電音の工場ブログ

当ブログは…

自作エフェクターシンセサイザ製作のネタや開発覚え書きなど、筆者の電音活動を記録しています。お探しの記事が見つからない方は、検索カテゴリ一覧をご利用ください。

スパマーが来訪すると、ときどきコメントをはてなユーザのみに絞ったり開放したりすることがあります。

2005-02-13

山下シンセ ― パネル進捗

|  山下シンセ ― パネル進捗 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  山下シンセ ― パネル進捗 - 電音の工場ブログ  山下シンセ ― パネル進捗 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

ということで、パネル加工をした。

  • 基板マウント用 1mm厚 アルミ板は、
    • 指定寸法(180x150)に切り出し、
    • 基板スタッドを取り付けるための φ3.2穴をあけ、
    • フロントパネルと結合するための φ3.2穴をあけ、
    • 結合部分用に10mmほど曲げてベロだし。
  • フロントパネル用 3mm厚 アルミ板は、
    • すでにハンズで指定寸法(219x120)に切っておいてもらって、
    • ラック取り付け用の φ3.2穴あけ
    • フロントの基板マウントとの連結用穴あけと皿ネジ用のザグり加工
    • φ3.5用ジャックの穴あけ、VR用の穴あけ、スイッチ用の穴あけ
    • しかしφ3.5ジャックを止めるには3mmは厚すぎるので、
      • リュータでザグる… 勢いで部材が踊る…
    • VRの回転止め部分も
      • リュータでザグる… 垂直彫りでリュータがヘタる

というような作業であった。アルミはやわらかいので、リュータでザグるときに刃に削りカスがまとわりつく。削っては掃除、削っては掃除。

うーむ、つらい作業だ。

こんなパネル構成仕様に誰がした、って、自分だけど… これでもモジュールエフェクタ(id:Chuck:20000119)のパネル構成よりは楽なんだが…

というわけで、基本加工の終わったパネル ↓

panel pictures

r0r0r0r02005/02/13 18:32[工具] フライス
使用している工具について語るシリーズ。第X回はフライス。
見てのとおり畳2畳分はあろうかというフライスです。
アルミパネルを加工するために思い切って買いました。
・・・・・・ちょっと妄想してみましたw

ChuckChuck2005/02/13 19:22(ミニ)フライス盤を買うか、ボール盤にするか、いや、ボール盤を買ったところで置き場所が無い、脳内グルグルする私であります。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20050213