電音の工場ブログ

当ブログは…

自作エフェクターシンセサイザ製作のネタや開発覚え書きなど、筆者の電音活動を記録しています。お探しの記事が見つからない方は、検索カテゴリ一覧をご利用ください。

スパマーが来訪すると、ときどきコメントをはてなユーザのみに絞ったり開放したりすることがあります。

2005-03-04

MIDI FX SW 回路図

|  MIDI FX SW 回路図 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  MIDI FX SW 回路図 - 電音の工場ブログ  MIDI FX SW 回路図 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

id:Chuck:20050211 にまとめた MIDI FX SW'er の回路図を本家ページに置いた。興味のある方は参考にしてください。

微妙に最終版と異なっているが、大きな問題は無い。ブザー音とパネルLEDの点滅に関して Port0/1 で同期を取るためのもので、74HC00 でロジックを咬ましているだけなので。

そのうちソフトウェアも置く予定。こちらはライセンスがGPLのつもりだが、ライブラリを整理してクリエイティブ・コモンズの方がいいのかどうか悩む。

I/Fを考える2

|  I/Fを考える2 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  I/Fを考える2 - 電音の工場ブログ  I/Fを考える2 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

先日 id:Chuck:20050302#p2 の記事でネタにしたコレ http://www.okada-web.com/recording_system/caj/gvca2.html のこの写真をぢっと見て、UIを想像してみた。

ボタン左から、

  • "MIDI" はシングル・レバースイッチで、長押しでMIDIチャネル変更モードへ移行
  • "SAVE" はシングル・レバースイッチで、長押しでそのときのVCA1/2状態をPATCH番号に記憶
  • PATCH は up/downレバースイッチ
  • VCA1/2 は up/downレバースイッチで、volume値0-127 と MIDI コントロールチェンジ番号(CC#、0-31)を設定できる
    • CC#設定時にはMIDIポートに入ってきた対応CC番号の設定値をVCAに反映させる

というあたりではないか、と*1。そうすると記憶容量としては、

  • 128 [アドレス] x (128+32) [設定値] x 2 [VCA1/2] → 128 x 8bit x 2 = 256byte

あれば足りるな。

しかしコレの真似では面白くないので、当然、仕様とUIを変えたものを考えようと思う。

  • VCAは4チャネル にしてもいいかもしれない
  • MIDI FX SW と合わせる意味で 512プログラムするのもいいかも

その一方で、

  • ATTiny 26L を使ってみたい
  • VCA値はA/D変換した値設定もいいかも*2
  • VCAは手持ちの M51132L の消化
  • AD7528を使うチャンスかも
    • このDACを持ってくるならVCAなしでも…

とも思い、全部の条件を持ってくると矛盾する。

さぁどうしようかな*3

追記

マイコンには ATmega8 がバランス的に良さそう。

外部シリアルEEPROMに記憶領域を持っていって、MIDIのバンクごとにAVRRAMに展開するやり方で。若松で945円、Digikeyで$3.66。

あ、D/Aへの出力 8bit が綺麗に取れないかも…

  • Port A ない
  • Port B 外部水晶発振子端子とかぶる
  • Port C 7bitしかない。A/Dポートとかぶる
  • Port D UARTポートとかぶる

まぁ、いいんだけど…

追記2

あ…

LCD表示器のことまで考えるとI/Oが足りないや… 40pinものか。

追記3

28pin の ATMega48 という選択肢はどうだろうか。

あやしいパーツショップにあるという話だし。

*1:現物は見たことが無いので知りません。どなたか持っている方、教えてください。

*2SASのための予備実験にもなるし。

*3:仕様を考えているときが一番楽しいですね。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20050304