電音の工場ブログ

当ブログは…

自作エフェクターシンセサイザ製作のネタや開発覚え書きなど、筆者の電音活動を記録しています。お探しの記事が見つからない方は、検索カテゴリ一覧をご利用ください。

スパマーが来訪すると、ときどきコメントをはてなユーザのみに絞ったり開放したりすることがあります。

2005-04-26

指先パーカッション ― 子供の科学

|  指先パーカッション ― 子供の科学 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  指先パーカッション ― 子供の科学 - 電音の工場ブログ  指先パーカッション ― 子供の科学 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

先日(id:Chuck:20050416)、KATZMIさんとmasa921さんにお会いしたときに教わった、

伊藤尚未, "指先の軽快なリズムにのって 指先パーカッション", pp.86-89 電子クラフト大作戦, 子供の科学 2004年1月号

この記事が載っている雑誌、子供の科学 2004年1月号 を図書館から借りてきた。

圧電ブザーからの信号を増幅して、さらに増幅しながらエンベロープ作った上でブロッキング発振で音を作るというもの。シンプルながらも楽しげ。ぜひ作りたい。連休の工作にいかがでしょうか。

しかし、ダーリントン・トランジスタ1石を含む全5石の回路である。自分が小学生のときを振り返ると、当時の自分にはこんな回路を間違いなく組めたような気が全くしない。

@りま@りま2005/04/27 07:15たしかに。あんな回路当時はムリムリ。
「子供の科学」はCDS使ったトレースロボットなど
結構面白い製作記事が載ってますねえ。
最近買ってないのでまた購読再開するとしましょう。
思い起こせば初めての工作は中一の頃作ったFMワイヤレスマイクでした。
技術の先生が「電化製品捨てるときはな、トランスだけはとっとけよ。」
といっていたのが印象的でいまだにジャンク部品が捨てられまへん。

ChuckChuck2005/04/27 09:15初製作は小学校5年生のときに6石ラジオキットでした。見事に失敗でした。以来父親からネチネチ言われています。
中学の時には技術室でエフェクタ用の基板のエッチングをさせてもらっていました。初歩のラジオのエフェクタネタが主でした。