電音の工場ブログ

当ブログは…

自作エフェクターシンセサイザ製作のネタや開発覚え書きなど、筆者の電音活動を記録しています。お探しの記事が見つからない方は、検索カテゴリ一覧をご利用ください。

スパマーが来訪すると、ときどきコメントをはてなユーザのみに絞ったり開放したりすることがあります。

2007-01-311月のリファラ

1月の進捗

1月の進捗 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク - 1月の進捗 - 電音の工場ブログ 1月の進捗 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

1月の記事リスト


id:Chuck:20070105:p1で挙げた今月の製作予定。

睦月の製作

  1. MCV-2313-A頒布用チェック基板の製作と検討 task:9:107
    • PORTAMENTO A回路のチェックを兼ねて
  2. YAMAHA→Roland CV変換モジュールの完成 task:9:50task:10:50
    • ログアンプ(Hz/V→Oct/V)だけじゃなく、ゲート反転も
    • ボトルネックはパネルの配置
  3. MIDI-CV(ADuC7026版)の検討 task:7:45
    • ピン配置を決めて、まずは LCDを繋いで hello world を出すぐらいまで

1.は未完。いまひとつな結果だったのでそこから止まっている(id:Chuck:20070106)。PORTAMENTO A回路を諦めて頒布用冶具としてコンプリートさせるか、制御信号をログ変換する実験をやってみるか…

2.はほぼ予定通り(id:Chuck:20070129)。パネルの完成させれば完了。

3.も予定通り進捗(id:Chuck:20071022)。次のステップはMIDIモニタなのだけど、他にやりたいことがあるのでプライオリティを下げるかも。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20070131

2007-01-30

今月のトランジスタ技術

|  今月のトランジスタ技術 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  今月のトランジスタ技術 - 電音の工場ブログ  今月のトランジスタ技術 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

2007年2月号

「はじめての電子回路工作」という連載*1があって、今回は第9回なんだけれど、

第9回 電池1本で動く白色LED点滅回路

ですよっ。って、直接的にはエフェクタからは遠いかなぁ…

昇圧回路と発振回路で構成されていて、昇圧回路(チャージポンプ)は極一部で流行の電源電圧を上げるのに使われているもので、発振回路(マルチバイブレータ)はエフェクタの電子スイッチの制御用フリップフロップに使われているものが紹介されている。動作の原理まできちんと踏まえておきたいムキにはお勧め記事なんだけど…

これまでの記事リスト

id:Chuck:19990210

それ以外では

「基礎から学ぶC言語講座」

BASICSソフトウェアの連載で「基礎から学ぶC言語講座」というのがあって、固定小数点のsin関数を作っている。コアの部分はR8Cのアセンブリ言語だけど。

「わかる!! 電源回路教室」が連載第3回

三端子レギュレータ。放熱器の大きさの決め方に関する記述もある。エフェクタ等の組み込み電源はもう 78xx/79xx でええんじゃなかろうか、ということでこの号は必読。

「実用ミニ電子回路集」
  • 「二つの信号を加算する回路」
  • 「アンプの出力インピーダンスをコントロールする方法」
  • 「信号の正または負の部分をきれいに切り出す回路」

が掲載されており、どれもエフェクタシンセで使われる回路ですね

エレキジャック買ってみた

|  エレキジャック買ってみた - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  エレキジャック買ってみた - 電音の工場ブログ  エレキジャック買ってみた - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

「電子工作推進マガジン エレキジャック electronic-craft Jack」とかいうのが1月から発刊(季刊)されるということで買ってみた。びみょー。しばらく買ってみるけど。

いずれ企画にあった「マイコンで作る 電子楽器」みたいのも載るかもしれない。

エレキジャック 2007年 02月号 [雑誌]

エレキジャック 2007年 02月号 [雑誌]

  • 出版社/メーカー: CQ出版
  • メディア: 雑誌

ついでにギタマガ

|  ついでにギタマガ - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  ついでにギタマガ - 電音の工場ブログ  ついでにギタマガ - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

久しぶりにギタマガをみたら、千石の広告が載ってた。

*1:執筆 島田義人氏

アルゴ算法堂アルゴ算法堂2007/04/28 18:40エレキジャック、遅ればせながら買いました。いろいろ載っているのでそれなりに参考になったりします。

ChuckChuck2007/04/30 13:15No.2 も出ましたね。エレ工房さくらい の櫻井さんの基板も付属していました。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20070130

2007-01-24

フェンダー+ローランド

|  フェンダー+ローランド - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  フェンダー+ローランド - 電音の工場ブログ  フェンダー+ローランド - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

米国フェンダー社と様々なギター・サウンドを楽しめるギターを共同開発及びBOSSレジェンド・シリーズ発売のお知らせ :: ニュースリリース :: ローランド

ローランド株式会社(社長:田中 英一 http://www.roland.co.jp/ 資本金:92億74百万円)は、エレクトリック・ギター・メーカーの、米国Fender Musical Instruments Corporation(以下:米国フェンダー社)に、当社独自のデジタル・オーディオ信号処理技術により、様々なタイプのギター・サウンドを作り出すことのできる機能を持つキットを提供し、米国フェンダー社は、このキットを同社製のギターに組み込みVG-Stratocaster®として発売します。併せて、当社は米国フェンダー社のビンテージ真空管ギター・アンプのサウンドを再現するギター用エフェクターをギター用エフェクターブランドの「BOSS」ブランドにて発売します。

へー。

Line6のVARIAXみたいのがFender w/ VG という形で出るということかな。

と、気になって VG連絡会のBBSを覗いてみると、こんなような↓

Roland VG-99 V-Guitar System :: Overview

製品も出るようです。

余談だけど、VGの音はシンセじゃないと言う人もいるけれど、携帯電話の再生音がシンセであるのと同程度に広義にはシンセですな。

みつばむしみつばむし2007/01/23 19:36いよいよ出ますね~。楽しみ楽しみ(^ ^)

geniegenie2007/01/24 15:00レオ・フェンダーのオリジナル・デザインから半世紀が過ぎようとしていますが、ストラトキャスターの完成度が再認識されたような印象を受けますね。果たして進化に結びつくのかなあ・・・。

ChuckChuck2007/01/25 06:47いくらぐらいになりそうなんでしょう?>VG-99 数年後に中古で、ということになると思いますが。その前に VG-88 を買ったりして…

エレキギターがフェンダーとギブソンだけに集約していったり、ディジタル信号処理を用いながら昔のアンプサウンド再現しか売れないというのは、個人的にはあまり面白いことじゃないなーと考えます。

みつばむしみつばむし2007/01/26 20:01 お値段は...実売10万~15万円くらいかと勝手に予想中(笑)
 2/10(土)のサウンドスパークで何か情報を得たいと思います(^ ^)
 宜しかったらまた連絡会の掲示板でも情報交換お願いしますね~。
 こちらでVGネタを続けるのは少々気が引けたり(^ ^;

一庵一庵2007/01/26 23:47GIBSON MOOGのコラボレーションモデルで確かLABって
アンプがあったんですけど、そのマルチフィルターって機能が結構
良かったですね。
まあ、マイナーなのでモデリングのターゲットになりそうにないのが悲しいですが…

ChuckChuck2007/01/29 04:15楽しみですね、VG-99情報。使ってみると楽しいVGですが、総体から見るとやはりきわめて少数派ですね。ちょくちょく連絡会掲示板を覗きます。

ああ、LABシリーズ。話に聞いたことがあります。そのような取捨選択の観点からモデリングが好きになれないのかも>自分。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20070124

2007-01-23

秋月通販した

|  秋月通販した - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  秋月通販した - 電音の工場ブログ  秋月通販した - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

先週の話だけど、壊したLCDの代替を求めて秋月通販。ついでにいろいろ買った。

20×4行LCDバックライトなし
さっそくMIDI2CV2に利用。バックライト付きに改造した。500円安いのよね。
20×4行LCDバックライト付き
次に壊したときのためにストック。
クリスタル 20MHz(10個入)
ATtiny2313-20PUの工作用に。
密閉型基板用小型ボリューム
MIDI2CV2のCV-MIDI用に。
超小型スイッチングACアダプタ 9V 1.3A
なんとなく。
超小型スイッチングACアダプタ 12V 1A
なんとなく。
アルカリボタン電池 LR44
Q-STEERの電池が切れたので。
小型温度計モジュール (-50℃~100℃)
面白半分で買った。使い道を探している。
電池ボックス 単3×2本用
端数吸収用に買った。

この他、頼まれた分とか。

ここのところ寒いのと人ごみが苦手なので秋葉原が遠い。秋月は通販に限ります。いや、ほんと。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20070123

2007-01-22

進捗

|  進捗 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  進捗 - 電音の工場ブログ  進捗 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

id:Chuck:20070120:p1 で LCDからメッセージの出た ADuC7026版 MIDI-CV

その後、コンパイルを Thumb命令に替えて、その上でタイミングを調整して、LCDの写真を撮って、週末の作業は終了。

MIDI2CV2 board MIDI2CV2(LCD)

写真は0~255のループを回して、それをプログレスバー表示しているもの*1。この表示にLCDのCGRAMにカスタムキャラクタを置いて使っている。

なおこの写真撮影の後、電源逆接で壊したLCDからバックライトとベゼルと液晶パネルを移植。写真のバックライトなしモデルをバックライト付きに改造することができた。電源逆接で死ぬのはコントロール基板だけなのです。

プログラムコードの方は、まだ長いnopによるdelayが無駄にあるので、タイマ割込みを書いてそれで待ちをするように替えるかも。

今後はMIDIモニタとして機能を書いていく予定。

*1:本来ならADCを使ってとかロータリエンコーダを使ってとかやりたいところだが…

r0r0r0r02007/01/22 21:34>死ぬのはコントロール基板だけなのです
いくつものLCDを葬り去ったものだけが語れる漢の言葉ですね;-p

ChuckChuck2007/01/23 06:52ふっふっふのふ orz

2007-01-20

"Hello World"

|  "Hello World" - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  "Hello World" - 電音の工場ブログ  "Hello World" - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

ADuC7026版のソフトウェアの構造をいろいろと考え中。雑誌インターフェースの組み込み系の特集を読んでOSではどんなことをやっているのかお勉強をしているところ。完成まで先は長そうである。

ところで、飛ばしたLCD(id:Chuck:20070114:p1)の代替が通販にて到着。

しかしいろいろやって動かない。あれこれ読んで動かない。導通チェッカであたって、配線間違い発覚。間違えていたのは電源の配線だけではなかった。列ごと間違えていたのだった orz

みなさまもお気をつけください。ともあれ"Hello World" が動きました。詳細は task:7:45 に。

まだカスタムキャラクタ周りの動作がおかしいのとタイミングがやっつけで無駄が多いため、細かい修正・修整が必要。タイミングチャートを見ながら追い込まねば…

LCD表示では無駄にnopやら空ループが多いので、CPUクロックが無駄になってしまう。ハードウェア割り込みから返ってきてLCDのループにつかまると何もできなくなってしまうので、ハードウェア割り込みから戻る際にソフトウェア割り込みを発生させるようなディスパッチが必要になるかも。

それはさておき、次のステップはMIDIモニタかな。Thorsten KloseMIDI Mon(筆者作例はこちら)の見た目を踏襲しようかな、と。


ということで、基板直付けのDIN 5Pコネクタ(ジャック)を探しているのですが、どなたか秋葉原で売っているお店をご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。

RJBRJB2007/01/20 14:54LCD表示おめでとうございます。参考にさせていただきます。
そーいえば見かけませんね>基板直づけDINコネ。Chuckさんを真似てMIDI受信治具を作った時には、ジャンクのPCマザボから引っ剥がしました…

lumlum2007/01/20 21:38RSオンライン http://www.rswww.co.jp/ には 453-066 と言う品番でありますね。5個単位での販売で1個210円のようです。

analoganalog2007/01/20 23:15DINコネ、以前マルツにありましたよ。通販ページにもあるので今もあると思われます。

ChuckChuck2007/01/21 17:36みなさん、ありがとうございます。
随時公開したいのですが、トッ散らかっているのでどこかのタイミングを狙って公開しようと思います>RJBさん
lumさん、analogさんありがとうございます。RSにはやっぱりありますね。マルツは抜け落ちていました。以前どこかで買ってMIDI受信冶具にしたのですが、それ以降見つけられなくなっていたので助かりました。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20070120

2007-01-16

おっとっと

|  おっとっと - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  おっとっと - 電音の工場ブログ  おっとっと - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

今更ながらコレ↓を見てみた。

ADuC7019/ADuC702x シリコン・アノーマリ・シート

デザインウェーブ誌の付録基板の、少なくとも筆者が手にした基板にマウントされている石はこれに該当している。曰く、

ADCがイネーブルの場合において、P2.0 のピンが立ち下がりエッジでADCが再開始されちゃいますよ、P2.0が何に割り付けられていても(GPIOでもSOUTでもPLAO[5]でもCONV_startでも)。

ということで、ADuC7026版MIDI-CVCV-MIDI機能を入れよう*1とするときには、ちょいと工夫が必要なようだ。なんてことはない、A/D変換が終わったらADCをディセーブルにしてからuart送信すればいいだけのことである。もちろんuart送信中はA/D変換をしないようにする、というのも同時に必要。

ということで、忘れないようにログ。

ところで

DOS窓からmakeしていたGNU ARMでのrprintftestだけれど、Keilからbuildできるようになった。ディレクトリ構成も見直し、Keilと名前の当たる *.h ファイルの名前を変更。もうちょっと綺麗に整理したらSubversion*2に入れようっと。

*1:このときは P2.0をSOUTに割り付けてMIDI outに使用する。

*2:cvsからすっかり乗り換えました。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20070116

2007-01-15

週末の進捗

|  週末の進捗 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  週末の進捗 - 電音の工場ブログ  週末の進捗 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

うーん…

[MIDI2CV2] ADuC7026版 MIDI-CVコンバータ

id:Chuck:20070114:p1 に書いたようにLCDを飛ばして終わった orz

しかしなんとか、Procyon ARMlib - C-Language Function Library for ARM Microcontrollers をベースに、GNU ARM でコードを書く目処は立ったので、まぁ、良しと。それにしてもあちこち書き換えちゃったので、オリジナルのディレクトリ構成に拘らなくてもいい気がしてきた。

Keil環境に移そうかしら。

それはそれとして timer.c を書かなくては…

[MIDI2CV] ATtiny2313版 Ver 1.5 ポルタメントコントロール検討

id:Chuck:20070106:p1 のあと、

Chuck 『(前略)時定数としては 1/(RC) なので変化感として良い感じになっていたりしないものかしら?』

などと甘っちょろいことを言っていた(id:Chuck:20070106#c1168222387)が、実際にVCOに繋いでくりくりしてみたところそうはうまい事いかず、変化感があまりにも急激で使い物にならない。やはり元がAカーブとなっていることに鑑みても、このフォトカプラなら分母に持ってこないといかんようだ。が、それをやりだすとポルタメントのフィルタのゲインも変わってピッチの安定が期待できなくなってしまう。PWMからのLED直接駆動を諦め、制御を直流にしてログ変換を入れて、というのもナンだしなぁ… コントロールチェンジからカーブを持たせてPWMを振ろうにも8bitではイマイチだし(RJBさんの仰るとおり)、なによりもうコードを弄りたくない。ポルタメントON/OFF切り替えも現状でもONすると少し音程が変わってしまうのが気持ち悪い。

ということで、しばしお蔵入りにすることに…

そのうち、サーボモータによる可変抵抗器の機械制御にて復活するかも(ほんとか?)。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20070115

2007-01-14

またやった orz

|  またやった orz - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  またやった orz - 電音の工場ブログ  またやった orz - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

ADuC7026版MIDI-CVを検討中に、またやってしまいました。

LCDの電源逆接続…

当然壊れた…

この週末の検討は終了。

geniegenie2007/01/14 10:19壊れてました~って交換してもらうのは・・・だ、ダメですよね。うぅむ、気を取り直して再チャレンジ!

gangan2007/01/14 20:59あらら残念。今週末は私も久しぶりに飛ばしてしまいました。といってもトランジスタ1個だけなので地味な話ですが。

ChuckChuck2007/01/14 21:275年で3個飛ばしました>秋月液晶。うち2個はここ半年のことで、まったくもって頭が悪いです…

2007-01-10

ADuC7026版

|  ADuC7026版 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  ADuC7026版 - 電音の工場ブログ  ADuC7026版 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

まだLEDをピカピカさせているだけだが、そろそろ動かすことも考えようと思う。フルスクラッチで組むのもいいのだけれど、なにせ筆者の記述は汚い。ミミズののたくったような、「なぜコレで動くのだ?」なコードとなること必至*1。人のコードで読む勉強を兼ねてライブラリを導入しようかと考え、見つけたのがコレ。

Procyon ARMlib - C-Language Function Library for ARM Microcontrollers

ADuC7026版についてはまだドライバが不十分なのだけれど、足りない分を書きながら勉強すればいいかな、と。実はAVR版のライブラリもあって、LCDドライバなどは流用できそうな感じ。LCDドライバを書く前に rprintf のサンプルでシリアル通信ができればいいかな。

ライセンスがGPLだけれど、いかがでしょう?>ganさん、genieさん

他になにかお勧めがあったら教えてください。

追記

ありゃ、スタートアップ(の一部?)はKEILから抜いているようだなぁ…

*1:ハードも綺麗とはいいがたい。

geniegenie2007/01/10 23:45>>ganさん、genieさん

おっと、こっちにふられてますよ~っ、ganさん! :)

ARMlibって使ったことがないんですよ。DIY界にはメジャーなLPC2000/AT91SAM7/ADuC702Xをサポートしているようなので期待したいところです。スタートアップ・コードがKeil由来のものに傾いてしまうのは致し方ないんじゃないでしょうか。ARM社がKeilを買収した現在、Keilが公開しているソースはパブリック・ドメインと考えても咎められることはないと思います。ADuC7026にはeForthのインストールと酔漢さんのシンセサイザーのCコードに少し手を加えたものを試してみて、どちらも良い手応えが得られていますが、カオスLFOとかを実現しようとすると、ネックはフラッシュ・メモリーの容量になるかな。

gangan2007/01/10 23:55うーん、私マイコンしろうとなのにー。ADuCのパートちらっと読んでみましたが読みやすく書いてあっていい感じですね。これなら確かに書き足しもやりやすそうです。私も使ってみたいです。ご紹介ありがとうございます。マイコンでどうしても苦手なのは、UNIX ソフトウェアでは出てこない割り込み処理であります。AD/DA するなら避けて通れないので早く慣れたいです。

GPL て確か改変自由なかわりにそのコードも公開するときは GPL にするのよ。という縛りでしたよね。そうすると、GPL だというのは願ったりですね。(理解違いでしたらごめんなさい)

ChuckChuck2007/01/11 12:34GNU ARM 3.3.1 でこちょこちょやって(まだtimerドライバがないので抜いたりして)、rprintftest のコンパイルが通るところまで出来ました。時間を見つけてUART周りを試してみます。

ここまでで code が 3KBです。62KBあるのでまぁまぁいけるかもしれません。容量が足りなくなったら、データテーブルとかはI2C上のEEPROMに持つ手もありますね。

そうです、そうです>GPL。利用する分には願ったり叶ったりですね。

ChuckChuck2007/01/12 06:52rprintftestのコンパイルは通ったもののまだ動かないので、もう少し細かくやり始めました。

ChuckChuck2007/01/12 18:29rprintftest がうまくいきました。processor.c の PLLCON周りが外付け32.768kHzを期待した定数になっていました。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20070110

2007-01-09

もうひとつIEC60297-3?

|  もうひとつIEC60297-3? - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  もうひとつIEC60297-3? - 電音の工場ブログ  もうひとつIEC60297-3? - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

休みのうちに進捗記事を書いてしまったので書くことが無い…

なぜなんだか Steinerフィルタを組みたい熱が高まってきたのだけれど、月初の予定(id:Chuck:20070105:p1)に挙げたものをまずはこなすことにして、ぐっと我慢。それにしてもMIDI-CVを検討しているときに「手元VCO」が欲しくなる。いちいちシンセの店を開く(id:Chuck:20060810:p1)のが面倒なときがあるのだ。ganさんの治具スクを組むというのも手なのだけれど、いずれEGVCAも冶具として欲しくなったりするんじゃないかと考えると、3U(Chuckの3Uモジュラ・シンセ)からモジュールを一時的に持ってきて手元検討ベンチとするというのはどうだろうか。

フルサイズ(84HP)は不要なのでハーフサイズ(42HP)で、高さは3Uも良し パッチベイ設けて4Uも良し、奥行き250mmぐらいとして後ろには実験用電源も載せて、机にちょこん(語弊あり)と置いてという感じでどうでしょう?>id:r0r0さん*1

モジュールエフェクタ(id:Chuck:20000119)もIEC60297-3化したくなってくる今日この頃。

*1:なぜ振る。

gangan2007/01/09 21:17机上ラック便利だと思いますー。確かに EG など必要な場面多いですねー。あとLFOなども良く欲しくなります。私のはポータブルなので、そういう場面ではパネルむき出しで動かしてますがいい感じです(机に載せるための足アタッチメントもあります)。
CV 発生器も欲しいんですがフリスクケースに収める設計がうまくできていないというくだらない理由でまだ作っていません。キーボードでがまんしていますがでかいし鍵盤を話すと微妙に CV が変わるので不便です。

r0r0r0r02007/01/09 23:01いいですねぇ(とすぐに食いつく)
実は、押入れの半分を実験スペースにいただけたので(といっても今表に出ているものをしまうと・・・・)中に棚を設置しようと思っております。で、その棚に直接ラック用の枠を取り付けてしまえば・・・などと思っております。

ChuckChuck2007/01/10 06:55フリスクCV発生器、楽しみです :)
シンセのモジュールをはじめとして楽器≒測定器 と考えると、ラックが常設できていればなにも悩むことがない━せいぜいケーブルの長さぐらい━のですが、なかなかそうはいかない部屋の狭さよ… EIAラック二本{12U + (12+8)U} も取っているのに収納になっていて、開発生活の中では死に筋です。配置を変えて活用も考えんと遺憾。
押入れ半分というのはかなりリッチなスペースですね >r0r0さん。スペースが確保できたらぜひともモジュールシンセ作りを~

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20070109

2007-01-08

ADuC7026検討基板

ADuC7026版 着手

|  ADuC7026版 着手 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  ADuC7026版 着手 - 電音の工場ブログ  ADuC7026版 着手 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

ATtiny2313版が完了しているわけでもないのに ADuC7026版(id:Chuck:20061020:p1)に着手。デザインウェーブ誌 2006年3月号に付録していたADuC7026基板を利用しようというプロジェクトである。

続きを読む

ChuckChuck2007/01/09 04:0420時間経過。よしよし動いているぞ。

gangan2007/01/09 21:21ADuC7026使い方を覚えるの正月休みの課題の一つだったのですが未着手に終わりました。ネタがかぶってないかちょっとどきどき。

gangan2007/01/09 21:30(ネタかぶる?)と思ったら MIDI2CV なのですね。そ、それはかぶりません(よく読まないといけないですね)。ADuC だとメモリも処理速度も強力なのでかなりすごいものになりそうですね。

gangan2007/01/09 21:32↑ATTiny 版がすごくないという意味では決してありません。追試してみたいけど私の腕では厳しいかも、という意味でした。口数おおいなワシ。

geniegenie2007/01/09 21:55>20時間経過。よしよし動いているぞ。

どうも、おめでとうございますっ!:)

ADuC7026基板を存分に弄ぶ前なのに放置モードに移行中・・・とほほ。今年もどうぞよろしくお願いします。

ChuckChuck2007/01/10 06:38LEDチカチカは昨日の早朝(4:30)に再起動して動かしっぱなしにしています。
そうそう、旬を逃すととたんに「積んどく」になってしまいがちですよね。情報のまとめサイトも忽然と消えたりすることも多いし…
ADuC7026はパワフルなのでいろいろと応用できそう(検索するとRJBさんのFFTとか酔漢さんのシンセとか見つかります)ですが、当初の予定からあったMIDI-CVを組んでみようと思います。ATtiny2313版のCソースを流用して…、って2313版は7026版のお試しバージョンだったわけなのですが。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20070108

2007-01-06

MCV-2313-A検討中

ATtiny2313版 Ver 1.5 ポルタメントコントロール検討

|  ATtiny2313版 Ver 1.5 ポルタメントコントロール検討 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  ATtiny2313版 Ver 1.5 ポルタメントコントロール検討 - 電音の工場ブログ  ATtiny2313版 Ver 1.5 ポルタメントコントロール検討 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

ATtiny2313で仕上げたMIDI-CVコンバータのコア部品を頒布しようかなと考えていたら、さらに仕様が膨らんでしまって、単なる頒布マイコンチェック冶具の範疇を大きく逸脱して、それなら妄想していたポルタメントコントロールも入れておきましょうかね、とすっかり設計検討基板になっている今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

  • これまでの経緯 and more はこちら
  • 回路図やらファームウェアやら一式を挙げているWikiはこちら

続きを読む

ChuckChuck2007/01/06 10:59制御電圧の低い領域での非線形性なので、定電流ドライブにするべきかしら…

takedatakeda2007/01/07 03:36いつも路上、帰る家はもうしばらく持てそうにないっす。今年もよろしく。
フォトカプラの実験始まったよーっすね、タノしみっす。僕も手作りフォトカプラ、かなりつっこんだっす。
http://www.aleph.co.jp/~takeda/radio/phaser/img/PCGraph1.gif
詳細はこちら。
http://www.aleph.co.jp/~takeda/radio/phaser/
刺身じゃ食えねーみたいです。微妙すぎるみたいですー。

RJBRJB2007/01/07 19:12フォトカプラによるポルタメント制御とはなかなか面白そうですね。微少電流領域だとアンチログ的に変化するので、逆にログっぽく変化する回路を入れてやれば良さそうですが、ちょっと複雑になっちゃいますね。
AVRでそのように制御してやれば良さそうですが、8bitだとこれもキツイかな?

ChuckChuck2007/01/08 11:13「制御電圧の低い領域」といいつつ5VスイングのPWMやんか>自分
時定数としては 1/(RC) なので変化感として良い感じになっていたりしないものかしら?

takedatakeda2007/01/09 15:09MIDI-CVのPCB、ISP回りにバグ発見。とりあえず、書けるんだけど、こねくたはずさねーと動かない状態。
書き直し始めてはいるんだけど、クロックは、やっぱクリスタルでないとダメなのかな、セラロックにしちゃおうかな。

ChuckChuck2007/01/09 15:32水晶発振子のほうが温度等安定度が高いイメージですが、セラミック発振子でも実用上問題ないと思います。値段的には50円か30円かという違いなので、私は水晶発振子を使っています。MIDIの通信でトラブって検討が先に進まないというのも好まないので。基板パターンは両対応っていうのはどうですか?

takedatakeda2007/01/10 14:56PCBのスペース稼ぎのつもりだったので、ママ、水晶で行くようにしますわ。セラロックっん時はコンデンサ乗せなければいけるようにはして有ります。

2007-01-05

月初

|  月初 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  月初 - 電音の工場ブログ  月初 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

一年の計(id:Chuck:20070103:p1)は それはそれとして(オイ)、月の頭に今月はこんなん作れたらいいなー、というのを書き留めておこうと考えた。

睦月の製作

  1. MCV-2313-A頒布用チェック基板の製作と検討 task:9:107
    • PORTAMENTO A回路のチェックを兼ねて
  2. YAMAHA→Roland CV変換モジュールの完成 task:9:50task:10:50
    • ログアンプ(Hz/V→Oct/V)だけじゃなく、ゲート反転も
    • ボトルネックはパネルの配置
  3. MIDI-CV(ADuC7026版)の検討 task:7:45
    • ピン配置を決めて、まずは LCDを繋いで hello world を出すぐらいまで
出来なかったら

出来なかったら如月に繰越しということで。

2007-01-04

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20070104

2007-01-03

一年の計

|  一年の計 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  一年の計 - 電音の工場ブログ  一年の計 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

例年であれば高らかに一年の計を掲げるところなのだけれども、昨年のデキの悪さ(id:Chuck:20061229:p2)を見るにつけ、どうしたものかなぁ、と。

「今年やらない事」を掲げるというのもバカっぽいし、「今年確実にできそうなこと」だけ挙げるというのも成果主義の成れの果てという感じでちょっと…

もう少し練って1週間以内には挙げることにしようと思う(先送り)。

と、思ったが

せっかくの正月なので、風呂敷は大きく広げておこう。

ちなみに、一昨年 id:Chuck:20050103:p1、昨年 id:Chuck:20060103:p1 と大して違いが無いかも。

続きを読む

RJBRJB2007/01/05 09:17あけましておめでとうございます。今年も楽しみしています。
ここにも風呂敷を広げすぎて収集が付かなくなっているのが約1名おります(笑)

ChuckChuck2007/01/05 09:27今年もよろしくお願いします。RJBさんのブログも覗いております。あまり電波に行かずにこちら側にもときどき戻ってきてくださいね :)

analoganalog2007/01/05 14:05おめでとうございます、今年もよろしくお願いします。今日からネット始めです。工作関係は隠れて小さい風呂敷を多数広げてます(笑。
今回は凶エフェ参加したいなぁと思ってます。

ChuckChuck2007/01/06 07:17analogさん、どうぞ今年もよろしくお願いします。
analogさんの製作はどれもツボとセンスが良いので是非みたいです。時々ちょろっとでいいので見せてください。凶エフェセミナは私も楽しみです。3月中~下旬の日程で、現在場所を探している段階のようです。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20070103

2007-01-02

こんなん作りました

|  こんなん作りました - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  こんなん作りました - 電音の工場ブログ  こんなん作りました - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

あー、休みがあと2日になった。task:12はぜんぜんこなせていないなぁ。ADuC7026に触っていないのが気がかり。Pin配もまだ決まっていないし。6-7-8の三連休に集中していじろうかしら。

ところで工作していてハンダの煙というかヤニが気になったので、必要に迫られて*1 手持ちのPCのファンにアクリル板をちょいと加工して、こんなん作ってみました。

続きを読む

*1:この期に及んで年末大掃除の続きというか、カーテンを洗濯してみて、においが移っているのがイマイチかなと思ったというわけ。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20070102

2007-01-01今年もよろしくお願いします

歪賀新年   チャック - 書き初めくん - はてなセリフ

アルミの切子にまみれての新年。今年は何をどれだけ形に出来るのであろうか。

みんなのうた

|  みんなのうた - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  みんなのうた - 電音の工場ブログ  みんなのうた - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

そういえば昨日NHKのFMとBSで「みんなのうた三昧」をやっていて(FMでは朝9時ぐらいから19時ぐらいまで、BSではとびとびで)、ときどき聞いていたのだけれど*1、「山口さんちのツトムくん」のギターのフェイザーは良かったな…

ギターでは揺れモノを好んで作るのに、シンセではまだLFOを作っていないことが気になってきた。

*1:ほんとは全部エアチェックしたい気もあったが、準備不十分であっさり断念。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20070101