの突っ込みは浅い。しかしそれぞれがどんなことをやっているのか概観するには手ごろな本ではなかろうか。

そもそも製品版アナログシンセなんかいっそうマニアックな世界に行ってしまったし、モデリングはパッチの自由度に限りがあるし、FMもブームは過ぎている。その意味においてちょっと深いところは絶版図書に依らざるを得ず、そのような環境にあって本書のような現行本で広く浅くで軽くさらっておくのは悪いことではない、ていうか他に選択肢がない。

しかし昔の書籍との違いは、本書ではCDが2枚 付属しており、実際の音を聞きながら読み進められる点にあろう。これは今時風でたいへん結構なことだと思う。

コンプリートSYNTHプログラミング・ブック

コンプリートSYNTHプログラミング・ブック

  • 作者: 高橋信之
  • 出版社: リットーミュージック

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20070823

2007-08-22

差し上げました

|  差し上げました - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  差し上げました - 電音の工場ブログ  差し上げました - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

先日挙げた、

について、後者はわらしべさんのもとへ、前者はご希望者なく廃棄となりました。

また準備が整い次第 不用品放出 いたします。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20070822

2007-08-20

コカコーラ

|  コカコーラ - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  コカコーラ - 電音の工場ブログ  コカコーラ - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

20数缶にして、ようやくあたったよ。http://www.cocacola.jp/index.html

UI事例

|  UI事例 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  UI事例 - 電音の工場ブログ  UI事例 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

よく覗くストロベリー・リナックス - Exciting Electronicsで、GPSのロガーが発売になっていた。GPSの信号を受けてSDカードに記録するという代物。

ボタンやLCDの類がない中でどのようにセットアップをやっているのかと思って取説を見てみたら、SDカード中にセットアップ用のファイルを書いておいてそれに従ったセットアップがなされる模様。

覚えておこうっと。

まやまや2007/08/20 10:36あんまり飲み過ぎると、歯が溶けますよ(^^;
友人はペプシ飲み過ぎて歯がとけて歯医者に通ったらしいです。

ChuckChuck2007/08/20 14:12それはヤバイ。1日1缶に抑えます。

analoganalog2007/08/20 20:28去年、ウーロン茶11本飲んで当たりました!<nano
コーラは今日初めてエントリしました。しかし当たるまで飲んだら健康診断の再検査に当たりそう…

ChuckChuck2007/08/21 04:14あ、あたったのは iTunesの楽曲1つです。ウーロン茶11本でnanoっていうのは確率高いでは?

suikansuikan2007/08/21 11:46歯の健康を差し出して、耳の健康も差し出すのですね(を

ChuckChuck2007/08/22 10:03歯も耳も回復不能なダメージを受けますからねぇ…

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20070820

2007-08-17

電源の動作

|  電源の動作 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  電源の動作 - 電音の工場ブログ  電源の動作 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

最近パソコンを組んだ(id:Chuck:20070802:p1)ことに伴って、パソコン雑誌を読むチャンスが増えた。いやー、進化が速くて数ヶ月見ないとわけわかんなくなっているのだもの。特に今回は5年ぶりのパソコン組み立てで、コアの部品がかなーり入れ替わっている。

それはともかく、DOS/V magazine のバックナンバーをつらつらと眺めていたら、2007年5月号に、

電源ユニットの働きと仕組みを知る ― 大島篤のDIGITAL TECHNOLOGY IN THE LIFE Vol.4

という記事があった。もちろんパソコン電源前提の説明なのだけれど、整流回路の実態的なイメージ図があってわかりやすかった。スイッチングレギュレータの基本動作を説明する回路図もあった。

ときどき検索さんで電源の動作解説を求めて漂着される方があるし、エフェクタ自作される方の中に「電源はちょっと…」という声を聞いたので紹介してみる。

もっとも↑を見て設計・製作できるようになるわけではないので、まずは動作を知りたいという方向け。実際に製作を考えていらっしゃる方は、以前紹介した書籍(id:Chuck:20061207:p1)を参考にされてください。

suikansuikan2007/08/17 11:09私の電源は掃除機のごみパックみたいな状態になってました。定期的に掃除したほうがいいのかもしれません。

ChuckChuck2007/08/18 09:11電源に限らずマザーボードも定期的に掃除したほうが良さそうです。電動のブロアでときどき埃を吹き飛ばしています。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20070817

2007-08-16

キャスタ付き台

|  キャスタ付き台 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  キャスタ付き台 - 電音の工場ブログ  キャスタ付き台 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

部屋の整理の一環で、たまったエフェクタ(リンク)を箱に詰めて19インチラックの上に置いた。

浮いたキャスタ付きの台を別用途に回してみた。キャスタ付きの台とはこんなやつ。

truck 1 そう、引越し業者さんがよく使っているような、平板にキャスタが付いている奴。こいつは 450x300(t=15)の板にキャスタを4つ付けてある。今まではエフェクタを箱に入れて載せていたのだけれど、これを転用することにした。

truck 1 + toolbox 工具箱を載せてみた。
写真が暗くてすみません。工具箱がひとつだったときは納戸に置いておけたのだけどちょいと大きいのでジャマモノ扱いされて弾き飛ばされてこの部屋に居座っている。そして今や工具箱は同じ物が2つあって、下が金工木工用工具箱、上が電気電子工作用工具箱。

手持ち電動工具(ドリルドライバ、オービタルサンダ、ジグソー、ディスクグラインダ)はあいかわらず納戸においてある*1のだけど、どうしても置けない工具がある。卓上ボール盤がソレである。

卓上ボール盤は20kgほどあって床置きすると周辺の土地が死んでしまう。しかしマメに場所をずらそうとすると腰が死んでしまう。

そんなわけでもうひとつキャスタ付き台車を作るしかない、♪作るしかないよー ということで、450x450の板にカッティングシートを貼り、キャスタをネジ止めして作った。作業過程や単独完成写真を撮ろうという気が萎える暑さだったので撮っていないが、材料を以下に掲載しておく。

  • 450x450 (t=15) のMDF板
  • 1m幅のカッティングシート 60cm
  • 40mmのキャスタ 6個
  • φ5x12mm のステンタッピングねじ

東急ハンズで しめて3910円。キャスタが1個400円弱だったのが効いて思いのほか高くなってしまったが…

truck 2 + boring machine んで、さっそく卓上ボール盤を載せてみた。
台車は少し大きめに作ったので、卓上ボール盤だけでなく穴あけ冶具類(センタドリルとか切削油とか)を収めた箱とフラットケーブルの圧着工具*2を空いたペースに置いて、必要に応じて位置をずらすことができるようになった。
あと台車に載らず浮いているのはアクリル板の端材約10kgが入った箱とフラットケーブルのリール約15kg(!)。どこに置いたものか…

いやー、しかしそれでもこれで工具類で塞がっていた一角に立ち入ることが可能に。すなわちCDを取り出せて、MIDI音源やハードディスクレコーダ(KORG D16)やパッチベイにアクセスできるようになりました。めでたい。ちょっとした夏の工作。

*1:家族から不評である。

*2:そんなものまで持っていたとは。

ChuckChuck2007/08/16 09:18あとは仕掛かり工作品をうまく配置できれば作業スペースが戻ります。トヨタに学べって奴?

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20070816

2007-08-15

KORG D16

感想

|  感想 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  感想 - 電音の工場ブログ  感想 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

スタンドアロンのハードディスク・マルチトラック・レコーダに KORG の D16 を所有している。「使っている」というには恥ずかしいぐらい最近は使用頻度が落ちているのだけれど。確か発売されてほどなくしてから乗り換え*1で購入、その後 Ver.3にupdateしたので、容量が2.1GByteのモデルではなかろうか。

容量がそれなりなので何曲も何トラックも入れっぱなしと云うことはできず、せいぜい数曲がHDD上にある状態。残りの曲はSCSIなCD-RWで外部にバックアップされている。

つい最近になって、ひょんなことから調べてみると、内臓のHDDを交換している例がいくつか見つかる。分かりやすいところではこちらとか → 見つかりません | nana.cc

で、挙がっているHDDの型番を見て、

IDEやんか…

外部I/FがSCSIなのでうっかりしていたが、内蔵HDDはIDEなのである。マニュアルにもそう書いてある。ちなみにファイルシステムは FAT16。

そういうことであれば、ちょうど壊れたパソコンから取り出した2.5インチのHDDがあるので換装してみようと思った。40GBモノを入れれば、トラックダウンするべき手持ちの曲は全部乗ってしまいそうだなぁ。

*1:当初 YAMAHAのアナログコンパクトカセットマルチのMT8Xから入り、ディジタルものが良くなって FOSTEXのD80に行ったが、16トラックとコンパクトさにひかれてKORG D16へ。

r0r0r0r02007/08/15 10:02VS880にでっかいHDを入れた時は、「謎のパーティーションが在るけど認識しないよ」っていう状態にしかなりませんでした。
D16はもっと新しいから使えるといいですね。

ChuckChuck2007/08/15 11:00コメントありがとうございます。手持ちの40GBをPCで弄ってみると、全部をひとつのパーティションにするとFAT32ではフォーマットできないようでした。同じ考えでFAT16だと2GB以上をアクセスできないはず。Ver3時にファイルシステムが変わったのかどうか、資料を探してみます。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20070815

2007-08-14

メモ ― Make blog から

|  メモ ― Make blog から - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  メモ ― Make blog から - 電音の工場ブログ  メモ ― Make blog から - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

オライリーから出ているMakeという雑誌があって、創刊の頃に知った*1のだけれどsubscribe には至らず、そうしたらブログ(MAKE: Blog)があることを知りアンテナに登録してウォッチしていたらかなりのスピードで更新される毎日。世界各地(たぶん)のDIYなプロジェクトを紹介しまくっている。って、前も書いたけど。

で、今回目を引いたのはこのふたつ。

前者はMIDIによるドラムトリガ。大元ページはこちら no titleMIDIだけじゃなくてUSBからもいけるみたい。USBもFT232RL USB処理専用チップを使ったバージョンと、AVR ATmega8 でUSBの処理をさせたバージョンとを用意してあって、部品が手に入らなくて作れないなどとは言えない雰囲気を醸し出している。仕様も良く練られているっぽい。自分でイチから作らなくてもこれを利用すればいいかなぁと云う気がしてきた。

後者は電子マリンバ。昔々のリソースの紹介なのだけど、うむ、すごい。まずは記事を見てみてください。

*1:hotwiredで知ったらしい。

RJBRJB2007/08/14 21:42一家に一台? これさえあればアナログな音源製作の方にパワーを割けますね。マイコンを使った開発は、疲れ切った(年老いた)頭に堪える今日この頃って感じです(笑)

ChuckChuck2007/08/15 07:57アナログ製作へのリソース配分を考えるとこれを利用するのがいいでしょうね。しかし頭の活性化のためにもマイコン開発の余地も残しておきたいところです。

analoganalog2007/08/15 11:48記事のMIDI triggerって圧電素子つなげてMIDI出力する物のようですね。確かにユーザインターフェースがよさげ。ソース見れたら勉強になるのに…

ChuckChuck2007/08/16 00:41そこで逆アセンブルですよ。確かにソース非開示は残念ですね。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20070814

2007-08-13

差し上げます 第二弾

|  差し上げます 第二弾 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  差し上げます 第二弾 - 電音の工場ブログ  差し上げます 第二弾 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

部屋が手狭になってきたのでいろいろ処分の第二弾。送料ご負担ください。

YAMAHAのPSE01シリーズのシステムボード、SB-40です。造りのしっかりしたものなので、自作エフェクタを4個ほど集合させようと考えていましたが、放置すること数年。手放すことにしました。

マウントプレートなし、電源コネクタがなかったので、形状の合う部品を調達しています。おまけで専用ケーブルに合うコネクタをいくつか付けます。

連絡フォームよりご連絡ください。

YAMAHA SB-40 (1/2) YAMAHA SB-40 (2/2)

わらしべわらしべ2007/08/15 23:15Chuckさん、初めまして。わらしべと申します。いつもROMオンリーで失礼しております。SB-40、お願いできればお譲り戴きたく思います。連絡フォームがわからずコメントからのご連絡で申し訳ありません。

ChuckChuck2007/08/16 04:15こんにちは。サイドバーの「電音の工場」のリンクからフォームにたどり着けますので、あらためてご連絡ください。
"LUNCH BOX"風に仕上げていただければ。

2007-08-12

差し上げます 第一弾

|  差し上げます 第一弾 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  差し上げます 第一弾 - 電音の工場ブログ  差し上げます 第一弾 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

部屋が手狭になってきたのでいろいろ処分の第一弾。送料ご負担ください。

自作のアルミ板折り曲げ器 id:Chuck:20051221:p2 なんですが、ブレードが鈍ってきているものの、何とか使えると思います。

連絡フォームよりご連絡ください。

bender

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20070812

2007-08-10

部屋の整理中に記念撮影

|  部屋の整理中に記念撮影 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  部屋の整理中に記念撮影 - 電音の工場ブログ  部屋の整理中に記念撮影 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

いつの間にか集まったYAMAHA PSE01シリーズ。

YAMAHA PSE01 series

こんなに集めてどうするんだという感じ。コーラスは7台もあるし(CH-01 x4, CH-03 x3)。フェイザとかフランジャも2台ずつぐらい。ディレイに至っては3台も。あ、でも昔2台使っていた人いたよね。しかし歪みものは弱い。オーバードライブとかハーディストとか高くなりすぎちゃって買えんし…


それから、これ。

BOSS Foot Switch

FS-5Lがようやく8台たまったので、「Chuckのアナログ・マルチエフェクタ」の切り替えスイッチを作ることができる(本気でやるのか?)。

所長所長2007/08/10 23:11ご不要なものの引き取り承ってます(ぉ

ChuckChuck2007/08/11 00:34今日載せたものはいつか弄る溜め込み品です ;-)

ChuckChuck2007/08/13 07:14部屋の整理していたらもういっこ CH-03が出てきた。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20070810

2007-08-09

思い出したようにセンサ

|  思い出したようにセンサ - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  思い出したようにセンサ - 電音の工場ブログ  思い出したようにセンサ - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

先日の秋葉原行で、takedaさんが加速度センサをご購入*1。うちにもあるのでなんとか料理しなくちゃと思っていたら、しばしば通販を利用しているストロベリーリナックスから地磁気センサキャパシティブ・センサが最近発売されたらしい。

最近ディジタル小物寄りの工作が多いので、アナログものに回帰しなくてはと思う今日この頃。しかし当たり前のことだけど、使えるUIに仕上げるにはいろいろと試行錯誤が必要で、その時間が取れるだろうかと悩む明日明後日。

ところで前者の地磁気センサは7、8年前に同じデバイスを購入していたことを思い出した。部品棚に確認。

*1:そそのかしたけど。

takedatakeda2007/08/10 04:40いや、僕も、おにぎりのほうがいいかなーと思ったんだけど、8年山ほど柿がなるんだよーっていうんで、わくわくしてますーええ、ぶくぶくぶく。(ウインドコントローラーにつけて、首振るとビブラートで振り回すとベンド掛かるとか、ビジュアル的にはいけるかなとか....、スマートさにはかけるかもー)

ChuckChuck2007/08/10 22:52どのように仕込むかは悩ましいですね。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20070809

2007-08-07

環境構築編 ― シーケンスソフト考

|  環境構築編 ― シーケンスソフト考 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  環境構築編 ― シーケンスソフト考 - 電音の工場ブログ  環境構築編 ― シーケンスソフト考 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

「みんなびんぼーがわるいんやー」

もとい。

マイコンとかの開発環境用に構築中のこのPCで、DAWもさせようと欲張っているのが悪いのだと思う。

r0r0さんにご提案いただいた E-MU 0404 SE*1には Cubase LE や Sonar LE がバンドルされていて 魅力的なのだけれど、機能を比較してみるとやっぱりLE版。MMCやsyncは無いようだ。

それぞれLE版の機能比較

ちょっと遊ぶには十分という考えもあろうかと思うが、むしろここはスパッと諦めてフリーソフト DominoMusic Studio Producer / Standard / Independence シリーズ*2あたりの導入を考えるのはどうだろうか。後者はKORGのVSTを使わないことにしてDAWまたはsyncのできるMIDIシーケンサとして使う。あるいはマスターでもええやないか、KORG D16とアナログシンセ(MIDI2CV経由)を繋いで… って、ふと気づいた。手持ちのMIDI I/FはRoland UM-1S。MIDI In/Out 1系統ずつ。おー、多系統のMIDI I/Fが欲しくなってきました。

ということで、サウンドハウスで調べてみると、意外と種類が無い感じ。Rolandとか1Uラックものはないのね。M-AUDIOに侵食されているのだろうか。

MACで使っているMTP IIに負けていないものを…と考え始めるとこれまた高くなってしまう。やはり音楽制作はMACで閉じて開発用マシンでDAW/DTMは考えないほうがいいのだろうか。

なんて言っておきながら1万円程度だと2ヶ月もお小遣いを貯めれば買えそうなので買ってしまうかも知れん > E-MU 0404SE。

*1:Proteus X2バンドルかっと思ったらバンドル版はもう1万円ほど高い。SEにはProteus X LE VSTi。

*2:ここ1年アップデートが無いのでちと不安。

takedatakeda2007/08/08 19:22あれ?E-MU 0404って,僕も,オッショさんに薦められて手に入れた奴じゃねえかな。機械の中に突っ込んじゃって,何が入ってるんだったか忘れてる状態だけど。
悪くないというか,良いかどうかはわからないというか,普通に使えます。他のソフトと組合わせて,オーディオのチェック用に使えたりもします。いや,もちろん,真空管とかの数%とかいうやつね。0.0005%とかを見るのは筋違いかもだけど。

みつばむしみつばむし2007/08/08 20:09 あら...1UなMIDI I/Fって廃れてるんですねぇ...知らなかった。
 オーディオI/OはGK VaraVBoxの為にも最低6入6出+モニタ出力付なのが欲しいですね(^ ^)
 え”お呼びでない<(_ _)>

ChuckChuck2007/08/09 10:44なんとなくオーディオI/FとしてはUSBや1394でPCと繋ぎたいところです。最近国産メーカー応援モードでもあり、今 気になっているのはYAMAHAのGO46です(Cubase LEバンドル)。
Rolandの3in3outの奴は合体して9in9outの1Uになるらしいですが…
おー>GK VaraBox しかしオーディオI/Oが6入6出あってもLE版ソフトでは同時録音数が少ない気がします。やはり専用機、やはりMACというセンで。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20070807

2007-08-06

環境構築編 ― ソフト その1

|  環境構築編 ― ソフト その1 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  環境構築編 ― ソフト その1 - 電音の工場ブログ  環境構築編 ― ソフト その1 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

粛々とソフトウェアのインストール作業をしております。インストール順序はとくに気を遣うことも無く、お皿が見つかった順番というか…

MIDI鍵盤関係(KORG K25, KONTROL49)をインストールしようとして、んじゃおまけソフトウェア音源(M1Le, WAVESTATION)もいれましょ、どうせ入れるならVSTi版*1がいいな、コンテナホストには以前紹介した Music Studio の Independence を近々シェアウェア登録して… と考えながらインストール作業。

ところが、M1LeやWAVESTATIONをpluginに入れるとシーケンスソフトが固まってしまうのである。解決方法があるのかもしれないけれど、深く追求する時間が取れなさそうなので、当面は使用を断念した。

やっぱりMIDIシーケンサは欲しいので物色中。DAW機能をばっさり省いてDominoとか。

それでもDAWなDTMソフトウェアも気になっている。市販品はどうだろうか。種類が多すぎて把握しきれないが、1万円台までということでは、

とかそんなあたりであろうか? ACIDはDAWシーケンサとは違う気がする。MUSIC CREATORはVSTiはホステージできるのかしら? XG Works STにするとS-YXG50をVSTi化できるなぁ、とか。

筆者は レコンポーザ98 に始まりMACに移って、一時 LOGIC Audioへ浮気したものの、Band-In-A-Boxで遊んだり Performer + Unisyn という環境でやってきたので、本格的なDAW化は Digital Performer へと進みたいのであるが、ハードウェアがついてこない状態にあって、今回導入した電音活動開発用Windowsマシンに *簡易な*DAWを導入したいのだけれど、本格的な奴に目移りしてやっぱり高いなぁ、となっている次第。Cubasis なんか昔はバカにしていたのに。

機能限定なソフトを単品で買うのとAudio I/Fの付属の機能限定版を使うのとどちらが良いのかこれまた悩んだり。YAMAHAのGO46(FirewireなMIDI/Audio I/F)に付属の Cubase LEとか。

そんなこんなで悩んだところで、当面は資金がないのだけれど。

いや、そもそもMIDI Machine ControlとSyncの機能さえあればDAWじゃなくて手持ちのHDDレコーダ KORG D16 をコントロールするのが一番いいんじゃないか、とか… orz

追記

LUNA っていうのもあるのね>http://www.gizmodo.jp/2007/03/mutoolslunawinmacdaw.html

しかし Multi timbreなVSTiはダメなのでダメっぽい。

追記2

*簡易*なDAWにsyncやMMCを求めてはいけないという説あり。例えば Sonar の Home Studio にはその機能がない。5万円ぐらいのStudio版にはある。しかしMMCやsync当たり前の構成で慣れてしまったからなぁ…

追記3

*1:VSTiについて分かりやすい説明のページ発見 → http://dtm-creator.com/course/muryou3.html

r0r0r0r02007/08/06 23:13http://jp.creative.com/products/product.asp?category=237&subcategory=239&product=10447
これ買ってバンドルソフトで遊ぶのはどうでしょ?

ChuckChuck2007/08/07 02:53アドバイスありがとうございます。なるほどLE版ながらバンドルソフトも豊富ですね。安価に遊ぶにはこれかなぁ。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20070806

2007-08-04

環境構築編 ― PC組立 その2

|  環境構築編 ― PC組立 その2 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  環境構築編 ― PC組立 その2 - 電音の工場ブログ  環境構築編 ― PC組立 その2 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

そういうわけでPCパーツを買ってきて、でもケースは送りにして、翌朝そのケースが到着。さっそく組み立て(仮組み)を開始した。スタッド(スペーサ)は無くても大丈夫な筐体だったのに取り付けてしまったりと微笑ましいミスを繰り返し、なんとか完成。メモリの相性が気になるところで、先人の智慧にしたがってMemtest86をかける→3時間回したところではNo Errorだったのでよしとした*1。雷が鳴ってきたので恐くなってざっと本組みをして作業を止める。

夜に再開して BIOS設定(RAID1)、Windows XP Proのインストール。

作業を翌日の放課後に繰り越してやってみると、なぜか動作が安定しない。突然リセットがかかってしまう。青い画面にもならない。POST時のビープ音も正常音(.)だったり異常音だったり(-.), (..) 再現性も得られない。借りてきたグラフィックカードを挿してみるとこれがまた顕著で、10分以内に飛んでしまう。

これはもうマザーボードの不良かと荷物をまとめ始めたところで、ふとRAID1をやめてみる設定を試してみた。果たして突然のリセットは出なくなった。うーむ。ディスク2台として使おう(弱い)。

気を取り直してOSを入れなおそうとしたらうまく進まない。どうやらこちらと同じ症状に陥ったようなので、回復コンソールでfixmbrして事なきを得る。

1日あいて、翌日にいよいよ設置を開始。

PowerMacさんにちょいとどいていただきそのうえ横っ腹にGbEハブを貼らせていただいて、後釜に座るC2D ATXマシン。

ようやく作業部屋に土地が戻ってまいりました。さーて、これからソフトウェアを入れなくては。

*1:実は同時に買った同スペックマシンではtest#7でエラーが出たりして、高負荷時のスイッチングで周囲状況によってドライブできない軟弱ビットがありそうなそんな感じだったのだけれど、メモリ買い増しで選別して対処するそうな。豪気

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20070804

2007-08-02

環境構築編 ― PC組立 その1

|  環境構築編 ― PC組立 その1 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  環境構築編 ― PC組立 その1 - 電音の工場ブログ  環境構築編 ― PC組立 その1 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

5年ぐらい前に WiNDyのベアボーンキットを買ってセレロンマシンを組み立てたことがある*1開発用にという野望むなしく家族に持っていかれてしまった。

その後はノートパソコン*2を調達してちまちまとやっていたけれど、このたびCドライブがカツカツになってきた。ドライブの乗せ換えとかパーティションの切りなおしとかで対応できなくもない範疇だったものの、先日秋葉原で見積もったら考えていたよりも安く上がりそうと認識を新たにしたので、頼み込んで資金を調達してきた。

んで、買った部品が↓

続きを読む

*1:昔の資料を紐解くと Celeron 1.4GHz, PC133 512MB(CL=3)というスペックらしい。

*2:ポートリプリケータにCOMポートが立ち上がっている奴。

まやまや2007/08/02 10:30>Win XP Pro DSP版
DSP版!?ってなんですか・・・?

ChuckChuck2007/08/02 10:37Delivery Service Partner版 です。マイクロソフト用語と思われ、世間一般でOEM版と呼んでいるものと同一です。

まやまや2007/08/06 08:43後で調べてみたら、ビルダー用に販売しているんですねー。知りませんでした^^;

2007-08-01

月初

|  月初 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  月初 - 電音の工場ブログ  月初 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

タスクのページの「Chuckの××」と云うところを見ればわかるように、止まっている工作はたくさんある。が、現時点の重要課題は「工作できるようにする」という一段階メタなところに来ている。

喫緊では部屋の整理であるが、同時に先日の秋葉原行の記事でも書いたように、買ってきたPCパーツを組み上げて稼動に持っていかなくてはならない。そしてソフトウェアもインストールしなくてはならない。

いや能力のある人だったらさくっと1日2日で終わってしまうことなのだと思うのだけれど、ここ最近の筆者のリソースを棚卸ししてみるとものすんごく時間がかかりそうな気がしてきたので、8月の宿題*1 と称して下手すると1ヶ月の時間をかけてやってみることにする。

葉月の製作

  1. 開発環境の構築 (task:9:121)

*1:夏休みの宿題ではない。ていうか休みが取れて時間を投入できればもっと素早かろうと…

suikansuikan2007/08/02 04:29ちょ、喫緊って(笑

suikansuikan2007/08/02 04:30それはともかく、仕事を休めても家では休めないと見た。

ChuckChuck2007/08/02 06:51なかなか本線の工作に戻れません。PCの組み立てに留まらず関連の工作も必要になるかもしれません。が、ご推察の通りで、最近は寝不足です。