電音の工場ブログ

当ブログは…

自作エフェクターシンセサイザ製作のネタや開発覚え書きなど、筆者の電音活動を記録しています。お探しの記事が見つからない方は、検索カテゴリ一覧をご利用ください。

スパマーが来訪すると、ときどきコメントをはてなユーザのみに絞ったり開放したりすることがあります。

2016-01-31     Information      このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

スパマーが来訪すると、ときどきコメントをはてなユーザのみに絞ったり開放したりすることがあります。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20160131

2016-01-04

生きています

 生きています - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  生きています - 電音の工場ブログ  生きています - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

「この記事の途切れ具合は、死んだと思われているよ」というご指摘をいただいたので存在証明。

2015年は怪我の影響で体調があまりよくなくて、電子工作は全くできませんでした。

年頭に買ったMacとUSBオーディオI/F(けっきょく UR-44を購入)で、これまでの自作シンセを鳴らして曲を打ち込んでいました。


Chuck:Behind the Mask - ミュージック : musictrack


今年もよろしくお願いします。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20160104

2015-02-31リファラ このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20150231

2015-02-01

USBオーディオインターフェース

 USBオーディオインターフェース - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  USBオーディオインターフェース - 電音の工場ブログ  USBオーディオインターフェース - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

前回までのあらすじ

最新のMacOS X Yosemiteに対応するUSBオーディオI/Fを、なにか買わなくてはいけなくなってしまったのだ。


今回は例を挙げてケチをつけてみる。

TASCAM US-366 オーディオインターフェイス DSPミキサー搭載 96/192kHz対応 USB2.0

TASCAM US-366 オーディオインターフェイス DSPミキサー搭載 96/192kHz対応 USB2.0

MIDIがないのは論外ですな(自分の用途の上では)。


Roland ローランド オーディオインターフェイス QUAD-CAPTURE UA-55

Roland ローランド オーディオインターフェイス QUAD-CAPTURE UA-55

  • デジタルI/Oが同軸
  • 入出力が、うち2ずつはデジタルであることに注意
  • メイン出力とヘッドホン音量が独立でない
  • マイクプリをバイパスできない
  • ちょっち古い
  • UI(パネルへのスイッチの立ちあげ)に不満ありあり

メイン絞ってヘッドホンに集中とかそのあたりがやりにくいんですよ、これは今使っているUA-101も同じだけれど。それよりもなによりもUA-101のように早々にサポート切られるんじゃないかリスクを感じてしまって、もはやRolandに手を出そうにも腰が引けます。


  • デジタルI/Oがない
  • マイクプリをバイパスできない
  • サポート体力が未知数

デジタルI/Oを諦めたときにぐぐっと候補に上がってきたのがTASCAM。日本のメーカーを応援だ、ということで購入一歩手前までいったが「でもなぁ、ソフトのサポート体力は大丈夫なのかなぁ」と考え始めたら長考。


  • デジタルI/Oが同軸
  • 他社の同クラスに比べて異様に安い
  • NAMMで後継機が発表されてた
  • なんか評判が悪い
  • 身の回りで使っている事例がない

世界的にはシェアがあるらしいこのメーカー。実際の筐体は作りが荒いとかソフトのレジストレーションがかったるいとか聞くし、アマゾンのカートには入れたものの長考。


  • デジタルI/Oがない
  • 他社同等クラスと比べて割高
  • マイクプリをバイパスできない
  • Studio Oneは要らないんだよな
  • iPadで使えるの?
  • コントロールソフトの使い勝手が癖があるとの噂

キャプミラPが使っている(た)らしいこのメーカー、デザインはカッコイイけど、なんか高い気がする。iPadで使えるのか結局わからなかったし、Studio Oneは要らないしなぁ、ということで却下。

モノっぽいし、MIDIないし、出力はRCAだし、これは無いわー。


Steinberg  2x2 USB 2.0 オーディオインターフェース  UR22

Steinberg 2x2 USB 2.0 オーディオインターフェース UR22

  • デジタルI/Oがない
  • 使っているひとは結構多いっぽい
  • マイクプリをバイパスできない
  • USB Audio Class 2.0じゃない
  • Cubaseは要らないんだよな
  • ファンタムすると電流足りないんじゃないか問題があるとか

もうこのあたりで手を打とうかな。Steinberg ならソフトの対応は大丈夫かなぁ…


Steinberg 6 x 4 USB 2.0 オーディオインターフェース UR44

Steinberg 6 x 4 USB 2.0 オーディオインターフェース UR44

  • デジタルI/Oがない
  • Cubaseは要らないんだよな
  • でかいっぽい

DSP搭載らしい。CubaseのいくつかのVSTプラグインと同等機能をI/F側で動かすということが出来そうな気がする。いわゆる掛け録りというやつかな。



そろそろ決めないとなぁ。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20150201

2015-01-31リファラ このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20150131

2015-01-15

USBオーディオインターフェース

 USBオーディオインターフェース - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  USBオーディオインターフェース - 電音の工場ブログ  USBオーディオインターフェース - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

前回までのあらすじ

最近のSDカードのマルチトラックレコーダは多重録音に使えないのでパソコンでDAWを使うしか無く、そのためにはPCに接続できるオーディオインターフェイスが必要で、筆者はRoland UA-101を便利に使っているのだけど最新のMacOS X YosemiteにはUA-101が対応しないために、なにか買わなくてはいけなくなってしまったのだ。


で、機材を検討している。希望するところは以下。

  • PCとのインターフェースはUSBとする
  • 2ch同時録音、24bit、Fs=48kHz。96kHzも良し。192kHzまでは要らない
  • コンデンサマイクがステレオで1組使えること
    • ファンタム電源がついていること
    • 高品位マイクアンプが載っていて欲しい
    • 自作のアンプも使いたいから内蔵マイクアンプがバイパスできる
  • デジタル端子、少なくとも入力。ADATは不要
  • 切り替えで、それも1chでいいからハイインピーダンス端子(ギター端子)欲しい
  • MIDI I/O必須
  • バスパワー、電池駆動、ACアダプタの選択肢
  • MacOS X Yosemite対応
  • iPadにも繋ぎたい
  • バンドルはCubaseじゃなくてAbleton Live がいいなぁ
  • モニタアウトとヘッドホンアウトでコントロールが独立していること

そんな贅沢を云っているつもりはないのだけれどすべてを満たす機械が存在しない。


まず光デジタル端子の付いているものをほとんど目にすることが出来ない。以前のローランドのUAシリーズは光だったのに今は同軸。見つけたのはこれぐらい。そしてこいつはMIDIがない。

Amazon CAPTCHA

たまにマルチチャネルの機材で光端子があるけど、ADAT I/F専用だったりすることがあるみたい。YAMAHAのUW10が懐かしい。


モニタとヘッドホンが独立に音量制御できないのでRolandは脱落。これは前のUA-101から気になっていた。

Amazon CAPTCHA

Amazon CAPTCHA

Amazon CAPTCHA

まぁ、OCTA-CAPTUREはなんかメインモニタへの出力をオフるスイッチがあるけどちょっと違う気がする感。


チャネル数の少ないI/Fはバスパワーだったりするのだけど、今回私が使うホストはノートPCだし電源供給は電池やACアダプタでも使える逃げ道を用意しておいてほしいなぁと。その点でTASCAMのこれは良さそう。

Amazon CAPTCHA


それから、コンボタイプのコネクタでマイクとライン両対応のI/Fで「マイク入力をヘッドアンプでラインレベルにあげるがラインはヘッドアンプをバイパスする」という構成になっていないものも多いみたい。対応レンジの広いひとつのアンプで受けている模様。

全部が全部そうというわけではないだろうけど、メーカーに質問したり記載のあるものはゲインとか見て判断。まぁ、マイクロホンでXLRでもTRSでもどっちもありだと考えると、別途スイッチを用意しないと切り替えできないし、仕方ないところかもしれません。それにしてもそのあたりが仕様に書かれていないといろいろと面倒ですね。ミキサだと図面があってわかりやすいんですけど。

そうなると色のついた自作マイクプリを使いたいときは、ライン専用入力のあるチャネル数多めだが全部にマイクアンプがあるわけではないというI/Fが良さそうかと。外部エフェクトを掛けるのにも使うしね。

ちなみに 6in-6out と書かれていてもうち2chずつが(同軸)デジタルI/Oだったりすることもあるので、製品名だけで判断するのは危険だ。


で、いろいろ書いたけど、結局品種は決まらない。条件を緩和していく。

  • デジタル端子は諦める
  • 電源はACアダプタで良しとする
トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20150115

2015-01-08

MacBook買いました―ソフトウェア考

|  MacBook買いました―ソフトウェア考 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  MacBook買いました―ソフトウェア考 - 電音の工場ブログ  MacBook買いました―ソフトウェア考 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

先日買った MacBook。Logic Pro X をプリインストールにしました。

以前に買った Mac mini のときもプリインストール。このときは Logic Express 8 だったけど、Pro が 当時のExpress並の値段に下がったので。

シリアルコードの入力とかいう工程が以前はあったが、今回は無いの。アプリとしてレジスターされているのでしょうか? どこを見ればわかるんだろう? メディアがついていたわけでもないので間違って消してしまったら復活できるのかしら?

Logic Pro X でのコンテンツ(エフェクトとかソフトシンセ)の追加インストールで、先人と同じようにハマった。

Logic Pro X のコンテンツダウンロードが終わらないときに試すこと | 餃子マナー

無理やり中断してSafeモードでMac、Logicを起動してインストールを再開することで対処できた。


先日書いたようにRolandのMIDI I/F、UM-3GはRoland提供の最新ドライバで動作できた。

また、KORGのnanoKONTROL2についてもKORGの最新ドライバとGarage Band/Logic用の追加ドライバをインストールすることで使えるようになった。なお後者の追加ドライバインストール時には、オーソライズされたパッケージじゃない的なメッセージが出来てが、これを乗り越えてインストールすることで対処できた(右クリック相当で出てくるメニューから)。

そういえばKORG microKEY37 はまだ試していなかった。nanoKONTROL2 でドライバを入れたので多分大丈夫であろう。


それから年末に microKEY37ユーザ向け(正確にはmicroKEY37にバンドルされているM1Le登録者向け)にキャンペーンがあって、KORG Legacy Collection が5000円足らずだったのですかさず購入。M1 / MS-20 / POLYSIX / MONOPOLY / WAVESTATION / MDE-X をゲットできた。

Windows には M1Le と WAVESTATION for KONTROL49 のライセンスを持っているけれど、ぜんぜん使わないなぁ…


そんなこんなでソフト編でした。


(続くかも)

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20150108

2015-01-07

MacBook買いました―周辺機器考

|  MacBook買いました―周辺機器考 - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  MacBook買いました―周辺機器考 - 電音の工場ブログ  MacBook買いました―周辺機器考 - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

なおOS は MacOS X Yosemite (10.10)。最新のOSです。

最新?

我が家の周辺機器は果たして大丈夫か?

MacBook買いました - 電音の工場ブログ - E-Musicグループ

DTM的音楽制作で必要な機材は MIDI I/F と オーディオI/F と DTMソフト。DTMソフトには Logic Pro X も購入しました。前に買った Mac mini では Logic Express 8 でした。

以前は、シンセの多重録音ではコントロールPCのシーケンサからMIDIを送出し、MIDIシンセを鳴らすとかMIDI-CVからアナログシンセをドライブして、それをMTRとかHDRとかのマルチトラックレコーダに録音していました。いまどきならSD/SDHC/SDXCカードに記録するのだろうなぁ、メカレスだなぁと心躍らせていましたら、ここ1年でシンセの多重録音に使えるマルチトラックレコーダがひとつも存在しなくなりました(マジ)。

前述のとおり、シンセの多重録音ではコントロールPCのシーケンサからMIDIを送出し、音源をドライブして、それをマルチトラックに記録するということをやっています。そのときに時間同期が取れることが必須となります。ド・ミ・ソの和音を出すときもドを録音してミを録音してソを録音する、バラかして録音するのですから、タイミングが合わないと話になりません。録音機がマスタあるいはスレーブになってコントロールPCと同期する必要があるのですが、最近のマルチトラックからその機能が駆逐されました。

今のSDカード・マルチトラックレコーダそれ自体はトラックがいくつもあって録音できますが、人間が「せーの」でタイミングを合わせることしかできなくなってしまった。

シンセの多重録音などの用途はコントロールPCのシーケンサも同梱されているDAWでやれ、という時代のようです。コントローラと録音機は分かれていたほうが安心という考え方で手元のHDDマルチトラックレコーダ KORG D16 を捨てることができませんが、それはそれとして、先日購入した MacBook で多重録音をできるようにしようと思います。

そういうわけで、オーディオ信号をMacにI/OするI/Fが必要です。必要です、といいながら実は持っています。2009年に悩んでお金貯めて買ったRoland UA-101があります。

f:id:Chuck:20090622222226j:image

このシステム、当時から5年以上も組み替えてないよ。

ところがぎっちょんちょん。UA-101はディスコンになって久しく、MacOSの最新版 Yosemite には対応しないんだとー、だとー、だとー…

403 Forbidden

比較的新しいOSなのでドライバあたりは順次対応かと思いきや、対応の予定がないとのこと。失意。Rolandに要望は送ったけれど必ずしも対応される見通しはないのでUSBオーディオI/Fの選定をせねばならぬ…

なお手持ちのMIDI I/F、UM-3G については最新ドライバを入れることで Yosemite対応 が確認できました。

403 Forbidden

それにしてもMIDI I/Fも、最近は以前に比べてすっかり寂しくなってしまったよなー、なー、なー… 20アイテム足らずしかないよ(サウンドハウス)。

MIDIインターフェイス 一覧|サウンドハウス


(続くかも)

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20150107

2015-01-06

MacBook買いました

|  MacBook買いました - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  MacBook買いました - 電音の工場ブログ  MacBook買いました - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

家のパソコン周辺環境ではディスプレイが2枚あって、それに PC(Windows、デスクトップ) 2台、Mac mini 1台、PS3 1台が接続されている。

なんでWindows PCが2台もあるの?と問われれば、1台は開発用・兼生活マシンで、1台は各種アプリ用(含TV録画環境、BD書き込みなど)である。2台PCは便利なのよー(そういえばPC買いました - 電音の工場ブログ - E-Musicグループ)。

開発用のWindows PCは デュアルディスプレイで使うこともあり、Mac miniも音楽制作に使うときはデュアルディスプレイだ。合間でPS3を起動してゲームはあまりしないけどメディアプレイヤとして動かすこともある。

ざっくり、お客が6人いて座席が2席の状態といえよう。で、そんな状態なのにパソコンディスプレイの入力切替スイッチって操作しづらいし、使っている状況に合わせてこっちの画面に出したりあっちの画面に出したりもしたくなるのだけど、音楽制作環境を独立させてやるのがいいだろうと。

加えて、もしかするとこちらのほうが大きいかもしれない、家の外にも持ち出したいという意識も高まった(たとえばサミットとか)。iPad だとやっぱり非力というかやりたいことをやりきれない感じ、やはりノートPCが欲しい。そして私の中で音楽制作に関してWindowsの選択肢はないので、このたび MacBook Pro 13インチ Retinaモデル(2014) を購入した次第。年末忙しくてストレス溜まって消費活動に走ったという面も否めないかも。

機種選択に関してはサミットの時の今関さんのアドバイスに従って、MacBook Air じゃなくてPro、それもHDD版じゃない奴にしました。

せっかく買ったわけだしたくさん使おう。作ったアナログシンセで多重録音したいよね!


なおOS は MacOS X Yosemite (10.10)。最新のOSです。

最新?

我が家の周辺機器は果たして大丈夫か?


(続きます)


余談

単にディスプレイの問題だけなら↓を買うという手もあったが。

ラトックシステム 4入力2出力 HDMIマトリックススイッチ REX-HDSW42

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20150106

2015-01-05

新年おめでとうございます

 新年おめでとうございます - 電音の工場ブログ を含むブックマーク はてなブックマーク -  新年おめでとうございます - 電音の工場ブログ  新年おめでとうございます - 電音の工場ブログ のブックマークコメント

今年もよろしくお願いします。

昨年は8月を最後にブログ更新が途絶えていたわけですが、twitter( http://twitter.com/dennon_no_kouba )のほうには日々進捗を呟いておりました。まとまったらブログに、なんて考えていたけれど、今後もtwitterに呟砕けになる可能性は高いなぁ。

状況報告的につらつらと。


昨年のアナログシンセビルダーズサミットはこんな感じでした。

http://pbs.twimg.com/media/B3gO3UkCEAAmT2Y.jpg

あらたにモジュールを4つ作り、電源とラックのパーツなどを展示しました。

Gemphet8
g200kgさんGemboxSynthを8つ並べたポリフォニック・デジタルシンセ写真
山下シンセのフェーザ
オリジナルではモリリカのMCD-521だったところを手持ちのMCD-5221Lで6個並べました(写真
村井BOXスリム
一昨年作った村井BOXを機能を絞って4HPサイズモジュールにしたもの(写真
モールスLFO
MIDI入力や自動ランダムでモールス符号を音とゲートで出力するモジュール
電源
NJM723を使ったACアダプタを入力とする±15V/5V/3.3V電源基板写真
モジュラーシンセラックの側板
簡単にモジュラーシンセラックを組める側板。emerge+さんでレーザーカットしてもらいました

大塚さんシンセを火入しました

http://pbs.twimg.com/media/B5VS8EvCYAANZqV.jpg

我が家に来て初めて、おそらくこの機にとっては20年ぶりぐらい?、の火入かなと思います。全体ガリだがVCO1、VCF3が不調。しかし信号のルーティングを自在に変えられる面白さで何時間も遊んだ。そのうちにVCO2からの音も途絶。

みっちりマウントされていて直すとなるとけっこうたいへんそう。


なかなか工作が進みません
  • HA12022を使ったスタジオコンプの2個目
  • SMPTE-LTC Reader/Generator
  • ローリー監修の自作エフェクタ本の製作

凶器エフェクタの会

今年は集まれるといいですね。Facebookに集まりつつあるけど。


MacBook買いました

そのうち記事にする。


まぁ、ぼちぼちやっていきますので、今年もよろしくお願いします。

トラックバック - http://emusic.g.hatena.ne.jp/Chuck/20150105