電音の工場ブログ

当ブログは…

自作エフェクターシンセサイザ製作のネタや開発覚え書きなど、筆者の電音活動を記録しています。お探しの記事が見つからない方は、検索カテゴリ一覧をご利用ください。

スパマーが来訪すると、ときどきコメントをはてなユーザのみに絞ったり開放したりすることがあります。

2004-04-27"Recording" マイク

"Recording" MS Microphone

"Recording" マイク

|  "Recording" マイク - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  "Recording" マイク - 電音の工場ブログ  "Recording" マイク - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

部屋がひどいことになっていて連休は片付けに追われそうになってきた。タバコ箱ギター・アンプから録音、というわけにもいかなさそう。

そもそも電気街行きが怪しく、ECMの部品調達もおぼつかなくなってきて、うーむ‥ と唸っていたら昔作ったコンデンサ・マイクロホンがゴロンと出てきた。散らかった部屋もたまにはいいものだ。

Recording Magazine という雑誌( 日本のサウンド&レコーディング・マガジン という雑誌とは違うので注意)に掲載されたDIYなマイクロホンである。記事はコレ、

The Project-r MS Microphone by Jules Ryckebush, Recording Magazine;Dec. '95

バック・イシューが見つかるかは疑問だが、回路などはキットどこかネットにあるはず(意味深長)。MSは Mid-Side の略。

ECMを3個用意して、Left/Right/Center に配してバランスとりながらステレオに出力する回路。オペアンプは5532が使われていた、って Recording を見て自分で作ったんだけど、10年も前の話なのですっかり忘れていた。オペアンプはそのうちNJM2114に替えてみようかなぁ。デッドじゃない部屋でアコギ録りに良し。高級高価なマイクよりもこういうシンプルなモノを好む。

Recording は 10年ぐらい前に1年間ほど読んだ。発売日が待ち遠しくて newsstand に良く通ったものだ。雑誌本体は subscribe していなかったけれど CD/CD-R は subscribe していた。雑誌本体は捨ててしまったが CD/CD-R は今もある、はず、といいつつじっと散らかった部屋を見る。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20040427