電音の工場ブログ

当ブログは…

自作エフェクターシンセサイザ製作のネタや開発覚え書きなど、筆者の電音活動を記録しています。お探しの記事が見つからない方は、検索カテゴリ一覧をご利用ください。

スパマーが来訪すると、ときどきコメントをはてなユーザのみに絞ったり開放したりすることがあります。

2005-02-06

できたー、と思ったら

|  できたー、と思ったら - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  できたー、と思ったら - 電音の工場ブログ  できたー、と思ったら - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

ブザーとLEDがふたつのCPUから制御できるようにロジックを追加。74HC00 って久しぶりに買ったなぁ。そして電源も箱入れし、完成。

そうそう、アナログ・マルチとの接続もチェックしなきゃね、と繋いでみたらバグ発覚。_| ̄|○

MIDI FX SW は loop ON で GNDに落ちる*1仕様なのだが、アナログ・マルチはオープンでエフェクトON、GNDに落としてOFF という仕様*2にしていたのだ。

どこかで論理を反転しなくては。ていうか MIDI FX SW に 出力制御信号の位相をパッチできるように機能追加する必要が出てきた。デジトラ8個かNOTゲートか。どこに押し込むか…

作業できなかったー

|  作業できなかったー - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  作業できなかったー - 電音の工場ブログ  作業できなかったー - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

id:Chuck:20050206#p1 のため時間とれず。穴あけならず。でも東急ハンズで切っておいて貰ったフロントパネルになるアルミ板を発掘。重い工具も取り出してきた。

進捗

|  進捗 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  進捗 - 電音の工場ブログ  進捗 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

その一方で、SASのほうは少し進捗。

入手したDAC Linear Tech の LTC2600 を変換基板にマウントした。進捗というにはおこがましいか…

mounted DAC

ちなみに足のピッチは 0.65mm。このハンダ付けは夕方の不十分な照明の下でやるもんじゃないなー。今後こんな実装が増えるなら、拡大鏡が欲しくなる。今回のハンダ付けは写真用のルーペ*3でチェックした。

なおピッチ変換基板にはアイテムラボ http://aitem-lab.com/index.html のものを使用した。

余談だがアイテムラボさんの新製品のパワーメッシュユニバーサル基板を使ってみたい。これならMAX038もP板を起こさなくてもいけるかもしれない。

*1:オープンコレクタ。

*2:FX SWや外部SWが無い状態で全エフェクトがONになるように。

*3:スライドのピントをチェックするための高拡大率のもの。

r0r0r0r02005/02/06 11:07かなり大掛かりな工事になりそうですね・・・

ChuckChuck2005/02/07 08:01なんとかなりましたー。

geniegenie2005/02/07 09:17DIPの横に並ぶとナローSSOPって小さいですねー。ところで、SASのI/Fスペックって固まっているんでしょうか?入出力電圧の範囲とか・・・

ChuckChuck2005/02/07 11:22いえ、確定はしていません。新年会マター?
UIとDACは先行(潜行)して使えるように準備をしておこうという意図です。今回のDAC LTC2600 は出力レンジが 5Vまでですので、そこもイッシューかと思います。

geniegenie2005/02/07 11:52新年会ですか?もう春分を過ぎたので忘れましょう。笑

analoganalog2005/02/07 22:41うわぁ~、すごい。私は変換基板は作りましたが、
肝心の2600を、まだ購入してません…、アイテムラボのやつって
パスコンパットもついてるのが考えられてますね、サンハヤトの
比べ物にならないくらい安いし

ChuckChuck2005/02/08 12:25変換基板ってなかなか高価ななか、アイテムラボのはありがたいです。
チップデュアルトランジスタ+チップTEMPCO がマウントできるような変換基板が欲しいですが、サンハヤトのシール基板か自分で作るかといった感じになりそうです。