電音の工場ブログ

当ブログは…

自作エフェクターシンセサイザ製作のネタや開発覚え書きなど、筆者の電音活動を記録しています。お探しの記事が見つからない方は、検索カテゴリ一覧をご利用ください。

スパマーが来訪すると、ときどきコメントをはてなユーザのみに絞ったり開放したりすることがあります。

2007-07-20

トランジスタ技術 2007年8月号

|  トランジスタ技術 2007年8月号 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  トランジスタ技術 2007年8月号 - 電音の工場ブログ  トランジスタ技術 2007年8月号 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

今発売されている雑誌、トランジスタ技術2007年8月号には、dsPICというワンチップマイコン基板が付録している。

雑誌記事は「難しいこと言わないからC言語でとにかく動かしてみましょう」というload-runnerでもいいからスタンスで、デバイスの情報が薄い。ということでデータシートを落としてきた。

dsPICは16bitで除算器とちょっと賢い積和演算器が入っている。

命令実行は30MHzで、プログラムメモリは4Kワード、メモリ1Kバイト。

DACは無いけど、だいたいのワンチップマイコンに載っているペリフェラルはある。

さて、なんに使いましょう。アイディア募集中

MIDI-CV変換器ではもったいない感じですね。


ところでトラ技の次月号には今号の付録基板の実験マザーボードが付録するようで、さらに増お手軽感な実験ができそう。

まやまや2007/07/20 10:07dsPICの入門用に使い方に関しての記事が欲しかったので買いました。けど、来月のマザーボードと記事に期待しています。マザーボードがあると色々実験が出来るなーと思って。

アルゴ算法堂アルゴ算法堂2007/07/20 23:14DSPにこだわらなくても、速くて乗算があるからいろいろ使えそう。プログラム容量が少ないからアセンブラの出番?
 記事ではパスコンの追加をしているけれど、ボードには既についているような気がするのですが。それとも、パスコンの位置が悪いというのか、こちらが何か見落としているのか…

ChuckChuck2007/07/21 06:02まだちゃんと見ていませんが、DSPらしく積和演算がMAC後レジスタのupdateをするニーモニックになっているように見えます。おまけのC言語できちんとコンパイルしてくれるのかなぁ…

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20070720