電音の工場ブログ

当ブログは…

自作エフェクターシンセサイザ製作のネタや開発覚え書きなど、筆者の電音活動を記録しています。お探しの記事が見つからない方は、検索カテゴリ一覧をご利用ください。

スパマーが来訪すると、ときどきコメントをはてなユーザのみに絞ったり開放したりすることがあります。

2004-12-25

パネル用素材

今日の作業 ― 山下シンセ

|  今日の作業 ― [[山下シンセ]] - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  今日の作業 ― [[山下シンセ]] - 電音の工場ブログ  今日の作業 ― [[山下シンセ]] - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

本日よりログ開始。

パネルの構成を考えてアルミパネルを調達してきた。

例によって東急ハンズにて 300x400 の 3mm厚 アルミ板(2,480円)。カットしてもらったら直線ワンカット300円。3mm厚から値上がるのだそうだ。次からは自分で切ろうと思うが、ハンズでのシャーリング加工はさすがに直線が出ていてたいへんよろしい。

ちなみにパネルのフォームが決まったということは、一応ながらもこれまでのパネル問題(g:emusic:id:Chuck:20041110#p1)の解決を見たということである。

今日の作業 ― MIDI FX SW

|  今日の作業 ― MIDI FX SW - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  今日の作業 ― MIDI FX SW - 電音の工場ブログ  今日の作業 ― MIDI FX SW - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

ようやっと 7seg. LED ドライブ回路(シリパラ) が完成。電線が多くて疲れた。

あとは、パネルからメイン基板へのハーネスだ。

今日の作業 ― Simple Analog Synth

|  今日の作業 ― Simple Analog Synth - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  今日の作業 ― Simple Analog Synth - 電音の工場ブログ  今日の作業 ― Simple Analog Synth - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

本日よりログ開始。

ディジタルコントローラにはワンチップマイコンとFPGAを使おうと思う。

ポイントはD/Aコンバータ(DAC)。VCO等を Hz/V でコントロールするためには、DACには16bitのものが必要だ。

PWMで16bitをやろうとすると源発振にとても高いものが必要になる(id:Chuck:20041214#p1)。これはこれでやってみたいテーマではあるが、まずは既存の16bit DACを使うことにする。

とりあえず8ch の 16bit DACを入手した。SSOPパッケージなので変換基板を入手するところからはじめようと思う。

参考リンク
id:Chuck:20041119#p1 , http://www.aleph.co.jp/~takeda/radio/img/SAS-chart.gif

suikansuikan2004/12/26 13:417seg LED, 私はMAXIMのドライバとLite ONの4桁ユニットの組み合わせにしました。見当違いのコメントかもしれませんが。

ChuckChuck2004/12/26 16:28いえいえ、ecraftsグループの日記でおっしゃっていた MAX7221 ですよね。便利そうな石です。今回は拘りのスタティック点灯にしたため、74HC595 を4つ並べてみました。セグメントへの配線が595からのポイント-to-ポイントな分、配線量が多いです。

suikansuikan2004/12/26 21:18あ、ひょっとしてオーディオでダイナミック点灯はご法度ですか?

RJBRJB2004/12/26 21:213mm厚は1カット300円になるのですね。今まで2mm厚までならあるのですけど。お持ちのジグソーでは難しいのでしょうか?

ChuckChuck2004/12/26 21:38オーディオで、というよりは「(ステージで)写真を撮ったときにきちんと表示されたい」という変な拘りです(笑)。>suikanさん
次からはジグソーで切ろうと思います。最初のパネルはきちんと直線が出ていて欲しかったので、切ってもらいました。カットを頼んだら実は300円だったと知ったのですけど。> RJBさん