電音の工場ブログ

当ブログは…

自作エフェクターシンセサイザ製作のネタや開発覚え書きなど、筆者の電音活動を記録しています。お探しの記事が見つからない方は、検索カテゴリ一覧をご利用ください。

スパマーが来訪すると、ときどきコメントをはてなユーザのみに絞ったり開放したりすることがあります。

2006-06-28

山下シンセ ― ケース問題再び

|  山下シンセ ― ケース問題再び - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  山下シンセ ― ケース問題再び - 電音の工場ブログ  山下シンセ ― ケース問題再び - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

id:Chuck:20060627#p1

しかし今回5UのUTラック*1が全部埋まったところで、「次」に対する悩みが出てきているのである(続く)。

  • VCFが完成して、5UのUTが全部埋まって 一段落
    → 今後のモジュールどうしよう
    → 1モジュール-1パネルがいいのかも
    → そうすると 3Uかな
    → UTも3Uあるけど融通がきかない*2よね
    → ケース問題再燃
  • MIDI-CVの仕様を練っていて
    → KENTON とか Doepfer に行きついて
    → Doepfer のモジュールのラインナップいいなぁ
    → ケース問題に油を注ぐ

ふたつの思考経路がミートした先が Doepfer A-100シリーズのフォームファクタ (Construction Details A-100) だった。モジュールが一望できる日本語資料はこちら(PDF)

で、Doepfer の構成をちょっと勉強してみた。ソースは Genieさんのところ。3ヶ月前の話題をようやくキャッチアップしたということか>自分。

んー、Doepfer のラックは IEC60297-3 ということかな。基板ガイドレールとかパネルのロック機構をつけると IEEE1101.10 ていうか CompactPCI ということになるのかな? うわー、ジャンクで拾ったVMEのラック捨てなければ良かったー。しかし基板外形を合わせてガイドレールを使えるようにするとか、リアでマザボと合体とかまでは考えていないので、フロントマウントだけちゃんとしてればいいんですけど…

ということで、タカチ FSシリーズというのがそれにあたるようで、これは一式キットで1万円ちょっとのケース(さまざまなサイズあり。自分の用途には高さ3U, 幅19インチ, 奥行 180mm でよさげ)。

パネルは規格に従って切ってあるもの(パネル厚 2.5mm)が取り揃えられていて、↓な感じの値段。Doepfer印のブランクパネルを代理店経由で買うより安い。

型番HP値段
FP133-102\370
FP133-153\380
FP133-204\380
FP133-255\390
FP133-306\400
FP133-408\440
FP133-5110\510
FP133-6112\520
FP133-7114\550
FP133-8116\580
FP133-21342\970
FP133-32063\1,280
FP133-42784\1,630

(http://www.takachi-el.co.jp/data/pdf/01-61.pdf)

もちろん自分でパネルを切り出すのでもOK。しかし5U-UT版では工作精度(マウント孔の位置ずれ)で苦労したのも事実。現物あわせでヤスリ修正を入れていたのは内緒だ。たった3枚しかパネルがないにもかかわらず!

問題はどうやって基板をマウントするか。山下シンセ(5U-UT版)でやっているような基板マウント用のL型マウントパネルを取り付けるのに10mmほど死にスペースがとられるような構成は、3Uのように小さいパネルではその面積がもったいない。

MOTMやBananalogueは基板マウントの可変抵抗器の首をパネルに取り付けて基板を持ちこたえているように見える。

MOTMの奴

Bananalogueのもの

Doepfer はどうだろう。モジュールをひととおり見る限りでは、左側に揃えられている φ3.5 のジャックが基板にマウントされた上でフロントパネルにネジ止め固定されているのではないかと思う*3のだけれど。どなたか Doepferを持っている方がいらっしゃったら教えてください。

ところで Doepfer も Bananalogue も似たような φ3.5 のジャックを使っているようだけれど、これはどこのだろう。このジャックがうまく基板マウントできるためのポイントかもしれない。Digikey のカタログをひっくり返したけれどそれらしいものは見つからなかった。ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

あるいは、パネル厚 2.5mm であるから、ちょっとした金具で多用している秋月の基板のマウントもじゅうぶん可能かもしれないな。


もっとも Doepfer と同じフォームファクタにしたとしても自作シンセの仕様とは、電源電圧も信号仕様も違うので安直に接続できないのだけれど。

*1タカチのUTラック(資料(PDF))。

*2:30mm間隔のネジ切りになっているため。

*3:横長モジュールはともかく、短冊形のものは A-190を除いてマウントネジがフロントパネルに出ていない。

r0r0r0r02006/06/28 08:46家にあるラック機材はパネル前面はALPSのこんなhttp://www3.alps.co.jp/WebObjects/catalog.woa/PDF/J/Potentiometer/MetalShaft/RK097/RK097.PDF
ボリュームで固定して、背面はcliffの基板マウントのジャックで固定しているようです。

geniegenie2006/06/28 09:34Doepferのポットの写真は下記にあります。(メーカー不詳。中国製かも・・・。)
http://www.doepfer.de/DIY/a100_diy.htm
Cliff製と思われるジャックの写真も掲載されていますが、PCBを支持するための構造部材として利用するのは難しいでしょうねー。それから、最終的にSKBみたいなケースに収納するとしたら、3Uのラックは左右の耳と前縁の上下2本のチャンネルだけで構成できてしまうんじゃないのかな。以下、TBの代わりです。
http://miracleworks.com/genie/electro_instruments/2006/06/post_11.shtml

suzu..suzu..2006/10/14 18:49ご無沙汰してます。凶エフェ第2回以来になります。
クリフのPart number: CL1384
S6/BB PC Mono Switched 3.5mm Jack Socket. PC Mountだと思います。色々つくられているようで、すばらしい。

ChuckChuck2006/10/16 10:33やや、どうもご無沙汰です。どうもありがとうございます。その後 CL1384を入手して工作にはずみがついております。
また凶エフェセミナーでご一緒できるといいですね。