電音の工場ブログ

当ブログは…

自作エフェクターシンセサイザ製作のネタや開発覚え書きなど、筆者の電音活動を記録しています。お探しの記事が見つからない方は、検索カテゴリ一覧をご利用ください。

スパマーが来訪すると、ときどきコメントをはてなユーザのみに絞ったり開放したりすることがあります。

2004-05-31

デュアル電源 外装写真

デュアル電源

|  デュアル電源 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  デュアル電源 - 電音の工場ブログ  デュアル電源 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

先のジャンクエフェクタから分離独立を勝ち取った 電源。大きい写真

7808に下駄をはかせて9Vぐらいにしている回路が独立にふたつ入っていて、接続によって、

  • 9V電源ふたつ
  • 18V電源
  • ±9V電源

に変身する。

電源端子がかっこ悪い? 実験用電源なので良いのだ(と強がってみる)。

中身の写真は明日にでも。

2004-05-30

忘れ物

|  忘れ物 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  忘れ物 - 電音の工場ブログ  忘れ物 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

おとといの秋葉原で、id:Chuck:20040417 用のツマミを忘れた…

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20040530

2004-05-29

5月28日の秋葉原

|  5月28日の秋葉原 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  5月28日の秋葉原 - 電音の工場ブログ  5月28日の秋葉原 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

うろうろの戦利品

LM3900
秋月にて500円/10個。千石電商も同価格であるようだ。
5.1V ツェナ
千石で20円/個。日米で100円/たくさん。
小型VUメータ
日米で210円。見た目チープ。もう何個かありそう。
100kΩ半固定VR
日米で100円/5個。
メガネ AC inlet
千石で150円/10個。1個でいいんですけど。仕方ないからしばらく作るAC電源ものはこのメガネACインレットを使うかな。普段は 3P のヒューズ付きACインレットを使っているのだけれど。
ロータリスイッチ
東ラジ3Fの門田で270円ぐらい。
8P DIP ICソケット
秋月。100円/10個のやつを3パック。
目玉プリント基板 (ガラエポ)
Cタイプのが出たので。620円/10枚。Bタイプ150円/枚×2、1.27mm のCタイプを1枚。

そもそもACインレットをエフェクタの修理用に探していた。同じ形状のものは見つからなかった。若干形状は違うものの、袋で売っていた千石電商で買ってしまった。ていうか1個売りがなかった。1個でよかったのだが… 目的のものとは固定穴位置がずれている。ヤスリで削ったら YAMAHA AD-10 のコネクタ穴に見事にミートした。

2004-05-28

ソリーナ

|  ソリーナ - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  ソリーナ - 電音の工場ブログ  ソリーナ - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

id:Chuck:20040527#p3 CH で行こうと思う。

すでに2個あるが、1個(1,000円でスイッチ壊れを入手)はバラして他の箱詰め済み。もうひとつは電源関係でひも付き(1,500円で入手)。1つは筐体ごと温存したいので、少なくとももう2個 要調達。

2004/05/27
ひとつ調達に走る。安ければさらに2個買ってもいいなぁ。

温存用にはスイッチがまともなものを選びたい。

LM3900 追記

|  LM3900 追記 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  LM3900 追記 - 電音の工場ブログ  LM3900 追記 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

id:Chuck:20040527#p1 LM3900 PLL に追記。

アプリケーションノート(pdf)はここ。

ノートンアンプVCAはできそうな感じ。VCFは面倒くさそうだ。

2004-05-27

LM3900 PLL

|  LM3900 PLL - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  LM3900 PLL - 電音の工場ブログ  LM3900 PLL - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

Cana Kit (http://www.canakit.com/) を見ていたら、オーディオ・スペクトラム・ディスプレイ キットがあった(CK109, http://www.canakit.com/Contents/Items/CK109.asp)。

100~300Hz, 800~2kHz, 3k~5kHz に帯域を分けてLEDドライバに送り込んでいるようだ。

フィルタには LM3900 を使っていた。秋月では無くなっちゃったんだっけ。安かったのに。ドラムシンセとかの回路によく使われた石ね。ということで、LM3900 のデータシートとアプリケーションノート(AN-72)をひさしぶりに眺めるの図。

で、思い出すこと30秒。PLLの回路があった。三角波も出力できる。現在4046+8038でやっているが、LM3900PLLも実験してみようと思う。単電源でもできるのが利点。

4046+8038

|  4046+8038 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  4046+8038 - 電音の工場ブログ  4046+8038 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

そもそも 4046+8038 をやっている(id:Chuck:20040519, id:Chuck:20040523#p3)のは、4046で phase det. して、ICL8038 の三角波と正弦波を期待しているからだ。うまくいったら6個 インスタンスして利用しようとしている。

ソリーナ

|  ソリーナ - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  ソリーナ - 電音の工場ブログ  ソリーナ - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

id:Chuck:20040521#p1 既存のコーラスを改造して作ってみようかな。

まずはジャンクのアナログコーラスの収集に勤しむ。

2004-05-26

NJM723

|  NJM723 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  NJM723 - 電音の工場ブログ  NJM723 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

そういえば、秋月でNJMな723売ってた気がする id:Chuck:20040517#p1

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20040526

2004-05-25

シリコン・マイクロホン

|  シリコン・マイクロホン - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  シリコン・マイクロホン - 電音の工場ブログ  シリコン・マイクロホン - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

id:Chuck:20040502 当初見つけて買ったときよりも値上がりしているようだ。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20040525

2004-05-24

チューブ物色

|  チューブ物色 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  チューブ物色 - 電音の工場ブログ  チューブ物色 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

id:Chuck:20040502 ホームセンターにてチューブを物色。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20040524

2004-05-23

だめか

 だめか - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  だめか - 電音の工場ブログ  だめか - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

googleのイメージ検索をしてくれると良かったのだけど。

週末にやったこと

|  週末にやったこと - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  週末にやったこと - 電音の工場ブログ  週末にやったこと - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

  • PLLのチェック
    • ねらいどおりにロックせず。逢坂さんの本を買った。
  • EZ-MIDIのチェック
    • RS232c側でRXとTX取り違い発覚。直して動作確認。ケース追加工はとりあえず断念。
トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20040523

2004-05-22

週末にやりたいこと

|  週末にやりたいこと - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  週末にやりたいこと - 電音の工場ブログ  週末にやりたいこと - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

  • PLLのチェック
  • EZ-MIDIのチェック
トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20040522

2004-05-21

|  穴 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  穴 - 電音の工場ブログ  穴 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

アナログ震世界の掲示板で

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20040521

2004-05-20はてなグループ正式導入

はてなグループ正式導入

|  はてなグループ正式導入 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  はてなグループ正式導入 - 電音の工場ブログ  はてなグループ正式導入 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

しばらくはサゲ進行で。

スタイル変更

|  スタイル変更 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  スタイル変更 - 電音の工場ブログ  スタイル変更 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

すこしうるさくなったか?

カテゴリ

|  カテゴリ - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  カテゴリ - 電音の工場ブログ  カテゴリ - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

使いやすくカテゴリを分類しないといかん。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20040520

2004-05-19ICL8038

ICL8038

|  ICL8038 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  ICL8038 - 電音の工場ブログ  ICL8038 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

レンジが狭いとかエクスポじゃないとか、昨今のアナログシンセVCO用 としては いぢめられてしまう ICL8038 だが、歴史のある便利な石だと思う。うまくやれば 1:1000 引っ張れるらしいし。

先日メーカーで withdrawal になっていたが、2004年6月30日で obsolete だというので、何個か買ってみた。270円ぐらい。

とりあえず4046と繋いで遊び中(id:Chuck:20040424)。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20040519

2004-05-18

製作中のテルミン

テルミン

|  テルミン - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  テルミン - 電音の工場ブログ  テルミン - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

作りかけのテルミンである。

進捗をたずねる声が聞こえるので貼ってみる>某氏。

バラックだが音は出る状態、あとはケースに組み込むだけなのだけど、他に浮気していて手が回らない。かれこれ、1年半ぐらい止まっているかなぁ。

回路は トランジスタ技術 2002年2月号 のもの。

3軸加速度センサ

|  3軸加速度センサ - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  3軸加速度センサ - 電音の工場ブログ  3軸加速度センサ - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

秋月電子 http://akizukidenshi.com/ の新商品 http://akizukidenshi.com/catalog/items2.php?p=1&q=I-615

3軸加速度センサ ACB302[ACB-302]

ロボットだけではない使い方を! と考えると、やっぱりIMでしょう。シンセのコントロールに!エフェクタのコントロールに!カホンのコントロールに!

データ
http://www.servoflo.com/star/pdf/ac_ref.pdf

2004-05-17

MAXON CS-505

MAXON CS-505 コーラス

|  MAXON []CS[]-505 コーラス - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  MAXON []CS[]-505 コーラス - 電音の工場ブログ  MAXON []CS[]-505 コーラス - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

もしかして筐体に2バージョンある?

こちらは以前の語るシリーズ g:emusic:id:Chuck:20040413 写真は復刻版。あるいは復刻版ではスイッチまわりをオリジナルのものと変えているとか?

電源考

|  電源考 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  電源考 - 電音の工場ブログ  電源考 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

Genieさんのページ ( http://miracleworks.com/genie/electro_instruments/ ) の Power One -- Monday, May 17 2004 の記事で、MOTM ( http://www.motm.com/ ) の電源が取り上げられている。

MOTMの電源モジュール900(裏側実装イメージ) に使われているのはPower Oneの HAA15-0.8-Aで正負15V/0.8A出力のリニア・レギュレーター。(左イメージ) ジャンパーによる変更によって100~240VAC入力に対応し、レギュレーターIC LM723Cと出力用TR 2N3055の組み合わせによる正負シンメトリーの回路構成になっているようです。使用しているケミコンは全てNichicon製。

とのこと。LM723+2N3055 で正負トラッキングらしい。

9Vに適用した例は、http://www.uoguelph.ca/~antoon/circ/9vstable.htm

以前ラックエフェクタ用に作ったディスクリート電源は、723 の等価回路そのものだったから、今後は723も使ってみようと思う。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20040517

2004-05-16MIDI-EZKIT I/F

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20040516

2004-05-15

HexDist

|  HexDist - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  HexDist - 電音の工場ブログ  HexDist - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

秋月通販してソケットが到着したので、欠品していたICソケットをマウント。

その他電源系の配線を少々。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20040515

2004-05-14BIASのアナログディレイの写真

Chuck20040514

BIASのアナログディレイの写真

|  BIASのアナログディレイの写真 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  BIASのアナログディレイの写真 - 電音の工場ブログ  BIASのアナログディレイの写真 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

以前紹介した コンパクト8台集合ラック・エフェクタ に組み込んだ BIASのアナログディレイ の生前の (-||-) 写真を発見したので貼っておく。

当時は結構出回ったと思う。ときどきオークションにも出ているようだ。

なお、こんな面構えのフランジャフランジャ・コントロール・ボックスを見つけたら、即ゲットだろう。コントロール・ボックスのほうはどれぐらい出回ったのであろうか。

Blackfinグループが立ち上がった

|  Blackfinグループが立ち上がった - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  Blackfinグループが立ち上がった - 電音の工場ブログ  Blackfinグループが立ち上がった - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

Blackfin DSPグループが立ち上がった( g:blackfin )。

本工場のDSPに関する日記は今後は g:blackfin:id:Chuck へ移管することにする。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20040514

2004-05-12作りかけ

作りかけ ― MIDI on Win

|  作りかけ ― MIDI on Win - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  作りかけ ― MIDI on Win - 電音の工場ブログ  作りかけ ― MIDI on Win - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

そういえばWindowsでMIDI 関連のプログラミングして中途半端だったなぁ、と思い出す。どこまでやったんだっけ、と昔のログを繰る。

ログは2月で終わっていた。そもそも BOSS の GT-3 というマルチエフェクタのライブラリ・エディタを作ろうと思って着手したのだった。MIDIのオープン/クローズ、ショートメッセージの送受信、システムエクスクルーシブの送信などの記録が残っていた。最後のほうには、GT-3にコマンドを送って、パッチのエクスクルーシブを受信するところまでできていたようだ (時間が経つとすっかり忘れて、自分がやったこともまったくもって他人事)。

そうか、ここでめんどうくさくなって、他に浮気したのだと思い出す。受信データをパースしてデータ構造にまとめていく、そのデータ構造と対応するUIを作るのがかったるくなって、とめたのであった。分量が多いからね。多態だしね。

うーん、じゃくい (弱い)。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20040512

2004-05-10今月のトランジスタ技術

今月のトランジスタ技術

|  今月のトランジスタ技術 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  今月のトランジスタ技術 - 電音の工場ブログ  今月のトランジスタ技術 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

その1

今月のトランジスタ技術 の連載記事で ギター・エフェクタの試作 記事が出ている。

その2

今月のトランジスタ技術 の連載で 電子オルガン の製作が載っている(前編)。

記事のタイトルは 録音機能付き電子ピアノの製作 だけど、出てくる音はオルガンっぽいのではないかと思われる。

その3

今月のトランジスタ技術 の 今月の定番・アイディア回路 で ホワイト・ノイズをピンク・ノイズに変換するフィルタ が載っている。

以上、メモランダム。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20040510

2004-05-09ディストーションのハードクリップ回路

ディストーションのハードクリップ回路

|  ディストーションのハードクリップ回路 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  ディストーションのハードクリップ回路 - 電音の工場ブログ  ディストーションのハードクリップ回路 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

ちょっと前の語るシリーズで、[4/8] BOSS DS-1 ディストーション について書いたけれど、その後 BOSS DS-1 の 後継機とされる型番の DS-2 の回路図を見る機会があった。

DS-1 は オペアンプだったけど DS-2 はディスクリートだった上に、クリッパが3段もあった(3段全部通るのはターボモードの時)。3段目のハードクリッパが前後コンデンサで挟まれているというのが面白かった。

他にもそういう回路あるのかなと調べたら、

柴崎功; ファズの回路と歪みのしくみ, pp.43-45

おとなの工作読本 2004年 No.5, 誠文堂新光社

の図11のファズマスターFM-2の回路もそうだった。他にもコレとか。

もちろんその後ろではちゃんと GND に足が着いてゲイン調整しているのだけど、ハードクリッパの前後はコンデンサ。ダイオードのoff領域では浮いていることになる。クリップ領域に達しない低い周波数成分の音は通りにくい、ということですな。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20040509

2004-05-08部品購入

部品購入

|  部品購入 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  部品購入 - 電音の工場ブログ  部品購入 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

工作用の部品を購入。

  • 連休に工作しているときに手持ちがなくなっていたICソケット
  • LED+CdSなフォトカプラ (P873-G35-380)
  • 先日のエントリーに書いた超小型アンプ内蔵マイクロホン
  • 比較的普通なエレクトレットコンデンサマイクロホン

超小型アンプ内蔵マイクロホンはほんとに超小型だった(6.15mm×3.76mm×1.45mm)。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20040508

2004-05-07自分の耳を信じましょう

自分の耳を信じましょう

|  自分の耳を信じましょう - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  自分の耳を信じましょう - 電音の工場ブログ  自分の耳を信じましょう - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

はてな に見つけた記事より、

CDは44.1KHz/16bit/2chで記録されているので、それをストレートにデコードするのが一番自然らしい。

西川和久の不定期コラム「TDA1541A non-oversampling DACを作る」

まじめに働くのがあほらしくなるような記事だ(苦笑)。 …(中略)

…ちょっと聞きかじった怪しげな話を振り回すのはやめましょうや。

好みの多様化なのか、ラッダイト運動なのか

同感。> ちょっと聞きかじった怪しげな話を振り回すのはやめましょうや。

WWW以前からでも知ったかぶりやオカルトに走ってしまう人が、楽器とかオーディオとかの音分野ではなぜか多い。

とくに歪みモノなんか「○○の音を出すには、このアンプだこのエフェクターだ」、はては「ヴィンテージエフェクタだ真空管アンプだ」「××ブランドの抵抗だスイッチだ」「容量の抜けたコンデンサだ」「腐ったワイヤーだ」「焼いた抵抗だ」と拘りが尽きないらしい。

拘るのはいいけれど、他人の音色(おんしょく)に対する記述を鵜呑みにして、信仰したりするのは間違いだろう。音色の変動要因は多い。例えばギターはピッキングひとつで音色が大いにかわり、そしてピッキングはかなり支配的だったりするから。

音色の評価という問題をとっても、変動要因はとても多い。一時期、業務用機器(レコーディング・スタジオや放送局に納入する機材)のオーディオ装置の開発に携わっていたことがあるが、その音質評価はとてもタフだった。同じはずの音を聞いていても日々微妙に評価はぶれる。前日飲んだかどうかで聞こえる音が違うのは当たり前、下手すりゃ髪の毛の長さが違っても音が違って聞こえる始末。

本人でもそれだけぶれるわけだから、他人の評価、そしてそれが記述されたものの確度は著しく低いと言わざるを得ない。どんな人間が書いたかもわからないような話を鵜呑みにすることは危険だろう。多くの人間が良しとしてレピュテーションがあっても、それはマーケティングの産物かもしれない。

自分の音を追求していたはずが、プロマーケティングに乗ってしまっているという構図は一歩引いて見るとかなり笑える。

まずは自分の耳を信じるところからはじめましょう。

通行人より通行人より2005/04/02 00:14賛成賛成。
他人の評価など何の意味もありませんよね。
雑誌や評論家、プロの意見も無意味。
楽器やオーディオ機器を選択するのは自分の耳のみ。
機器を買うときは、店にある全部買って10年くらいかけて自分自身で評価するのが
王道。
普通はお金がそこまで無いから、最低1年は店に通ってそこの機器を毎日聞きまくらなきゃ。

ChuckChuck2005/04/03 00:02今後も自分の耳を信じていきたいものです。
しかし評価に時間を掛けすぎると、機器自体の音が変化するし、自分の好みがかわったり、耳の性能も変化したりして、これまた難しい場面にも遭遇しそうです。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20040507

2004-05-06電子すずむし

電子すずむし基板

電子すずむし

|  電子すずむし - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  電子すずむし - 電音の工場ブログ  電子すずむし - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

最近組み立てた 電子すずむし。

通販でキットを購入した。とてもコンパクトにまとまった基板である。材料はIC一個と抵抗とコンデンサ少々。シュミットインバータにRCをつけてフィードバックして発振させる基本回路を発展させているこのキットでは、インバータの代わりにシュミットのNANDになっていて、3つの発振器をうまくゲートしながらスズムシっぽい音に仕上げている。

これ単体ではこどもの玩具工作にみえるけれど、こういう基本的な回路が昔の電子ドラムやリズムマシンに採用されていて、しっかり楽器として機能していたのだから侮れないと思う。いまだに電子小鳥のような小ぶりなキットを見つけると買って作ってしまう。ひとしきり遊んだあとは自作エフェクタシンセに組み込んだりして。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20040506

2004-05-05 UART受信成功

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20040505

2004-05-04今日読んだ本

今日読んだ本

|  今日読んだ本 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  今日読んだ本 - 電音の工場ブログ  今日読んだ本 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

コンピュータと音楽生活向上委員会; 『どうなってる? コンピュータと音楽』, ヤマハミュージックメディア

今の音楽とコンピュータがどう関係しているかを紹介した本。1999年。

カラオケまわりが面白かった。いつどこでどんな曲が歌われたかをログしてあって、場合によってはアリバイ崩しのために警察の求めに応じて出すこともあるとか。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20040504

2004-05-03連休の工作

連休の工作

|  連休の工作 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  連休の工作 - 電音の工場ブログ  連休の工作 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

今日はこの連休初の はんだ付け。

以前作っておいたP板 (プリント基板) があったので、ルーターで穴を開け、シンナーで掃除してフラックスを塗ったのが昨日までの状態。今日はいそいそと部品を取り付けていった。迂闊なことにひとつだけ部品の手持ちが切れていたが、そこ以外の周辺部分はだいたい動いている様子。本格的にチェックしようとするとチェック用の冶具を作らないといけなくて、それがまた大仰なものだったりする。今日のところは勘弁してやるかっ、じゃなくてこちらが負けてそそくさと店じまい。この案件の作業再開の日はいつだろうか。

ときに「基板」のことを「基盤」と表記する人があるが、誤変換なのかわざとなのか。なかにはすっかり基盤とおぼえてしまった人もあるように見受けられるが、正しく基板と呼びましょう。P板(ぴーばん)という言い方は、どれぐらいの範囲で通じるジャーゴンなのだろう。

プリント基盤という言い方は間違いなのでやめましょう。


ほかにもこういう間違いはありますね。「そのとうり」とか。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20040503

2004-05-02シリコン・マイクロフォン

シリコン・マイクロフォン

|  シリコン・マイクロフォン - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  シリコン・マイクロフォン - 電音の工場ブログ  シリコン・マイクロフォン - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

秋月電子の新商品にアンプ内蔵マイクを見つけた。

-MEMS技術によるシリコンマイクロフォン
  • 超小型6.16x3.76x1.45mmのアンプ内蔵マイク
  • 4端子表面実装パッケージ(手半田でも配線できる大きさです)
  • 電圧:DC1.5~5.5V動作(DC1Vでも動作可能)
  • 電流:0.35mA
  • 外付け抵抗・コンデンサでゲインを変えられます(解説付き)
  • 標準感度:-22dB(1kHz)
  • 出力インピーダンス:100Ω
  • S/N:59dB(1kHz)
  • 周波数範囲:100~10,000Hz
超小型アンプ内蔵マイク, 秋月電子 新商品ページより

下が伸びていないので使用範囲が限られるけど、ビニールチューブ・リバーブ にはいいかもしれない。

参考文献
橋本文夫; 電気・電子楽器の製作ガイド, pp.115-116 初歩のラジオ別冊 誠文堂新光社
トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20040502