電音の工場ブログ

当ブログは…

自作エフェクターシンセサイザ製作のネタや開発覚え書きなど、筆者の電音活動を記録しています。お探しの記事が見つからない方は、検索カテゴリ一覧をご利用ください。

スパマーが来訪すると、ときどきコメントをはてなユーザのみに絞ったり開放したりすることがあります。

2005-02-14

他人様の日記 盗み読み

|  他人様の日記 盗み読み - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  他人様の日記 盗み読み - 電音の工場ブログ  他人様の日記 盗み読み - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

すみません、勝手に読みました。> http://homepage3.nifty.com/590guitars/0502diary.html

LFOってのは Low Frequency Oscillator の略です。LFO のリンクもご参照ください*1。コレ自体は非常に低い周波数を発振させるモジュールです*2。それを本線系に作用させることによって、ある種の揺れる効果を出すエフェクタとなります。

  • 音量を揺らせば ― トレモロ
    • それをステレオでやれば ― オート・パン
  • フィルタのカットオフ周波数を揺らせば ― (スウェル) ワウ
  • 位相を揺らせば ― フェイザ
  • ピッチを揺らせば ― ビブラート
  • 揺らしたピッチ 遅れ時間を揺らした音 と原音をミックスすると ― コーラス
  • わずかに揺らしたピッチ 遅れ時間を揺らした音 と原音をミックスすると ― フランジャ

で、LFO(だけではないけれど)の効果をどのように本線系に作用させるか、というときに「光る素子+LDR」のフォトカプラが使われることがある、というわけです(LDRの説明もキーワードをご参照ください)。可変抵抗器を手でぐりぐりと回す代わりに光る素子で制御されるLDRを使うというわけです。LDRの例としてはCdSやCdSeがあります。

光る素子の例として、LED、ネオン管、白熱電球(豆電球) などがありますが、これらは光り方がかなり違います。電球なんかはLEDに較べるとものすごく電流をたくさん流さないとろくに光りません。ということで、フォトカプラで揺れモノ制御しようというときには、LFOの出口には光る素子に応じた(電流)ドライブ回路が付いているのが一般的です。

参考になれば幸いです。


ところで、検討されている回路はコレですか?

http://www.univox.org/pics/schematics/univibe.gif


追記

一部修正しました。

追記

フィルタに追記しました。

*1:はてなグループキーワードは便利だ。必要に応じてまた拡充します。

*2LFOだけでもなかなか深くて、どのような波形にするか、トリガにシンクさせたらどうなるとか、テンポにシンクさせるとどうなるとか、テーマは尽きません。

5905902005/02/13 21:27うへー、有り難うございます。書いてみるモンですねぇ。理解理解。今まで揺れモノ系には手を出さなかったのですが、今回、裏の仕事で(表は何だと言う突っ込みは無し)手を出してみようかと。流石、分かり易い説明。参考回路は上記のモノとLEDを使ったモノとか色々手当たり次第集めて比較しているところです。基本的には豆電球は光りにくいと英文文献で読んだので、LEDで光らせようかと思っています。現時点ではそれ以上は進んでいません。で、便乗して質問。UNIVIBEでは豆電球1個で4個のCdsを使いますよね。何で4個なんですか?2個や3個じゃ駄目なんでしょうか?

ChuckChuck2005/02/13 22:54> 何で4個なんですか?
その回路中で4箇所の値をLFO制御で変えたいからです。ひとつの光源で4箇所の抵抗値を同じように可変したいためにそのような回路になっています。
CdSを使わないでこの部分を可変抵抗器(1MΩぐらいかしら)にして、4つ同時に動かすことでも、エフェクト音を得ることが可能です。モータ制御かなんかにしてしまうとおそらく世界初の実装になるかもしれませんよ。
UniVibeで ひとつの豆電球に4つのCdSが取り囲むキャンプファイヤー方式になっているものは、電球とCdSの間隔の調整によってエフェクトのチューニングをすると聞きました。
こちらのページ http://www.aleph.co.jp/~takeda/radio/phaser/ も参考になります。

5905902005/02/14 21:56有り難うございます。今日、エフェクタの本を見ていたらLFOについて書かれていました。まったく、手持ちの資料を見もせずに・・・反省です。事後報告になりますが、私の日記を見ている人のために、こちらへのリンクをさせて頂きました。よろしくお願いします。

ChuckChuck2005/02/15 07:07私もWEB上の資料に依ってしまって、手持ちの本を見なくなることがあります。
リンクOKです~ ていうか、ありがとうございます。http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20050214 こちらのURLでのリンクのほうが便利かもしれません。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20050214