電音の工場ブログ

当ブログは…

自作エフェクターシンセサイザ製作のネタや開発覚え書きなど、筆者の電音活動を記録しています。お探しの記事が見つからない方は、検索カテゴリ一覧をご利用ください。

スパマーが来訪すると、ときどきコメントをはてなユーザのみに絞ったり開放したりすることがあります。

2004-09-23

DACアプリケーション

|  DACアプリケーション - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  DACアプリケーション - 電音の工場ブログ  DACアプリケーション - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

RJBさんのブログ記事―DACの応用から知る、アナログデバイセズ AD7528 のアプリケーションノート AN-318

これは面白いです。準リニア回路ってやつですね。

これの State Variable Filter を作ってみたいものです。

市販エフェクタの retrofit をいくつかやっているとスイッチだけでなくツマミコントロールもよそからやりたくなる欲求があって、メカ制御、LED+LDROTA のほかにこういうDAC利用もありなのだなぁとも思いました。

そういえば、以前に Voltage Controlled Distortion*1 を作ろうと思って早2年。歪を制御すると音量(エネルギー)も変わるのだよなぁというのが二の足踏み踏みの原因だったことを思い出す。深く悩まずにやってみようか。

*1:最初に目にしたのはAMS-100の回路

RJBRJB2004/09/23 23:28DAC=OTAとすれば、takedaさんがはまっているVCEG的なものに応用できないかななんて・・・

takedatakeda2004/09/27 23:19どちらにせよ8ビットのデータバスへのデータ供給ははずせないポイントでたぶんCPUを
使うことになるのなら素直にソフトウエアEGに行くほうがいいかも?

ChuckChuck2004/09/28 07:35個人的にはソフトウェアにいくとUIを作るまでがかったるいかな、というイメージを持っています。一度できてしまえば使いまわしは楽なんでしょうけど。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20040923