電音の工場ブログ

当ブログは…

自作エフェクターシンセサイザ製作のネタや開発覚え書きなど、筆者の電音活動を記録しています。お探しの記事が見つからない方は、検索カテゴリ一覧をご利用ください。

スパマーが来訪すると、ときどきコメントをはてなユーザのみに絞ったり開放したりすることがあります。

2005-07-07

山下シンセ記事

|  山下シンセ記事 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  山下シンセ記事 - 電音の工場ブログ  山下シンセ記事 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

山下シンセの製作記事が掲載された当時の雑誌 初歩のラジオ が15冊セットで売られていた。しかしとてもとても筆者には手の届かない値段だった。しかしそれでも買う人がいるようで、いやぁ、すごい*1

ところで、掲載中も出版元でバックナンバー切れが生じていて、当時は該当記事をページ100円ぐらいでコピーサービスしてくれていたのだが、今もやってくれるのだろうか。全部で120ページ弱あったはずだが、先の15冊セットはもっと高い値段だった。

いやそれよりも誠文堂新光社の 大人の工作読本 で一冊丸ごと山下シンセ特集をやってくれればいいのに。ちょっと前にご本人にうかがったところでは、打診があったもののその後は何の連絡も無いとのこと。

補完失敗 Vol.04

|  補完失敗 Vol.04 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  補完失敗 Vol.04 - 電音の工場ブログ  補完失敗 Vol.04 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

今日もこのネタで行こうと思ったら、描いた回路図に間違いを発見したので、修正後に再開する。

386アンプ回路採りでミスるとは情けない (^^;)

*1:その一方で 実用電子回路ハンドブック が回転寿司状態になっていて信じられないほど、もったいない。

suikansuikan2005/07/07 19:34国会図書館の複写サービスではだめなのですか?私はDSP関係の論文を複写しましたが、便利ですよ。

ChuckChuck2005/07/07 20:17いえいえ、ダメということはまったくありません。私もしばしば利用して便利しています。書籍・雑誌はもとより、松下技報とかまで。
ただビジネスチャンスとしても出版社に頑張ってもらいたいです。内情を考えると難しいとは思いますが。

toruitorui2005/07/10 23:10う~ん、もーしかしたら当時の「初ラ」、まだ実家の天袋にあるかも・・・
1977年ですよねー、中坊前期か。もしかすっと初ラから離れてしまった頃かもしれないなー。ビミョーだなぁ。

ChuckChuck2005/07/11 06:36死蔵・ごみ化されることなく回っていくと、世の中もっと面白くなるかもしれません。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20050707